マクロ エラー

重要: この機能は、Windows RT PC 上の Office では利用できません。使っている Office のバージョンを確認するには、こちらを参照してください。

実行していたマクロにエラーがあると、マクロ エラー メッセージが表示されます。 次のいずれかの理由で、指定されたメソッドを指定されたオブジェクトで使用できません。

  • 引数に無効な値が含まれています。存在しないオブジェクトにアクセスしたことが一般的な原因であると考えられます。たとえば、3 つのブックしか開いていないときに「Workbooks(5)」と指定するとエラーが発生します。

  • 適用された状況ではメソッドを使用できません。特に、Range オブジェクトの一部のメソッドでは、対象となる範囲にデータが入力されている必要があります。範囲にデータが入力されていない場合は、メソッドの実行に失敗します。

  • ファイルの読み取りの失敗、ファイルへの書き出しの失敗などの外部エラーが発生しました。

  • セキュリティ設定のために、メソッドまたはプロパティを使用できません。たとえば、Microsoft Office のドキュメントに格納された Visual Basic for Applications (VBA) コードを操作する VBE オブジェクトのプロパティとメソッドには、既定でアクセスできません。

    Visual Basic プロジェクトへのアクセスを信頼するには、次の操作を行います。

    1. [開発] タブが表示されていない場合は、次の操作を行って表示します。

      1. [ファイル]、[オプション]、[リボンのユーザー設定] の順にクリックします。

      2. [メイン タブ] の [開発] チェック ボックスをオンにします。

    2. [開発] タブの [コード] グループで、[マクロのセキュリティ] をクリックします。
      [開発] タブの [コード]

    3. [開発者向けのマクロ設定] で、[VBA プロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する] チェック ボックスをオンにします。

      メソッドの使い方に関する詳細については、Visual Basic のヘルプで目的のメソッド名を検索してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×