マスタおよび詳細コントロールを挿入する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office InfoPath での最初のコントロールの選択範囲が互いに表示される内容が決定されるように、1 つのコントロールにリンクするのにマスター/詳細コントロールを使用することができます。

この記事の内容

マスター/詳細コントロールを使用する場合

Compatibility considerations

Insert a master/detail control

既定のマスター/詳細リレーションシップを変更します。

マスター/詳細コントロールを使用する場合

マスター/詳細コントロールが実際には 2 つの関連するコントロールを設定します。1 つのコントロールは、指定されたマスター コントロールと詳細コントロールします。マスター コントロールは、常に、 繰り返しテーブルです。詳細コントロールには、繰り返しテーブルまたはの繰り返しセクションのいずれかを使用できます。

マスター/詳細コントロールを使用する場合。

  • 大量のデータをより効率的に操作するフォーム テンプレートに基づくフォームに入力するユーザーを有効にします。

  • 一対一リレーションシップと同じように表示されます。たとえば、従業員レコードのデータベースに接続されている人事フォーム テンプレートをデザインする際に、マスター/詳細コントロールを使用することができます。従業員の名前と役職、マスター コントロールを表示し、従業員の場所、雇用日、および生年月日詳細コントロールを表示することができます。

  • 一対多のリレーションシップのと同じように表示されます。たとえば、マスター コントロールを使用してレコード (たとえば、顧客名) と関連するレコードを表示する詳細コントロールの 1 つのセットを表示することができます (たとえば、顧客の注文)。

次の図では、人事管理部門の従業員は、従業員に関する詳細情報にアクセスする繰り返しテーブルの行をクリックします。

マスター内の社員情報およびフォーム上の詳細コントロール

ユーザーは、特定の行の繰り返しテーブル (マスター コントロール) をクリックすると、1 つまたは複数の詳細レコードは、繰り返しセクションまたは別の場所で、フォーム上の繰り返しテーブル (詳細コントロール) に表示されます。

InfoPath では、コントロール] 作業ウィンドウを使用して挿入できるあらかじめ定義されたマスター/詳細コントロールを提供します。繰り返しセクション (または 2 つの繰り返しテーブル) と、各コントロールのプロパティを変更する繰り返しテーブルを挿入してマスター/詳細コントロールを作成することもできます。

フォーム テンプレートは、主に画面に表示] の場合、フォーム テンプレート上のスクロール領域内の詳細コントロールを配置することを検討してください。これにより、大量のコントロールに表示されるデータがあるユーザーがデータをスクロールできます。これはない、最善のオプションのユーザーが必要になる、フォームを印刷するため、スクロール領域を画面上で非表示には、データも非表示に印刷したフォームと思われる場合に注意してください。

Top of Page

互換性に関する考慮事項

InfoPath でフォーム テンプレートをデザインする際に、 ブラウザー互換フォーム テンプレートを設計することもできます。ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする際にマスター/詳細コントロールは [コントロール] 作業ウィンドウでは使用できません。

さらに、繰り返しセクションのプロパティ繰り返しテーブルのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[マスター/詳細] タブでアクセス可能ですが、そのタブ上のすべての設定がご利用いただけません (淡色表示されています)。

この制限を回避するには、ユーザーはマスター ビュー内の各項目に 2 つのビュー、特定の項目を表示する「マスター」ビューと特定の拡張情報を「詳細」ビューを表示できるように、フォーム テンプレートをデザインします。

Top of Page

マスタおよび詳細コントロールを挿入する

マスター/詳細コントロールを挿入する手順は、データベースやその他の外部データ ソースのフォーム テンプレートのデザインを基にしたか新しい、空白のフォーム テンプレートをデザインしているかどうかによって少し異なります。

マスター/詳細コントロールを挿入するには、[コントロール] 作業ウィンドウから、繰り返しテーブルとデータ ソース内の同じ繰り返しグループにバインドされた繰り返しセクション InfoPath が挿入されます。既定では、両方のコントロールには、その繰り返しグループ内のフィールドにバインドされている他のコントロールが含まれます。

