マクロを作成または実行する

Word では、マクロを作成して実行することで、よく使用する作業を自動化できます。マクロとは、自動的に作業を完了するために必要な一連のコマンドや命令を、1 つのコマンドにまとめたものです。

頻繁に実行するタスクにかかる時間を節約するには、マクロに手順をまとめます。まず、マクロを記録します。次に、クイック アクセス ツール バーにあるボタンをクリックするか、キーの組み合わせを押すことでマクロを実行できます。実行方法はセットアップ方法次第で異なります。

  1. [表示]、[マクロ]、[マクロの記録] の順にクリックします。

    [マクロの記録] コマンド

  2. マクロの名前を入力します。

    [マクロ名] ボックス

  3. 作成した新しいドキュメントの中でこのマクロを使うには、[マクロの保存先] ボックスに [すべての文書 (Normal.dotm)] と表示されていることを確認します。

    マクロを保存する場所を選ぶためのボックス

  4. ボタンをクリックするとマクロが実行されるようにするには、[ボタン] をクリックします。

    クリックしてマクロをボタンに割り当てる

  5. 新しいマクロをクリックし (名前は、Normal.NewMacros.<マクロ名> のようになります)、[追加] をクリックします。

    マクロと [追加] ボタン

  6. [修正] をクリックします。

    [クイック アクセス ツール バーをカスタマイズします] でボタンを変更

  7. ボタンの画像を選択し、名前を入力して [OK] を 2 回クリックします。

    [ボタンの変更] ボックスのボタン オプション

  8. ここで、手順を記録します。タスクに含まれる手順ごとに、コマンドをクリックするか、キーを押します。Word にクリックの動作とキー操作が記録されます。

    注: マクロを記録している間にテキストを選択するには、キーボードを使います。マウスを使って選択した内容はマクロに記録されません。

  9. 記録を停止するには、[表示]、[マクロ]、[記録終了] の順にクリックします。

    [記録終了] コマンド

クイック アクセス ツール バーにマクロのボタンが表示されます。

クイック アクセス ツール バーの [マクロ] ボタン

マクロを実行するには、ボタンをクリックします。

  1. [表示]、[マクロ]、[マクロの記録] の順にクリックします。

    [マクロの記録] コマンド

  2. マクロの名前を入力します。

    [マクロ名] ボックス

  3. 作成した新しいドキュメントの中でこのマクロを使うには、[マクロの保存先] ボックスに [すべての文書 (Normal.dotm)] と表示されていることを確認します。

    マクロを保存する場所を選ぶためのボックス

  4. ショートカット キーを押すとマクロが実行されるようにするには、[キーボード] をクリックします。

    クリックしてショートカット キーにマクロを割り当てる

  5. [割り当てるキーを押してください] ボックスにキーの組み合わせを入力します。

  6. 入力した組み合わせが、すでに他の何かに割り当てられているかどうかを確認します。すでに割り当てられている場合は、異なる組み合わせを試してください。

  7. 作成した新しいドキュメントの中でこのショートカット キーを使うには、[保存先] ボックスに [Normal.dotm] と表示されていることを確認します。

  8. [割り当て] をクリックします。

  9. ここで、手順を記録します。タスクに含まれる手順ごとに、コマンドをクリックするか、キーを押します。Word にクリックの動作とキー操作が記録されます。

    注: マクロを記録している間にテキストを選択するには、キーボードを使います。マウスを使って選択した内容はマクロに記録されません。

  10. 記録を停止するには、[表示]、[マクロ]、[記録終了] の順にクリックします。

    [記録終了] コマンド

マクロを実行するには、ショートカット キーを押します。

マクロを実行するには、クイック アクセス ツール バーのボタンをクリックするか、ショートカット キーを押します。または、[マクロ] ボックスの一覧からマクロを実行できます。

  1. [表示]、[マクロ]、[マクロの表示] の順にクリックします。

    [マクロの表示] コマンド

  2. [マクロ名] にあるリストで、実行するマクロをクリックします。

  3. [実行] をクリックします。

あるドキュメント上のマクロを新しく作成されるすべてのドキュメントで使えるようにするには、Normal.dotm テンプレートにそのマクロを追加します。

  1. マクロを含むドキュメントを開きます。

  2. [表示]、[マクロ]、[マクロの表示] の順にクリックします。

    [マクロの表示] コマンド

  3. [構成内容変更] をクリックします。

    [マクロの表示] ボックスの [構成内容変更] ボタン

  4. Normal.dotm テンプレートに追加するマクロを選び、[コピー] をクリックします。

  1. [ファイル]、[オプション]、[リボンのユーザー設定] の順にクリックします。

  2. [コマンドの選択] ボックスの一覧で、[マクロ] をクリックします。

  3. 目的のマクロをクリックします。

  4. [リボンのユーザー設定] で、マクロを追加するタブとカスタム グループをクリックします。

カスタム グループがない場合は、[新しいグループ] をクリックします。[名前の変更] をクリックし、カスタム グループの名前を入力します。

  1. [追加] をクリックします。

  2. [名前の変更] をクリックしてマクロの画像を選択し、希望する名前を入力します。

  3. [OK] を 2 回クリックします。

  1. [開発] タブの [コード] グループで、[マクロ] をクリックします。

  2. [マクロ名] ボックスにマクロ名を入力します。

    注: 新しいマクロに Word の組み込みマクロと同じ名前を付けると、新しいマクロの動作が組み込みマクロに取って代わります。組み込みのマクロの一覧を表示するには、[マクロの保存先] リストの [コマンド マクロ] をクリックします。

