マクロまたは VBA コードが検出されました

ドキュメント検査によって、Office ドキュメント (Word、Excel、PowerPoint) で、以下の 1 つ以上の項目に非表示データが含まれている可能性があることが検出されました。

  • マクロ (Word 文書の WordBasic マクロまたは Excel ブックの Excel 4.0 マクロ シート (XLM) を含む)

  • VBA モジュール

  • COM または ActiveX コントロール

  • ユーザー フォーム (Excel ブックの Excel 5.0 フォームを含む)

  • Excel ブックのユーザー定義関数 (UDF)

問題

問題のある項目を削除すると、ドキュメントが正常に動作しなくなる場合があるため、ドキュメント検査でこれらの項目を削除することはできません。

推奨される解決策

  1. ドキュメント検査を閉じます。

  2. 非表示データが含まれている可能性のあるマクロ、VBA モジュール、COM または ActiveX コントロール、ユーザー フォーム、UDF をドキュメントから手動で削除します。

    ドキュメント内のマクロと VBA モジュールを見つける方法は、以下のとおりです。

    • Word または Excel の場合は、[表示]、[マクロ]、[マクロの表示] の順にクリックします。

      PowerPoint の場合は、[表示]、[マクロ] の順にクリックします。

      [マクロ] ボックスで、削除するマクロを選び、[削除] をクリックします。

    • VBA エディターでマクロを見つけるには、Alt キーを押しながら F11 キーを押します。

  3. 問題が解決したことを確認するには、[ファイル]、[情報]、[問題のチェック] の順にクリックして、[ドキュメント検査] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×