マクロ記録で作業を自動化する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

繰り返しタスクを自動化するには、Microsoft Excel のマクロレコーダを使用してマクロを記録できます。ランダムな形式の日付がある場合は、それらのすべてに1つの書式を適用することをお勧めします。マクロを使用することができます。目的の書式を適用したマクロを記録し、必要なときにマクロを再生することができます。

マクロを記録するとき、マクロ レコーダーでは、すべての手順が Visual Basic for Applications (VBA) コードで記録されます。記録する手順には、テキストまたは数字の入力、リボンまたはメニューのセルまたはコマンドのクリック、セル、行、列の書式設定などがあります。Microsoft Access のような外部ソースからデータをインポートする手順も記録できます。Visual Basic Application (VBA) は高度な Visual Basic プログラミング言語の一部であり、ほとんどの Office アプリケーションに含まれています。VBA は Office アプリケーション内と Office アプリケーション間でプロセスを自動化する機能がありますが、マクロ レコーダーで必要な作業が十分に行える場合、VBA コードやコンピューター プログラミングの知識は必ずしも必要ありません。

これは重要なことですが、マクロを記録するとき、マクロ レコーダーはほとんどすべての動作を記録します。順番を間違えた場合、たとえば、あるボタンを意図せずにクリックしてしまった場合、マクロ レコーダーはその動作を記録します。この解決策は、全体を記録し直すか、VBA コード自体を修正することです。そのため、マクロを記録するときは、自分が使い慣れているプロセスを記録することが最善となります。一連の動作を支障なく記録できれば、マクロを実行したとき、マクロが効率的に動作します。

マクロと VBA ツールは [開発] タブにあります。このタブは既定で非表示になっているため、最初の手順はこれを有効にすることになります。詳細については、「[開発] タブを表示する」を参照してください。

リボンの [開発] タブ

マクロを記録する

マクロについて、知っていると便利なことがいくつかあります。

  • Excel で特定の範囲で一連の作業を実行するマクロを記録すると、そのマクロはその範囲内のセルに対してのみ実行されます。その範囲に行を追加した場合、その新しい行にはマクロが実行されません。マクロの実行は、その範囲内のセルに限定されます。

  • 一連の作業が長い場合、1 つの長いマクロを記録する代わりに、関連する複数のマクロを作成してください。

  • マクロに記録できるのは、Excel 内の作業に限定されません。マクロ プロセスは、他の Office アプリケーションや Visual Basic Application (VBA) をサポートする他のアプリケーションに拡張できます。たとえば、最初に Excel でテーブルを更新し、次に Outlook を開き、そのテーブルを特定のメール アドレスに送信するマクロを記録できます。

次の手順でマクロを記録します。

  1. [開発] タブの [コード] で、[マクロの記録] をクリックします。

    または

    Alt + T + M + R キーを押します。

    マクロの記録
  2. [マクロ名] ボックスにマクロ名を入力します。複数のマクロを作成したときにすぐに見つけられるように、名前はできるだけわかりやすいものにしてください。

    注: マクロ名の先頭には、必ず文字を入力します。2 番目以降の文字には、文字、数字、またはアンダースコア (_) を使用できます。マクロ名にスペースは使用できません。単語を区切るときはアンダースコアを使います。セル参照と同じマクロ名を使用した場合、マクロ名が無効であることを通知するエラー メッセージが表示されることがあります。

  3. マクロを実行するためにキーボード ショートカットを割り当てるには、[ショートカット キー] ボックスに、使用する文字を入力します (大文字と小文字のいずれも可)。Ctrl + Shift + (大文字) キーの組み合わせが最善です。ショートカット キーを登録したマクロを含むブックが開いている間は、対応する Excel の既定のショートカット キーが無効になるためです。たとえば、Ctrl + Z (元に戻す) を使用する場合、その Excel インスタンスでは元に戻す機能が無効になります。

  4. [マクロの保存先] の一覧で、マクロを保存する場所を選択します。

    一般的に、[作業中のブック] の場所にマクロを保存しますが、Excel を使用するときにいつでもマクロを使用できるようにする場合は、[個人用マクロ ブック] を選択します。この [個人用マクロ ブック] を選択すると、存在しない場合は非表示の個人用マクロ ブック (Personal.xlsb) が作成され、このブックにマクロが保存されます。