  3. [マクロの保存先] リストで、マクロを保存するテンプレートまたは文書をクリックします。

    すべての文書でマクロを使用できるようにする場合は、必ず、[Normal.dotm] をクリックしてください。

  4. [作成] をクリックして Visual Basic エディターを開きます。

Visual Basic エディタを開いた後で、Visual Basic for Applications の操作についての詳細な情報が必要になることもあります。詳細については、[ヘルプ] メニューの [Microsoft Visual Basic ヘルプ] をクリックするか、F1 キーを押してください。

一連の操作を記録するか、Visual Basic エディター で Visual Basic for Applications のコードを入力してマクロを最初から作成することができます。

注: Office Word 2007 でマクロを操作するには、[開発] タブを表示する必要があります。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。

  2. [基本設定] をクリックします。

  3. [Word の使用に関する主要オプション] の [[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにします。

    注: リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

  1. [開発] タブの [コード] で、[マクロの記録] をクリックします。

    [開発] タブの [コード] グループ
  2. [マクロ名] ボックスにマクロ名を入力します。

    注: 新しいマクロに Office Word 2007 の組み込みマクロと同じ名前を付けると、新しいマクロの動作が組み込みマクロに取って代わります。組み込みマクロの一覧を表示するには、[開発] タブの [コード] グループで、[マクロ] をクリックします。[マクロの保存先] 一覧の [コマンド マクロ] をクリックします。

  3. [マクロの保存先] ボックスで、マクロを保存するテンプレートまたは文書をクリックします。

    重要: すべての文書でマクロを使用できるようにする場合は、必ず、[Normal.dotm] をクリックしてください。

  4. [説明] ボックスにマクロの説明を入力します。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

    • 記録を開始する    クイック アクセス ツール バーのボタンやショートカット キーに割り当てないでマクロの記録を開始するには、[OK] をクリックします。

    • ボタンを作成する    クイック アクセス ツール バーのボタンにマクロを割り当てるには、次の操作を行います。

      1. [ボタン] をクリックします。

      2. [クイック アクセス ツール バーのカスタマイズ] で、クイック アクセス ツールバーにマクロを追加する文書またはすべての文書を選択します。

        重要: すべての文書でマクロを使用できるようにする場合は、必ず、[Normal.dotm] をクリックしてください。

      3. [コマンドの選択] ダイアログ ボックスで、記録するマクロをクリックし、[追加] をクリックします。

      4. ボタンをカスタマイズするには、[変更] をクリックします。

      5. [記号と​​特殊文字] で、ボタンに使用する記号をクリックします。

      6. [表示名] ボックスに、表示するマクロ名を入力します。

      7. [OK] を 2 回クリックしてマクロの記録を開始します。

        選択した記号は、クイック アクセス ツール バーに表示されます。記号をポイントすると、入力した名前が表示されます。

    • キーボード ショートカットに割り当てる    マクロをキーボード ショートカットに割り当てるには、次の操作を行います。

      1. [キーボード] をクリックします。

      2. [コマンド] ボックスで、記録しているマクロをクリックします。

      3. [割り当てるキーを押してください] ボックスで、マクロを割り当てるキーを押し、[割り当て] をクリックします。

      4. [閉じる] をクリックしてマクロの記録を開始します。

  6. マクロに記録する操作を実行します。

    注: マクロの記録中に、マウスを使用してコマンドやオプションをクリックすることはできますが、文字列を選択することはできません。文字列を選択するには、キーボードを使用する必要があります。キーボードを使用した文字列の選択の詳細については、「文字列を選択する」を参照してください。

  7. 操作の記録を停止するには、[コード] の [記録終了] をクリックします。

マクロのキーボード ショートカットを変更する

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。

  2. [ユーザー設定] をクリックします。

  3. [キーボード ショートカット] の横にある [カスタマイズ] をクリックします。

  4. [分類項目] リストの [マクロ] をクリックします。

  5. [マクロ] リストで、変更するマクロをクリックします。

  6. [割り当てるキーを押してください] ボックスで、選択するキーの組み合わせを入力します。

  7. [現在のキー] ボックスで、別のタスクを実行するために既に使用しているキーの組み合わせを割り当てていないことを確認します。

  8. [変更の保存先] リストで、マクロを実行する場所と一致するオプションをクリックします。

    重要: すべての文書でマクロを使用できるようにする場合は、必ず、[Normal.dotm] をクリックしてください。

  9. [閉じる] をクリックします。

  1. [開発] タブの [コード] で、[マクロ] をクリックします。

    [開発] タブの [コード] グループ

  2. [マクロ名] のリストで、実行するマクロをクリックします。

  3. [実行] をクリックします。

  1. [開発] タブの [コード] グループで、[マクロ] をクリックします。

    [開発] タブの [コード] グループ

  2. [マクロ名] ボックスにマクロ名を入力します。

    注: 新しいマクロに Office Word 2007 の組み込みマクロと同じ名前を付けると、新しいマクロの動作が組み込みマクロに取って代わります。組み込みのマクロの一覧を表示するには、[マクロの保存先] リストの [コマンド マクロ] をクリックします。

  3. [マクロの保存先] リストで、マクロを保存するテンプレートまたは文書をクリックします。

    すべての文書でマクロを使用できるようにする場合は、必ず、[Normal.dotm] をクリックしてください。

  4. [作成] をクリックして Visual Basic エディターを開きます。

Visual Basic エディタを開いた後で、Visual Basic for Applications の操作についての詳細な情報が必要になることもあります。詳細については、[ヘルプ] メニューの [Microsoft Visual Basic ヘルプ] をクリックするか、F1 キーを押してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×