ミーティングのオプションの設定

個々のミーティングにオプションを設定することで、Live Meeting の使用感をカスタマイズできます。たとえば、ミーティング参加者がミーティングに入場する方法を制御したり、チャットやレコーディングのような機能を有効または無効にしたりできます。

オプションは、今すぐミーティングとスケジュールされたミーティングにそれぞれ設定します。

今すぐミーティングのオプションを設定するには

  1. インターネット ブラウザで、Live Meeting 会議センターの URL を入力します。ユーザー ログインとパスワードを入力し、Live Meeting にログオンします。

  2. [マイ ホーム] ページで、[今すぐミーティングの詳細] をクリックし、[今すぐミーティングのオプション] をクリックします。

  3. 特定のオプションを設定するには、[今すぐミーティングのオプション] ページの最上部で該当するリンクをクリックします。個々のオプションの詳細については、このトピックの後のセクション (「ミーティングの詳細」、「入場制限」など) を参照してください。

  4. オプションの設定が終了したら、[OK] をクリックします。

ここで設定したオプションは、その後のすべての今すぐミーティングに適用されます。

スケジュールされたミーティングのオプションを設定するには

  1. インターネット ブラウザで、Live Meeting 会議センターの URL を入力します。ユーザー ログインとパスワードを入力し、Live Meeting にログオンします。

  2. [ミーティングのオプション] の設定を開始するには、次のいずれかを行います。

    • 新しいミーティングにオプションを設定する場合は、[マイ ホーム] ページの [集合] の下の [ミーティングの予約] をクリックします。

    • 既存のミーティングにオプションを設定する場合は、[マイ ホーム] ページで、オプションを設定するミーティングをクリックします。

  3. [ミーティングのオプション] をクリックします。

  4. 特定のオプションを設定するには、[ミーティングのオプション] ページの最上部で該当するリンクをクリックします。個々のオプションの詳細については、このトピックの後のセクション (「ミーティングの詳細」、「入場制限」など) を参照してください。

  5. オプションの設定の終了時に、これらのオプションをその後のすべてのスケジュールされたミーティングの既定値として設定する場合は、[既定に設定] をクリックします。

  6. [OK] をクリックします。

以降のセクションでは、[ミーティングのオプション] ページに表示されるオプションの設定方法を示します。これらのオプションの詳細については、該当するリンクをクリックしてください。

Live Meeting を最初に使用する前に、すべてのミーティングのオプションを設定しておくことをお勧めします。Live Meeting 管理者によって既にオプションが設定されている場合は、設定を確認し、必要な変更を加えます。

ミーティングの詳細

ミーティングの詳細では、ミーティングの招待状の作成やミーティング会場の設定を行う場合に、Live Meeting で使用する情報を制御できます。また、組織が部門コードを使用して Live Meeting の経費を管理している場合は、会計処理にも役立ちます。ミーティングの詳細の設定は、次の場合に重要です。

  • Live Meeting のインストール後、最初に設定する場合

  • 今すぐミーティングのセッションの長さを変更する場合

  • ミーティングの規模を拡大して参加者を増やすため、Live Meeting サービスへの同時接続数を増やす必要がある場合

ミーティングの詳細オプションを設定するには

[今すぐミーティングのオプション] ページまたは [ミーティングのオプション] ページの [ミーティングの詳細] で、次のオプションを設定します。

  • (スケジュールされたミーティングのみ) [ミーティング ID] ボックスに、ミーティングの ID を入力します。

  • [言語] ボックスの一覧で、ミーティング招待状および Live Meeting のレコーディングの説明データに使用する言語をクリックします。

  • (オプション) [請求先のコード] ボックスに、所属する組織内での Live Meeting サービスの使用に関連した部門コードを入力します。

  • [ミーティングのサイズ] ボックスに、ミーティングへの参加が予想される最大人数を入力します。

  • (今すぐミーティングのみ) [ミーティングの継続時間] の一覧で、ミーティングの最長継続時間を選択します。

入場制限

入場制限を設定すると、次のことが可能になります。

  • ミーティングへの参加者を制限する。

  • 多数の一般参加者が利用できるミーティングを開催する。

  • 参加者のうち、出席者と発表者を区別する。

発表者の入場制限オプションを設定するには

[今すぐミーティングのオプション] ページまたは [ミーティングのオプション] ページの [入場制限、発表者] で、次のオプションを設定します。

  • Live Meeting 会議センターのメンバシップを持つ個人に対して、発表者としての参加を制限するには、[アクセス制御リスト] をクリックします。

  • ミーティング キー (パスワード) を持つ個人に対し、発表者としての参加を制限するには、このミーティング キーがユーザー自身によって指定されたものか、Live Meeting によって生成されたものかに関係なく、[入場コード] をクリックします。次に、以下のいずれかを選択します。