次の図は、 デザイン モードでマスター/詳細コントロールを示します。

詳細コントロールがデザイン モードで選択されたマスター/詳細コントロール

コントロールは、バインドすることも、バインド解除することもできます。コントロールは、バインドされている場合、データ ソース内のフィールドまたはグループに接続されており、コントロールに入力したデータは、基になるフォーム (.xml) ファイルに保存されます。コントロールは、バインド解除されている場合、フィールドまたはグループに接続されておらず、コントロールに入力したデータは保存されません。コントロールを選ぶか、ポインターをコントロールの上に移動すると、コントロールの右上隅にテキストとバインド アイコンが表示されます。テキストは、コントロールがバインドされているデータ ソース内のグループまたはフィールドを示します。アイコンは、コントロールがグループまたはフィールドに適切にバインドされているかどうかを示します。バインドが適切である場合、緑色のアイコンが表示されます。バインドに問題がある場合、青色または赤色のアイコンが表示されます。

フォーム テンプレートのデータ ソースは、フィールドとデータ ソース] 作業ウィンドウでの階層ビューに表示されるグループで構成されます。マスター/詳細コントロールは、常に繰り返しグループにバインドします。次の例では、マスター コントロールと詳細コントロールは、[データ ソース] 作業ウィンドウ内の繰り返しグループの[d:employees]にバインドします。

フォーム テンプレート上のマスター/詳細コントロールと、データ ソース内の繰り返しグループの間の関係

注: 一対多リレーションシップをマスターおよび詳細コントロールは、通常は別々 の繰り返しグループにバインドします。一対一リレーションシップではなく 1 対多リレーションシップを確立する方法については、この記事の後半で既定のマスター/詳細関係の変更を参照してください。

新しい、空白のフォーム テンプレート上のマスター/詳細コントロールを挿入します。

InfoPath では、コントロール] 作業ウィンドウを使用して挿入できるあらかじめ定義されたマスター/詳細コントロールを提供します。繰り返しテーブルと繰り返しセクション (または 2 つの繰り返しテーブル) を挿入し、[各コントロールのプロパティを変更するマスター/詳細コントロールを作成することもできます。

新しい空白のフォーム テンプレートをデザインする場合、[コントロール] 作業ウィンドウの [自動的にデータ ソースを作成する] チェック ボックスが既定で選択されています。このため、InfoPath では、フォーム テンプレートにコントロールが追加されると、データ ソースにフィールドおよびグループが自動的に作成されます。これらのフィールドおよびグループは、[データ ソース] 作業ウィンドウではフォルダー アイコンおよびファイル アイコンで表されます。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. コントロールを挿入するには、[マスター/詳細] をクリックします。

  4. マスター/詳細の挿入] ダイアログ ボックスで [マスターの列数] ボックスには、[マスター コントロールの列の数を入力します。

  5. [詳細のフィールドの数] ボックスでは、詳細コントロールのフィールドの数を入力します。

    InfoPath は、フォーム テンプレート上の 2 つのコントロールを挿入します。繰り返しテーブル (マスター)] のラベルが 1 つ目と 2 番目の繰り返しセクション (詳細)のラベルがします。

  6. マスター/詳細のリレーションシップをテストするのには、[標準] ツールバーの [プレビュー ] をクリックし、マスター コントロールでデータを入力します。詳細コントロールに関連するデータが表示されます。

既存のデータ ソースを基にしたフォーム テンプレート上のマスター/詳細コントロールを挿入します。

既存の拡張マークアップ言語 (XML) ファイル、データベース、または Web サービスを基にフォーム テンプレートのデザインにした場合、InfoPath は、フィールドとその既存のデータ ソースからデータ ソース] 作業ウィンドウでグループを導出します。このシナリオで、次の手順で説明するように、コントロール] 作業ウィンドウからマスター/詳細コントロールを挿入できます。

マスターおよび詳細コントロールは、同じ繰り返しグループまたは、必要に応じて、別の繰り返しグループにバインドことができます。マスター/詳細コントロール内に表示されるコントロールは、繰り返しグループに含まれるフィールドにバインドされます。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. コントロールを挿入するには、[繰り返しテーブル] をクリックします。

  4. 繰り返しテーブルのバインド ウィザードの最初のページで繰り返しグループには、表の行のバインド先をクリックし、[次へ] をクリックします。テーブルに 1 列だけがある場合は、繰り返しグループの代わりに繰り返しフィールドを選択できます。

    ヒント: 表にバインドする場合は、新しい繰り返しグループを作成するには、繰り返しグループを追加、ショートカット メニューで、[追加] をクリックし、フィールドの追加] または [グループ] ダイアログ ボックスで、繰り返しグループのプロパティを入力するグループを右クリックします。

