マイクロソフト迷惑メール対策ポリシー

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

マイクロソフトでは、大量の電子メールや商業目的の電子メール (「スパム」) の送信、配布、配信につながるいかなる使用も禁止しています。迷惑メールを送信するサービスは使用できません。マイクロソフトのサービス、Web サイト、あるいはユーザーに迷惑メールを配信したり、迷惑メールの作成に関与することは禁じられています。

さらに、次のいずれかに当てはまる電子メールを送信したり、あるいはそのような電子メールの送信に関与することはできません。

  • 無効なヘッダーまたは偽造されたヘッダーを使用している、あるいは含んでいる。

  • 無効なドメイン名または存在しないドメイン名を使用している、あるいは含んでいる。

  • その他、発信元や送信経路の識別情報を詐称、隠蔽、またはあいまい化する技術を使用している。

  • それ以外の何らかの手段でアドレスを偽っている。

  • 第三者のインターネット ドメイン名を使用している、または第三者の許可なしに当該第三者の所有する機器から、あるいは機器を経由して中継されている。

  • 件名行に虚偽の情報や誤解を与える情報を含んでいる、または別に虚偽の内容や誤解を与える内容を含んでいる。

  • 次の技術基準に準拠していない。

  • 上記の規約以外で、Microsoft サービス規約に違反している。

マイクロソフトは、サービスを使用して、電子メール アドレスやその他の情報の収集および検索を承認していません。マイクロソフトは、お客様や購読者に関するいかなる情報をサービスを使用して第三者が収集したり、入手することは許可および承認しておりません。それには購読者の電子メール アドレスも含まれます。これは、マイクロソフトの機密情報に当たります。また、サービスの使用は、Microsoft のプライバシーに関する声明および Microsoft サービス規約の対象になります。

マイクロソフトでは、サービスのいずれかの部分に対して損害を与えたり、無効にしたり、過負荷にしたり、または障害を与える可能性のある方法で、あるいは他のユーザーによるサービスの利用および享受を妨げる可能性のある方法で、サービスの使用を試みることは、許可および承認しておりません。

マイクロソフトがサービスが不正または不適切に使用されていると考えた場合、通告なく、独自の裁量で、相当と認められる行使に踏み切る場合があります。特定のインターネット ドメイン、メール サーバー、あるいは IP アドレスからのメッセージをブロックすることも含まれます。マイクロソフトは、独自の裁量で、ポリシーに違反する電子メールに送信または接続していると判断した場合、そのようなサービスを使用するすべてのアカウントを即時に削除します。

このポリシーのいかなる部分も、サービスに対して、またはサービスを介して電子メールを送信するための、いかなる権利の付与も意図しておりません。このポリシーがすべての場合に強制されていないことが、結果的にマイクロソフトの権利の放棄につながることはありません。

電子メールの一方的な送信に関連したサービスの不正利用 (このポリシーに違反する電子メールの送信を含む) が行われた場合、その送信者および送信の支援者に対して、民事、刑事、および行政指導による罰則が適用される場合があります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×