    • 独自の入場コードを作成するには、[この入場コードを使用] をクリックし、使用する入場コードを入力します。

    • システムによって生成された入場コードを使用するには、[システムにより作成された入場コードを使用] をクリックします。

出席者の入場制限オプションを設定するには

[今すぐミーティングのオプション] ページまたは [ミーティングのオプション] ページの [入場制限、参加者] で、次のオプションを設定します。

  • Live Meeting 会議センターのメンバシップを持つ個人に対して、出席者としての参加を制限するには、[アクセス制御リスト] をクリックします。

  • ミーティング キー (パスワード) を持つ個人に対し、出席者としての参加を制限するには、このミーティング キーがユーザー自身によって指定されたものか、Live Meeting によって生成されたものかに関係なく、[入場コード] をクリックします。次に、以下のいずれかを選択します。

    • 独自の入場コードを作成するには、[この入場コードを使用] をクリックし、使用する入場コードを入力します。

    • システムによって生成された入場コードを使用するには、[システムにより作成された入場コードを使用] をクリックします。

  • Live Meeting 会議センターのミーティング キーやメンバシップを持っているかどうかにかかわらず、だれにでもミーティングへの参加を許可するには、[自由参加] をクリックします。この場合、だれもが出席者として入場できることに注意してください。

ミーティング入場時間

準備が完了する前に出席者が即時会議に参加するのを防ぐことができます。通常、発表者はいつでもミーティングに参加できます。

[ミーティング入場時間] オプションを設定するには

[今すぐミーティングのオプション] ページまたは [ミーティングのオプション] ページの [ミーティング入場時間] で、次のオプションを設定します。

  • スケジュールされたミーティング時刻の 30 分前になるまで参加者がミーティングに参加できないようにするには、[参加者はミーティング開始の 30 分前から、発表者はいつでもミーティングに参加することができます。] をクリックします。

  • 参加者と発表者がいつでもミーティングに参加できるようにするには、[参加者と発表者はいつでもミーティングに参加できます。] をクリックします。

登録の追加項目

参加者に対して、ミーティングへの参加時に電子メール アドレスと会社名を入力するように要求することができます。この要求を、登録の追加項目と呼びます。

登録の追加項目オプションを設定するには

[今すぐミーティングのオプション] ページまたは [ミーティングのオプション] ページの [登録の追加項目] で、次のオプションを設定します。

  • 登録の追加項目を要求する場合は、[電子メール アドレスと会社名を要求する] をクリックします。

  • 参加者が電子メール アドレスと会社名を入力しなくてもミーティングに参加できるようにする場合は、[電子メール アドレスと会社名を要求しない] をクリックします。

ミーティング ロビー

ミーティング ロビーとは、ミーティングに招待されていない人物がミーティングに参加する場合に、入場をリクエストできる場所です。ミーティング ロビー オプションは、今すぐミーティングまたはスケジュールされたミーティングに対して設定できます。ミーティングの招待状の送付が適切ではない場合には、ユーザーに、ミーティング ロビーへの URL を提供できます。たとえば、名刺にミーティング ロビーの URL を記載しておくと、ユーザーは進行中の今すぐミーティングへのアクセスをいつでもリクエストできます。発表者はミーティング ロビーを使用して、ミーティングへの入場者と入場時間を制限できます。

ミーティング ロビー オプションを設定するには

[今すぐミーティングのオプション] ページまたは [ミーティングのオプション] ページの [ミーティング ロビー] で、次のオプションを設定します。

  • ミーティングのミーティング ロビーを有効にするには、[このミーティングのミーティング ロビーを有効にする] をクリックします。[ロビーのあいさつ] ボックスに、ミーティング ロビーの訪問者に対するメッセージを入力します。ミーティング ロビーを有効にすると、今すぐミーティングの [ミーティングの詳細] ページにミーティング ロビーの URL が表示されます。この URL は、ミーティングへの招待状を持たない人に送信し、その人がミーティングにアクセスするのを許可することができます。

  • ミーティング ロビーで待っている人がいる場合に、Live Meeting から電子メール通知が送信されるように設定するには、[ロビー参加者からの電子メールの通知を有効にする] をクリックします。

