マクロ モジュールを別のブックにコピーする

別の場所で使用する Visual Basic for Applications (VBA) マクロがブックに含まれている場合、Microsoft Visual Basic Editor を使用して、そのマクロを含むモジュールを、開いている別のブックにコピーできます。

この記事の内容

マクロおよび VBA の概要

1 つのブック間でモジュールをコピーするには

マクロおよび VBA の概要

マクロおよび VBA の概要に精通していない場合は、以下の情報を参照してください。

  • マクロは、タスクを自動化するために使用できる 1 つまたは複数の操作です。

  • [マクロの記録] コマンド ([開発] タブの [コード]) を使用すると、マクロを記録できます。

  • マクロは VBA プログラミング言語で記録されます。

  • Visual Basic エディター (Excel によって開かれるウィンドウ) で、マクロを確認および編集できます。

    Book1 の Module1 に格納された 2 つのマクロが含まれているモジュール

MakeCellGreen および SetRowHeight という名前のマクロが Module1 というモジュールにあり、Module1 は Book1 に格納されています。

1 つのブックから別のブックにモジュールをコピーする

  1. [開発] タブが表示されていない場合は、次の操作を行って表示します。

    1. [オプション] をクリックして、[リボンのユーザー設定] カテゴリをクリックします。

    2. [メイン タブ] の [開発] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

  2. セキュリティ レベルを一時的に変更してすべてのマクロを有効にするには、次の操作を行います。

    1. [開発] タブの [コード] で、[マクロのセキュリティ] をクリックします。

    2. [マクロの設定] カテゴリの [マクロの設定] で、[すべてのマクロを有効にする (推奨しません。危険なコードが実行される可能性があります)] をクリックし、[OK] をクリックします。

      [開発] タブの [コード]

      メモ    危険なコードが実行するために、マクロの使用が完了したら、すべてのマクロを無効にする設定に戻すことをお勧めします。

  3. コピーするモジュールを含むブック、およびモジュールのコピー先のブックを開きます。

  4. [開発] タブの [コード] グループで [Visual Basic] をクリックして.
    これは、Visual Basic Editor を起動します。

  5. Visual Basic Editor で [表示] メニューには、プロジェクト エクスプ ローラー [プロジェクト エクスプローラー] ボタンの画像 ] をクリックします。
    プロジェクト エクスプ ローラーを表示するには、ctrl キーを押しながら R キーを押すショートカット キー    。

  1. プロジェクト エクスプ ローラーでリンク先のブックにコピーするモジュールをドラッグして (通常はという VBAProject (< ブック名 >).
    例については、名前を付けて VBAProject (Book1.xlsm)、VBAProject (Book2.xlsm) から Module1 にコピーする場合、モジュールが module1 という名前にコピー VBAProject (Book1.xlsm) の下にある [モジュール] ノード。

    VBA プロジェクト エクスプローラー

    Module1 マクロ -- Book2.xlsm から Book1.xlsm にコピー

    Module1 マクロのコピー

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×