  5. [説明] ボックスに、マクロの作業内容の簡単な説明を入力します (省略可能)。

    説明フィールドは任意ですが、入力することが推奨されます。また、マクロを実行するすべてのユーザーにとってわかりやすくなるように、できるだけ具体的な説明を入力してください。マクロをたくさん作成するとき、説明があれば、どのマクロで何ができるのか簡単に理解できます。説明がないと、推測しなくてはなりません。

  6. [OK] をクリックして、記録を開始します。

  7. 記録する操作を実行します。

  8. [開発] タブの [コード] グループで、[記録終了] ボタンの画像 をクリックします。

    または

    Alt + T + M + R キーを押します。

Excel で記録したマクロを使用する

[開発] タブで、[マクロ] をクリックし、ブックに関連付けられているマクロを表示します。または、Alt + F8 キーを押します。[マクロ] ダイアログ ボックスが開きます。

[マクロ] ダイアログ ボックス

注意: マクロを元に戻すことはできません。記録したマクロを初めて実行する前に、マクロを実行するブックを保存しておくか、ブックのコピーでマクロを実行し、不要な変更が行われないようにします。マクロを実行し、求めた結果が得られなかった場合、保存せずにブックを終了してください。

Excel のマクロに関する追加情報を以下の表にまとめてあります。

作業

説明

Excel のマクロのセキュリティ設定を変更する

マクロで利用できるセキュリティ設定に関する特定の情報とその意味を確認します。

マクロを実行する

マクロはさまざまな方法で実行できます。たとえば、ショートカット キー、グラフィック オブジェクト、クイック アクセス ツール バー、ボタンを使用できます。ブックを開くときにも実行できます。

マクロを編集する

Visual Basic エディターを利用し、ブックに関連付けられているマクロを編集します。

マクロ モジュールを別のブックにコピーする

別の場所で使用する VBA マクロがブックに含まれている場合、Microsoft Visual Basic Editor を使用して、そのマクロを含むモジュールを、開いている別のブックにコピーできます。

マクロをオブジェクト、図形、グラフィックに割り当てる

  1. ワークシートで、既存のマクロを割り当てるオブジェクト、グラフィック、図形、またはアイテムを右クリックし、[マクロの割り当て] をクリックします。

  2. [マクロの登録] ボックスで、割り当てるマクロをクリックします。

ボタンにマクロを割り当てる

マクロをグラフィック アイコンに割り当て、それをクイック アクセス ツール バーまたはリボンに追加できます。

ワークシートのコントロールにマクロを割り当てる

ワークシートのフォームと ActiveX コントロールにマクロを割り当てることができます。

Office ドキュメントのマクロを有効または無効にする

Office ドキュメントのマクロを有効または無効にする方法について説明します。

Visual Basic エディターを起動する

Alt + F11 キーを押します。

Visual Basic Editor の使用に関するヘルプを見つける

Visual Basic 要素に関するヘルプを表示する方法について説明します。

記録したコードを Visual Basic Editor (VBE) で操作する

記録したコードを Visual Basic Editor (VBE) で操作し、独自の変数、制御構造、マクロ レコーダーでは記録できないその他のコードを追加できます。マクロ レコーダーは記録中に行ったほとんどすべての動作を記録するので、マクロの目的にかなっていない不要なコードが記録されている場合、それを除去することもできます。記録したコードを見直す作業は、VBA プログラミング技能を学び、磨く上で大切です。

Excel VBA の基礎知識」では、記録したコードの変更方法をサンプル コードを用いて説明しています。

マクロを記録する

マクロについて、知っていると便利なことがいくつかあります。

  • Excel で特定の範囲で一連の作業を実行するマクロを記録すると、そのマクロはその範囲内のセルに対してのみ実行されます。その範囲に行を追加した場合、その新しい行にはマクロが実行されません。マクロの実行は、その元の範囲内のセルに限定されます。

  • 一連の作業が長い場合、1 つの長いマクロを記録する代わりに、関連する複数のマクロを作成してください。

  • マクロに記録できるのは、Excel 内の作業に限定されません。マクロ プロセスは、他の Office アプリケーションや Visual Basic Application (VBA) をサポートする他のアプリケーションに拡張できます。たとえば、最初に Excel でテーブルを更新し、次に Outlook を開き、そのテーブルを特定のメール アドレスに送信するマクロを記録できます。