  5. To add the columns that you want to include in the table, double-click the fields in the Data binding list.

    ヒント: 新しい列として追加するフィールドを作成する] を表示するテーブルをバインド、ショートカット メニューの [追加] をクリックし、[フィールドの追加] または [グループ] ダイアログ ボックスで、入力フィールドのプロパティを右クリックします。

  6. 列を並べ替えるには、表内の列] の一覧で列をクリックし、[上へ移動] または [下へ移動] をクリックし、[完了] をクリックします。

  7. フォーム テンプレート上の表の繰り返しテーブルのラベルをダブルクリックします。

  8. マスター/詳細] タブをクリックします。

  9. マスターとして設定] をクリックし、マスター ID ] ボックスに名前を入力し、[ OK] をクリックします。

  10. 繰り返しセクション (詳細コントロール) を挿入するフォーム テンプレートにカーソルを置きます。

  11. [コントロール] 作業ウィンドウのコントロールを挿入するには、繰り返しセクション]をクリックします。

    注: または、詳細コントロールとして別の繰り返しテーブルを使用することができます。

  12. On the first page of the Repeating Section Binding Wizard, click the repeating group that you want to bind the section to, and then click OK.

  13. Double-click the Repeating Section label that appears below the section on your form template.

  14. マスター/詳細] タブをクリックします。

  15. Click Set as detail, and then click the name of the master control in the Link to master ID list.

  16. To change the default, one-to-one relationship of the master/detail control to a one-to-many relationship, click By key field under Master/detail relationship, and then click Select XPath [データ ソース] ボタン next to the Key field (master) and Key field (detail) boxes to select the key fields that you want.

  17. To test the master/detail relationship, click Preview on the Standard toolbar, and then enter data in the master control. Related data should appear in the detail control.

ヒント: You can also use the Data Source task pane to insert master/detail controls. To create the master control, in the Data Source task pane, right-click the repeating group that you want to bind the master control to, and then click Repeating Table on the shortcut menu. Follow the same general steps to create the detail control.

Top of Page

Change the default master/detail relationship

When you insert a master/detail control on your form template by using the Controls task pane, InfoPath establishes a one-to-one relationship between the master control and the detail control. A one-to-one relationship means that for each selection in the master control, a single matching result appears in the detail control.

You can change the master/detail relationship from the default one-to-one relationship to a one-to-many relationship. A one-to-many relationship means that for each selection in the master control, multiple matching results can appear in the detail control.

When you insert a master/detail control on your form template, InfoPath inserts a repeating table and a repeating section by default. Both of these controls are bound to the same repeating group in the data source. By default, both controls contain other controls that are bound to fields in that repeating group. In a one-to-many relationship, however, master and detail controls are typically bound to separate repeating groups.

If you inserted a master/detail control on your form template from the Controls task pane, and you want to establish a one-to-many relationship instead of a one-to-one relationship, you can delete the detail control that InfoPath creates. Then you can create a new detail control that better suits your needs, as outlined in the following procedure:

  1. Select the repeating section that is designated as the detail control, and then press DELETE.

  2. Insert a new repeating section on the form template.

    方法

    1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する場所にカーソルを置きます。

    2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

    3. In the Controls task pane, select the Automatically create data source check box.

    4. Under Insert controls, click Repeating Section.

  3. Insert the controls that you want in the repeating section.

    方法

    1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する場所にカーソルを置きます。

    2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

    3. In the Controls task pane, select the Automatically create data source check box.

    4. Under Insert controls, click the control that you want to insert.

    5. Repeat steps 1 through 4 for each control that you want to insert.

  4. Double-click the repeating section on your form template.

  5. Click the Master/Detail tab.

  6. Under Master/detail settings, click Set as detail.

  7. In the Link to master ID list, click the name of the master control.

  8. Under Master/detail relationship, click By key field.

  9. Click Select XPath [データ ソース] ボタン next to the Key field (master) box, and then in the Select a Field or Group dialog box, click the key field for the master control, and then click OK.

  10. Click Select XPath [データ ソース] ボタン next to the Key field (detail) box, and then in the Select a Field or Group dialog box, click the key field for the detail control, and then click OK.

ヒント: If you want to create a one-to-many relationship when you initially create a master/detail control, consider manually creating your own master/detail control instead of using the predefined master/detail control that is available in the Controls task pane. You can create your own control by establishing a master/detail relationship between a repeating table and a repeating section or between two repeating tables on a form template. To do this, open the Properties dialog box for each control, and then designate one control as the master control and the other control as the detail control. By modifying the properties for the detail control, you can set up a one-to-many relationship through the use of key fields.

Top of Page

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×