ミーティング中の共同作業

Office Live Meeting Web Access には、ミーティングで他の参加者と共同作業を行うための複数の手段が用意されています。次のことが可能です。

  • スライド上に文字や図形を書き込むなど、コラボレーション スライドにコメントを付ける。

  • 参加者間で 1 対 1 のチャットを行ったり、参加者に発言権を与えたりする。

  • 参加者から質問を受けて答える。

  • 全員が参照できる共有のメモを入力し、他の参加者からの追加や編集をできるようにする。

これらの機能の大部分は、発表者は自動的に使用できますが、参加者に対しては手動で有効にする必要があります。詳細については、「ミーティングと参加者の管理」を参照してください。

コラボレーション スライドへのコメント付加

コラボレーション スライドに書き込むコメント ツールを使用して、プレゼンテーションの質を高め、わかりやすくすることができます。また、参加者と発表者の間や参加者相互での対話を許可することもできます。

次のコメント ツールが利用できます。

  • テレポインタ : 大きな赤い点でスライドの領域を指し示します。

  • テキストの記入 : スライドにコメントを付加します。

  • 図形描画 : スライド上に線、矢印、および図形を描画します。

  • 蛍光ペンの描画 : スライド上に蛍光ペンのような背景色を描画します。

  • スタンプの描画 : スライドに矢印、チェック マーク、または X 印を付加します。

ミーティング中に発表者または他の参加者がスライドに付加したコメントの一部または全部を消去できます。

参加者がスライドにコメントを付けるアクセス許可を設定できます。詳細については、「 ミーティングと参加者の管理」を参照してください。

テレポインタ コメント ツールを使用するには

  1. 下部のツール バーの [テレポインタの表示] をクリックします。

  2. プレゼンテーション領域で、ポイントするスライド上の場所をクリックします。テレポインタを移動するには、スライド上でポインタをクリックしてドラッグします。

テキストの記入コメントツールを使用するには

  1. 下部のツール バーの [テキストの記入] をクリックします。

  2. 必要に応じて、[テキスト ツール バーを開く] をクリックし、スライド上に入力するテキストの形式を選択します。

  3. 必要に応じて、[色の選択] をクリックし、スライド上に入力するテキストの色を選択します。

  4. プレゼンテーション領域で、テキストを付加するスライド上の場所をクリックして、テキストの入力を開始します。

図形描画コメント ツールを使用するには

  1. 下部のツール バーの [図形描画] をクリックします。

  2. 必要に応じて、[一覧から図形を選択] をクリックして、スライド上に描画する線の種類または図形を選択します。

  3. 必要に応じて、[色の選択] ボタンをクリックし、スライド上に描画する線または図形の色を選択します。

  4. プレゼンテーション領域で、描画を開始するスライド上の場所をクリックし、ポインタをドラッグして線と図形を作成します。

蛍光ペンの描画コメント ツールを使用するには

  1. 下部のツール バーの [蛍光ペンの描画] をクリックします。

  2. プレゼンテーション領域で、蛍光ペンの描画を開始するスライド上の場所をクリックし、描画する領域上でポインタをドラッグします。

スタンプの描画コメント ツールを使用するには

  1. 下部のツール バーの [スタンプの描画] をクリックします。

  2. 必要に応じて、[一覧からスタンプを選択] をクリックし、付加するスタンプの種類 (矢印、チェック マーク、X 印など) を選択します。

  3. プレゼンテーション領域で、スタンプを付加するスライド上の場所をクリックします。

スライドからコメントを消去するには

  1. 下部のツール バーの [コメントのクリア] をクリックします。

  2. プレゼンテーション領域で、消去するコメントをクリックします。

スライドからすべてのコメントを消去するには

  1. 下部のツール バーの [すべてのコメントのクリア] をクリックします。

  2. [コメントのクリアの確認] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。

チャットの使用

チャットでは、参加者が大きなグループから離れて、個別で 1 対 1 の短い会話ができます。チャットは、ミーティング中に発表者が参加者とコミュニケーションをとる便利な方法です。参加者にチャットを許可すると、参加者は相互にチャットできます。また、発表者と個々の参加者とのチャットを禁止することもできます。

