マップ グラフを作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

マップグラフを使用して、値を比較したり、地理的な地域間でカテゴリを表示したりできます。国/地域、都道府県、市区町村、郵便番号など、データに地理的な領域がある場合に使用します。

Office のウォッチ ドッグからマップ グラフの簡単な紹介が提供されています。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

注: この機能は、Office 2019 または Office 365 サブスクリプションを購入しているユーザーのみが使用できます。Office 365 のサブスクライバーである場合は、最新バージョンの Office をインストールしているかどうかをご確認ください

Office 365 または Excel の最新バージョンを試してみる

この記事で示しているようなマップ グラフの例が収録されているブックをダウンロードできます。

マップには、値とカテゴリの両方が表示され、それぞれ異なる方法で色を表示することができます。値は、2 ~ 3 色のわずかなバリエーションによって表されます。カテゴリはさまざまな色で表されます。

たとえば、人口別の国では値が使用されます。値は、各国の総人口を示しており、それぞれがグラデーション付きの 2 色のスペクトルを使用して描かれています。各地域の色は、他の地域と比較した際の値によって決定されます。その際にスペクトルも指定されます。

値のデータ付きの Excel マップ チャート

次の分類項目別の国の例では、グループまたは所属を表示する標準の凡例を使用して、分類項目が表示されています。各データ ポイントは、まったく別の色で示されます。

分類項目別の Excel マップ グラフ

マップ グラフを作成する

  1. 例として使用した次のデータをコピーしたり、同じような方法で独自に設定したりすることができます。地理的な場所 (国/地域、都道府県、市区町村、または郵便番号) の1つの列から開始し、2番目の列にある数値またはカテゴリの値を指定します。場合によっては、別のレベルの地理的な詳細を追加する必要がある場合があります (よく寄せられる質問を参照してください)。

    シリーズ

    人口

    中国

    11

    1,381,040,000

    インド

    9

    1,310,760,000

    米国

    8

    324,394,000

    ブラジル

    7

    206,982,000

    ロシア

    8

    146,727,405

    メキシコ

    10

    122,273,000

    フランス

    7

    66,991,000

    アルゼンチン

    9

    43,850,000

    オーストラリア

    12

    24,333,500

    スウェーデン

    6

    9,998,740

    アラブ首長国連邦

    9

    9,856,000

    ナミビア

    11

    2,324,388

  2. データ範囲内で任意のセルを選択します。

    ヒント: まだ選択していない場合は、Excel の表としてデータを設定することをおすすめします。この操作により、データが書式設定され、フィルターも追加されます。また、ピボットテーブルが作成され、データ分析がより簡単に行えます。

  3. [挿入]、[グラフ]、[おすすめグラフ] の順にクリックするか、または [挿入]、[グラフ]、[マップ] の順にクリックして、目的のマップ グラフを選択します。

    Excel グラフのリボン グループ

    ご使用のデータに応じて、値マップか分類項目マップのどちらかが Excel でプレビュー表示されます。

    値マップ

    分類項目マップ

    Excel マップ グラフの推奨値グラフ Excel マップ グラフの推奨分類項目
  4. [OK] をクリックすると、Excel はマップを挿入します。

マップ グラフを書式設定する

マップが作成されると、デザインを簡単に調整できます。地図をクリックして、[グラフツール] リボンタブの [デザイン] タブまたは [書式] を選択するだけです。グラフを右クリックしてメニューオプションを選択するか、またはグラフをダブルクリックして [オブジェクトの書式設定] 作業ウィンドウを開き、Excel ウィンドウの右側に表示されるようにすることもできます。これにより、マップグラフの特定の系列オプションも公開されます (以下を参照してください)。

Excel マップ グラフ リボン ツール

詳細については、「グラフの書式を設定する」を参照してください。

注: 

  • 系列のオプションに固有のマップ グラフがいくつかありますが、これらは Android デバイスまたは Excel Mobile ではサポートされていません。マップの系列のオプションが必要な場合、Windows 版 Excel でグラフを作成すると、Android デバイスまたは Excel Mobile で表示することができます。

  • Excel マップ グラフ [オブジェクトの書式設定] 作業ウィンドウの系列オプション

  • 詳細については、「Formatting Map Charts (マップ グラフの書式設定)」を参照してください。

  • マップ予測 - マップの予測を変更します。

  • マップ領域 - 国/地域を表示するビューから世界全体を表示するビューまで、マップを拡大/縮小するレベルを変更します。

  • マップ ラベル - 国/地域の地域名を表示します。ラベルに収まるように名前を表示させるか、またはラベルすべてを表示させるようにするかを選択します。

よく寄せられる質問

質問:特定の場所を使用すると、空白のマップとエラー メッセージが表示されるか、他の国がポイントされたマップが表示されます。

あいまいなデータ付きの Excel マップ グラフ

回答:世界に複数の類似した場所が存在する可能性があるデータを使用している場合、マップでは、その違いを他のガイダンスなしに伝えることはできません。可能であれば、データに別の列を追加して、マップがどこに表示されるかを確認します。たとえば、このデータは、世界中で有効な市区郡名がある場所が多いため、期待どおりにマップされるとは限りません。

Excel マップ グラフの明瞭なデータ

ただし、より高レベルの詳細を指定する列を追加すると、データは正確にマップを表示できるようになります。これを "あいまいさ:

Excel マップ グラフのあいまいなデータ

Excel マップ グラフのあいまいなデータ グラフ

制限事項

  • マップグラフでは、高度な地理情報だけをプロットできます。そのため、都市、緯度と経度、および街頭アドレスマッピングはサポートされません。マップグラフは、1次元表示のみをサポートしますが、多次元の詳細が必要な場合は、 Excel の3d マップ機能を使用できます。

  • 新しいマップを作成したり、既存のマップにデータを追加したりするには、オンライン接続 (Bing マップのサービスに接続するなど) が必要です。

  • オンライン接続がない場合でも、既存のマップを表示できます。

  • 地理データ型を使用するマップグラフでは、誤ってマップされることがあるという既知の問題があります。問題が修正されるまで、これらをプロットしようとしたときに、国などの管理者フィールドを含めるようにしてください。

マップ グラフを作成する

  1. 例として使用した次のデータをコピーしたり、同じ方法で独自に設定したりできます。

    シリーズ

    人口

    中国

    11

    1,381,040,000

    インド

    9

    1,310,760,000

    米国

    8

    324,394,000

    ブラジル

    7

    206,982,000

    ロシア

    8

    146,727,405

    メキシコ

    10

    122,273,000

    フランス

    7

    66,991,000

    アルゼンチン

    9

    43,850,000

    オーストラリア

    12

    24,333,500

    スウェーデン

    6

    9,998,740

    アラブ首長国連邦

    9

    9,856,000

    ナミビア

    11

    2,324,388

  2. リボンで、[挿入]、[おすすめグラフ]、[塗り分け地図] の順にクリックします。2 つの利用可能な塗り分け地図のオプションがあります。1 つは値マップ (青で塗りつぶされた国を示します) で、もう 1 つは分類項目マップ (色で塗りつぶされた国を示します) です。好みに合わせていずれかのオプションを選択できます。

    値のデータ付きの Excel マップ チャート 分類項目別の Excel マップ グラフ

    注: データが関連する場合のみ、[おすすめグラフ] の下に [塗り分け地図] が表示されます。

ヒント: Excel for Mac では、グラフのデザイン書式設定のタブを使用して、グラフの外観をカスタマイズします。これらのタブが表示されない場合は、マップグラフ内の任意の場所をクリックし、タブがリボンに表示されます。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×