マウスをレーザー ポインターに変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

スライド ショー表示または閲覧表示では、スライド上のコンテンツに注目させるために、マウスをレーザー ポインターに変更できます。

Office 365 サブスクライバー

Mac のこの機能はのみ内部の Office プログラムに参加したOffice 365サブスクライバーにできます。 Office 365を購読する場合は、最新バージョンのOfficeがあることを確認します。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • スライド ショー表示でレーザー ポインターを使うには:    [スライド ショー] タブで、[最初から] または [現在のスライドから] をクリックして、スライド ショーを開始します。

      先頭のスライドまたは現在のスライドからスライド ショーを開始できます
    • 閲覧表示でレーザー ポインターを使うには:    [表示] タブで、[閲覧表示] をクリックします。

      閲覧表示は、発表者がいない場合に PowerPoint プレゼンテーションを全画面で閲覧するのに適しています。
  2. Ctrl キーを押しながらマウスの左ボタンをクリックしてドラッグし、注目してもらいたいスライド上のコンテンツをポイントします。

    ヒント:    マウス ポインターを表示されないようにして、レーザー ポインターのみが表示されるようにするには、マウスを動かすに Ctrl キーを押したままにして、マウス ポインターを非表示にします。

既定のポインターの色は赤ですが、緑や青も使うことができます。レーザー ポインターの色を変更するには、次の操作を行います。

  1. [スライド ショー] タブの [設定] グループで、[スライド ショーの設定] をクリックします。

  2. [スライド ショーの設定] ダイアログ ボックスで、[オプション] の下にある [レーザー ポインターの色] ボックスの一覧から目的の色を選択し、[OK] をクリックします。

    PowerPoint のレーザー ポインター オプション

(スライド ショーの記録とタイミングの詳細については、「スライド ショーをナレーションとスライド切り替えのタイミングとともに記録する」をご覧ください)。

レーザー ポインターの動きを記録して、Web ベースのスライド ショーや自動実行のスライド ショーに追加するには、次の操作を行います。

  1. [スライド ショー] タブの [設定] グループで、[スライド ショーの記録] ボタン イメージ の横の矢印をポイントします。

    スライド ショーの記録を開始する位置に応じて、[先頭から録音を開始] または [現在のスライドから録音を開始] をクリックします。

  2. [スライド ショーの記録] ダイアログ ボックスで、[ナレーションとレーザー ポインター] チェック ボックスをオンにします。

  3. [記録の開始] をクリックします。

    ヒント:    ナレーションを一時停止する場合は、[記録] ボックスで [一時停止] をクリックします。ナレーションを再開する場合は、[記録の再開] をクリックします。

  4. Ctrl キーを押しながらマウスの左ボタンをクリックしてドラッグし、注目してもらいたいスライド上のコンテンツをポイントします。

  5. 次のスライドに移動するには、Ctrl キーを離し、マウスの左ボタンをクリックします。

  6. スライド ショーの記録を終了するには、スライドを右クリックし、[スライド ショーの終了] をクリックします。

    記録されたスライド ショーのタイミングは自動保存され、スライド ショーはスライド一覧表示モードになり、各スライドの下にタイミングが表示されます。

  7. 記録したポインターの動きとタイミングを確認するには、[スライド ショー] タブの [スライド ショーの開始] グループで、[最初から] または [現在のスライドから] をクリックします。

ポインターの動きやスライドのタイミングを記録し直す場合は、これらの手順を繰り返します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Bluetooth ペンを使用してスライド ショーの順にクリックしてください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×