マレー語、カザフ語、ヒンディー語のサポートの変更

2018 年 3 月から、Access 2016 の表示についてマレー語とカザフ語のサポートを中止します。また、Publisher 2016 の表示設定については、これら 2 つの言語とヒンディー語のサポートを中止します。また、support.office.com、templates.office.com、store.office.com、および products.office.com でもこれら 3 つの言語のサポートは廃止されます。

Web サポート

support.office.com、templates.office.com、store.office.com、および products.office.com のユーザーが、ヒンディー語またはマレー語でこれらのいずれかのサイトにアクセスしようとすると、各国の英語版のサイトに自動的にリダイレクトされます。

これらのサイトでカザフ語を使用するユーザーは、ロシア語版のサイトにリダイレクトされます。

他の Office デスクトップ アプリケーションについてはどうなりますか?

Access と Publisher のユーザー インターフェイスについては、マレー語、カザフ語、ヒンディー語のサポートを廃止しますが、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote など、その他の Office スイート製品については変更はありません。これらのプログラムでは、マレー語、カザフ語、ヒンディー語は現在と同様に引き続きサポートされます。このデスクトップ アプリケーションへの変更は、Windows 上の Access 2016 および Publisher 2016 にのみ影響します。

これらの言語のいずれかで Access または Publisher を使用するとどうなりますか?

ユーザー インターフェイスのローカライズされた文字列 (ボタン、メニューなど) は、段階的に英語に戻ります。

表示設定だけですか?

はい。Access 2016 と Publisher 2016 では、この変更は、各プログラム内のメニュー、ボタン、およびその他のユーザー インターフェイス要素にのみ影響します。スペル チェックなどの文章校正ツールは、現在と同様にこれらの言語で引き続きサポートされます。

関連項目

Office のメニューと校正ツールで使用される言語を変更する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×