追加機能

[今すぐミーティングのオプション] ページまたは [ミーティングのオプション] ページの [追加機能] の一覧に表示されたオプションは、ミーティングで参加者が実行できる操作を追加する場合、特定の状況で参加者の行動を制限する場合、さらに出席者の理解を深めるために Live Meeting コンソールの機能のデモンストレーションを行う場合に便利です。

追加機能のオプションを設定するには

[今すぐミーティングのオプション] ページまたは [ミーティングのオプション] ページの [追加機能] で、次のオプションを設定します。

  1. 出席者が発表者に質問できるようにするには、[質問と回答のコントロール パネル] チェック ボックスをオンにします。

  2. 発表者が Live Meeting クライアントを使用してミーティングを終了できるようにするには、[セッション終了のオプションをコンソールに表示] チェック ボックスをオンにします。

  3. 出席者が Live Meeting クライアントを使用して、他の出席者や発表者とチャットできるように設定するには、[チャット] チェック ボックスをオンにします。

  4. 発表者が他の参加者とプログラムを共有できるように設定するには、[アプリケーション共有] チェック ボックスをオンにします。

    • アプリケーション共有に対する発表者のコントロール レベルを設定するには、[許可しない]、[単一のアプリケーションを共有の場合のみ]、[デスクトップ、フレームまたは単一のアプリケーションを共有の場合] のいずれかをクリックします。

    • 各参加者が共有プログラムのコントロールをリクエストできるようにするには、[ミーティングの参加者のコントロールの要求を許可する] チェック ボックスをオンにします。

    • 共有アプリケーションの色の数を設定するには、[共有で何色を使用しますか?] の一覧から該当するオプションをクリックします。この設定は、ネットワーク上でのアプリケーション共有のパフォーマンスに影響する場合があります。

  5. 参加者がミーティング コンテンツを Adobe Acrobat Reader ファイル (.pdf) に出力できるようにするには、[PDF への出力] をクリックします。すべての参加者が出力できるようにする場合、または出力を発表者だけに制限する場合は、該当するオプションをクリックします。

  6. すべての参加者が座席表を閲覧できるようにするには、[座席表を表示] チェック ボックスをオンにします。このチェック ボックスは、座席表の色分けされた表示を編集する場合にもオンにする必要があります。色分けされた表示部分の編集のみが必要で、座席表を非表示にする場合は、色分け表示の編集が終了した時点でこのチェック ボックスをオフにしてください。次に、以下を選択します。

    • 座席表の色分け表示を編集するには、[タイトル] ボックス内のテキストと、変更対象の色に該当するボックスを変更します。

    • 参加者がミーティングに参加したときの既定の色を定義するには、特定の色をクリックします。

  7. Live Meeting クライアントのカスタム ペインを有効にするには、[ストリーム メディアのカスタム フレーム] チェック ボックスをオンにします。このカスタム ペインには、指定したソースからのストリーム メディア コンテンツが入っています。次に、以下を選択します。

    • [参加者 URL] ボックスに、出席者のストリーム メディア コンテンツのソースの URL を入力します。[発表者 URL] ボックスに、発表者のストリーム メディア コンテンツのソースの URL を入力します。

    • 出席者と発表者のカスタム ペインの高さは、それぞれの [フレームの高さ] ボックスで指定できます。

有効期限

有効期限を設定すると、指定した期間の満了後、ミーティングまたはレコーディングと共にすべてのコンテンツが削除されます。有効期限の設定は、次のような場合に重要です。

  • 機密扱いのコンテンツを Live Meeting 会議センターに残しておきたくない場合

  • 今後は使用しないコンテンツを Live Meeting 会議センターから削除する場合

注: 今すぐミーティングの場合は、指定時間経過後にミーティング コンテンツのみが削除され、スケジュールされたミーティングの場合は、ミーティングがそのコンテンツと共に削除されます。

コンテンツの有効期限オプションを設定するには

[今すぐミーティングのオプション] ページまたは [ミーティングのオプション] ページの [有効期限] で、次のオプションを設定します。

  • [ミーティングの有効期限] Live Meeting がミーティングを削除しないで保持しておく期間を指定するには、このボックスに数値を入力し、付属の一覧で時間の単位をクリックします。

  • [レコーディングの有効期限] Live Meeting がレコーディングを削除しないで保持しておく期間を指定するには、このボックスに数値を入力し、付属の一覧で時間の単位をクリックします。

