ミーティングへの参加

Microsoft Office Live Meeting の電子メール招待状を受信したら、招待状内のリンクをクリックするだけで簡単にミーティングに参加できます。電子メール招待状には、コンピュータへのミーティング クライアントのインストールについての情報も含まれています。

ミーティングには電子メール招待状から直接参加できます。招待状には、Microsoft Office Live Meeting クライアントを自動的に起動し、ミーティングに接続するための [ミーティングに参加します] リンクが含まれています。ミーティングへの参加が初めての場合は、参加前に Microsoft Office Live Meeting クライアントのインストールが必要になることがあります。

ヒント : 初めてミーティングに参加する前に、Microsoft Office Live Meeting クライアントがコンピュータにインストールされているかどうかを確認することができます。それには、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントします。次に、[Microsoft Office Live Meeting 2007] がプログラムの一覧に表示されるかどうかを見て確認します。このプログラムが一覧に表示される場合は、ミーティング クライアントがインストールされています。プログラムが一覧に表示されない場合は、電子メール招待状の [初めて使用するユーザー] の下に記載されているリンクを使用して、ミーティング クライアントをインストールします。

Live Meeting サービスのみ : Microsoft Office Live Meeting クライアントをコンピュータにインストールできない場合でも、クライアントのインストール ページに [Web コンソールを使用] リンクが表示されていれば、ミーティングに参加できます。Live Meeting Web 用のクライアントを使用して、Web ブラウザからミーティングに接続できます。この場合、ミーティングに参加することはできますが、いくつかの制限があります。[Web コンソールを使用] オプションは、Microsoft Office Live Meeting サービスを使用してスケジュールされたミーティングでしか利用できません。

ミーティングに参加するには

  • 電子メールの [受信トレイ] から、ミーティングの招待状を開きます。

  • または、予定表で目的の会議アイテムを開きます。

  • 電子メール招待状または予定表アイテムで、[ミーティングに参加します] リンクをクリックします。Microsoft Office Live Meeting が自動的に起動し、ミーティングに参加できます。コンピュータにクライアントがインストールされていない場合は、招待状にインストール方法が記載されています。

注: Live Meeting サービスのみ : ミーティングの参加に使用する URL を変更し、Web 用クライアントを自動的に起動してミーティングに参加することができます。Web 用クライアントを自動的に起動するには、ミーティング URL の "join" 部分を "webjoin" に変更します。

例 :

旧 URL: http://www.livemeeting.com/cc/contoso/join?id=123456&role=present&pw=3%22%7C2%7B%3CtfT

新 URL: http://www.livemeeting.com/cc/contoso/webjoin?id=123456&role=present&pw=3%22%7C2%7B%3CtfT

注: ミーティングに接続できない場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントします。次に、[Microsoft Office Live Meeting 2007] をポイントし、[Microsoft Office Live Meeting 2007] をクリックします。電子メール招待状または予定表アイテムに示されたミーティング ID、入場コード、および場所を入力します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×