マクロと VBA ツールは [開発] タブにあります。このタブは既定で非表示になっているため、最初の手順はこれを有効にすることになります。

  1. [Excel]、[ユーザー設定]、[リボンとツール バー] の順に移動します。

  2. [リボンのユーザー設定] カテゴリの [メイン タブ] の一覧で、[開発] チェック ボックスをオンにしてから、[保存] をクリックします。

次の手順でマクロを記録します。

  1. [開発] タブの [マクロの記録] をクリックします

  2. [マクロ名] ボックスにマクロ名を入力します。複数のマクロを作成したときにすぐに見つけられるように、名前はできるだけわかりやすいものにしてください。

    注: マクロ名の先頭には、必ず文字を入力します。2 番目以降の文字には、文字、数字、またはアンダースコア (_) を使用できます。マクロ名にスペースは使用できません。単語を区切るときはアンダースコアを使います。セル参照と同じマクロ名を使用した場合、マクロ名が無効であることを通知するエラー メッセージが表示されることがあります。

  3. [マクロの保存先] の一覧で、マクロを保存する場所を選択します。

    一般的に、マクロは [作業中のブック] の場所に保存しますが、Excel の利用時にいつも使えるようにするには、[個人用マクロ ブック] を選択してください。[個人用マクロ ブック] を選択すると、まだ存在しない場合は非表示の個人用マクロ ブック (PERSONAL.XLSB) が作成され、このブックにマクロが保存されます。Excel を起動すると、そのフォルダーのブックが自動的に開き、個人用マクロ ブックに保存されているすべてのコードが [マクロ] ダイアログに一覧表示されます。これについては、次のセクションで説明します。

  4. マクロを実行するためにキーボード ショートカットを割り当てるには、[ショートカット キー] ボックスに、使用する文字を入力します (大文字と小文字のいずれも可)。ショートカット キーを登録したマクロを含むブックが開いている間は、対応する Excel の既定のショートカット キーが無効になるため、既存のショートカット キーに対応するキーの組み合わせは使用しないことをお勧めします。

  5. [説明] ボックスに、マクロの作業内容の簡単な説明を入力します (省略可能)。

    [説明] フィールドは省略可能ですが、1つ入力することをお勧めします。わかりやすい説明を入力して、自分やマクロを実行する他のユーザーにとって役に立つ情報があると便利です。多くのマクロを作成した場合は、そのマクロを簡単に特定することができます。それ以外の場合は、推測する必要がある可能性があります。

  6. [OK] をクリックして、記録を開始します。

  7. 記録する操作を実行します。

  8. [開発] タブの [記録終了] をクリックします。

Excel で記録したマクロを使用する

[開発] タブで、[マクロ] をクリックし、ブックに関連付けられているマクロを表示します。[マクロ] ダイアログ ボックスが開きます。

注: マクロを元に戻すことはできません。記録したマクロを初めて実行する前に、マクロを実行するブックを保存しておくか、ブックのコピーでマクロを実行し、不要な変更が行われないようにします。マクロを実行し、求めた結果が得られなかった場合、保存せずにブックを終了してください。

Excel のマクロに関する追加情報を以下の表にまとめてあります。

作業

説明

マクロの有効/無効を切り替える

Excel for Mac のマクロを有効または無効にする方法について説明します。

マクロを作成、実行、編集、または削除する

頻繁に行う作業で時間を節約するために、そのような作業の手順をマクロとして記録できます。マクロを作成して実行する方法について確認してください。

マクロ モジュールを別のブックにコピーする

別の場所で使用する VBA マクロがブックに含まれている場合、Microsoft Visual Basic Editor を使用して、そのマクロを含むモジュールを、開いている別のブックにコピーできます。

マクロをオブジェクト、図形、グラフィックに割り当てる

  1. ワークシートで、既存のマクロを割り当てるオブジェクト、グラフィック、図形、またはアイテムを右クリックし、[マクロの割り当て] をクリックします。

  2. [マクロの登録] ボックスで、割り当てるマクロをクリックします。

ボタンにマクロを割り当てる

マクロをグラフィック アイコンに割り当て、それをクイック アクセス ツール バーまたはリボンに追加できます。

ワークシートのコントロールにマクロを割り当てる

ワークシートのフォームと ActiveX コントロールにマクロを割り当てることができます。

Visual Basic エディターを起動する

[開発] タブで、[Visual Basic] をクリックするか、[ツール] メニュー、[マクロ]、[Visual Basic エディター] の順にクリックします。

Visual Basic Editor の使用に関するヘルプを見つける

Visual Basic 要素に関するヘルプを表示する方法について説明します。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×