参加者がチャットに加わるためのアクセス許可を設定できます。詳細については、「ミーティングと参加者の管理」を参照してください。

ただし、質問や挙手をする参加者とのチャット セッションを開始するためにチャットのアクセス許可を有効にする必要はありません。

参加者と 1 対 1 のチャットをするには

  1. メイン コマンド バーの [参加者] をクリックします。

  2. [参加者] ペインで、チャット セッションを開始する参加者の名前を右クリックし、[チャット] をクリックします。

  3. [1 対 1 のチャット] ウィンドウで、参加者に送信するメッセージを入力し、[送信] をクリックします。チャット セッションは、いずれか一方が [1 対 1 のチャット] ウィンドウを閉じるまで継続します。

参加者に発表者と 1 対の 1 のチャットを禁止するには

  1. メイン コマンド バーの [参加者] をクリックします。

  2. [参加者] ペインで、発表者とのチャット セッションの開始を禁止する参加者の名前を右クリックし、[チャットの禁止] をクリックします。

質問の管理

質問マネージャを使用して、参加者からの質問を表示し、回答を提示します。質問マネージャでは、質問者と質問が出された日時で質問を識別します。質問には、次の方法で対応できます。

  • 質問の回答を個人に対して送る。

  • 質問に回答し、質問と回答がすべての参加者に対して表示されるようにする (ただし、質問者がだれなのかは公表しない)。

  • 質問を却下する。

また、質問マネージャでは、参加者が挙手したことを表示します。挙手には、次の方法で対応できます。

  • 参加者との 1 対 1 のチャットを開始する。

  • 質問者に発言権を与え、すべての参加者のコンソールに表示されるメッセージを質問者が入力できるようにする (チャット セッション ウィンドウと同様)。

  • 挙手を却下して、都合により挙手に対応できないことを示す。

ミーティング中またはミーティング後に随時、ミーティングでのすべての質問と回答のログを参照できます。詳細については、「ミーティングと参加者の管理」を参照してください。発表者は、他の発表者に質問したり、挙手したりできます。質問と挙手の詳細については、「ミーティング中の共同作業」を参照してください。

質問マネージャを表示するには

  1. メイン コマンド バーの [質問と回答] をクリックします。

  2. [質問と回答] ペインで [管理] タブをクリックします。

質問に回答するには

  1. 質問マネージャの [質問] の下で回答する質問をクリックします。質問は、参加者名の左側のバルーン アイコンの疑問符で示されます。

  2. [[参加者] の質問] の下に質問への回答を入力します。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 質問した参加者にのみ回答を送信するには、[プライベートで表示] をクリックします。

    • すべての参加者の [質問と回答] ペインに質問と回答を表示するには、[全員に表示] をクリックします。

    • 質問を却下するには、[削除] をクリックします。

質問した参加者に発言権を与えるには

  1. 質問マネージャの [質問] の下で、発言権を与える参加者の質問をクリックします。

  2. [フロアを提供] をクリックします。

挙手に応答するには

  1. 質問マネージャの [質問] の下で、応答する挙手をクリックします。挙手は、参加者名の左側の手の形のアイコンで示されます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 参加者とチャットするには、[チャット] をクリックします。

    • 参加者に発言権を与えるには、[フロアを提供] をクリックします。

    • 挙手を却下するには、[削除] をクリックします。

質問のログを表示するには

  • 質問マネージャで [ログの表示] をクリックします。

質問のログを消去するには

  • 質問マネージャで [ログのクリア] をクリックします。

共有のメモの使用

ミーティング中にメモをとり、共有のメモの機能を使用してグループで共有できます。共有のメモは、上部のツール バーの [共有メモ] をクリックすると、すべての参加者が参照できるウィンドウに表示されます。発表者は、共有のメモを表示して編集できます。

参加者のアクセス許可は、共有のメモの表示、保存 (Windows ベースのクライアント ユーザーの場合)、および編集がすべて可能か、表示と保存のみ可能か、まったく表示できないかのいずれかに設定できます。詳細については、「ミーティングと参加者の管理」を参照してください。

注: Live Meeting Web Access では、共有メモを保存する機能は使用できませんが、発表者と参加者は、共有メモをコピーしてテキスト編集アプリケーション (メモ帳など) に貼り付けることで、共有メモを保存できます。

共有のメモを表示または編集するには

  1. 上部のツール バーで、[共有メモ] をクリックします。

  2. [共有メモ] ペインで、メモを表示または編集します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×