オーディオ

オーディオ オプションを設定するのは、Live Meeting で使用するオーディオ会議サービスを初めて構成する場合、またはミーティングでオーディオの基本設定を一時的に変更する場合です。

オーディオ オプションを設定するには

[今すぐミーティングのオプション] ページまたは [ミーティングのオプション] ページの [オーディオ] で、次のオプションを設定します。

  1. [このミーティングのオーディオ] の一覧で、Live Meeting で使用するオーディオ設定を選択します。

    詳細については、「Live Meeting サービスのオーディオのセットアップ」を参照してください。

  2. 音声会議を使用する場合は、[会議プロバイダ] の一覧でプロバイダを選択します。

  3. 参加者から Live Meeting 会議センターに電話をかけるように要求せず、Live Meeting 側から参加者に電話をかける場合は、[ミーティング参加者がダイヤルインする代わりに、[会議に参加] を使用して Live Meeting 側から電話することを許可] チェック ボックスをオンにします。

  4. インターネットでの一方向音声ブロードキャストを使用して、ミーティング参加者のコンピュータに音声を配信する場合は、[インターネットでの一方向音声ブロードキャストを有効にする] チェック ボックスをオンにします。

  5. 音声会議用の無料電話番号と有料電話番号を参加者に対して表示するには、次の操作を行います。

    • 音声会議を使用する場合は、無料と有料のミーティング電話番号を設定します。この場合、[国/地域] の一覧から国名または地域名をクリックし、所定のボックスに市外局番と電話番号を入力します。[国/地域] の一覧に表示される番号は、選択した国または地域の国番号です。

    • 音声会議を使用する場合は、所定のボックスに参加者コードと主催者コードも入力します。主催者コードはミーティングの参加者に公開されることはありませんが、音声会議プロバイダに接続する場合に必要です。

    • ミーティングを記録する、一方向ボイスオーバー IP (インターネットでの音声ブロードキャスト) を使用する、またはその両方を行う場合で、音声へのアクセスにダイヤル キーの追加が必要なときは、[実際のダイヤル キー] にある所定のボックスにこれらのキーを入力します。

      注: 最初のボックスに入力したキーは、参加者コードより前にダイヤルされ、2 番目のボックスに入力したキーは、参加者コードの後にダイヤルされます。

  6. このオプションが使用可能な場合は、ミーティング オーディオにアクセスするために必要な追加のオーディオ情報を入力します。[参加者用] ボックスには、参加者向けミーティング招待状に記載する追加のオーディオ情報を指定します。[発表者用] ボックスには、発表者向けミーティング招待状に記載する追加のオーディオ情報を指定します。

レコーディング

ミーティングを記録することも、他の発表者が記録するのを許可することもできます。また、ミーティングの参加者によるレコーディングへのアクセスを管理することもできます。

レコーディング オプションを設定するには

[今すぐミーティングのオプション] ページまたは [ミーティングのオプション] ページの [レコーディング] で、次のオプションを設定します。

  1. [サーバー レコーディング] で、次のいずれかのオプションをクリックします。

    • (開催者として) 自分だけがミーティングを記録できるように設定するには、[ミーティングでは利用不可能 : 開催者は Live Meeting マネージャにログインした場合に記録可能] をクリックします。

    • 発表者によるミーティングの記録を許可するには、[発表者はミーティングを記録可能] をクリックします。

  2. [サーバー レコーディング アクセス] で、次のいずれかのオプションをクリックします。

    • 自分と Live Meeting アカウント管理者だけがレコーディングにアクセスできるように設定するには、[管理者と開催者のみがレコーディングを表示でき、個々のユーザーに対してアクセスを許可できます。] をクリックします。

    • ミーティングのすべての出席者と発表者が自分のミーティング ID およびキーを使用してレコーディングを表示できるようにするには、[すべてのミーティング参加者はミーティング ID とキーを使用して、ミーティングのレコーディングにアクセスできる] をクリックします。

  3. [参加者によるローカル コンピュータへのレコーディング] で、次のいずれかのオプションをクリックします。

    • 参加者によるミーティングの記録、およびローカル コンピュータへの保存を許可しない場合は、[ローカル コンピュータのレコーディングを無効にする] をクリックします。

    • ミーティングの記録とローカル コンピュータへの保存を発表者に対してのみ許可するには、[発表者だけが記録できる] をクリックします。

    • 発表者に対して、ミーティングの記録とローカル コンピュータへの保存、および出席者への同レベルのアクセス権の付与を許可するには、[発表者は記録可能で、発表者は出席者に記録を許可できる] をクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×