ポートフォリオ分析機能の OLAP キューブを設定および管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ポートフォリオ分析機能のオンライン分析処理 (OLAP) キューブは、Microsoft Office Project Web Access の強力な報告と分析の機能で、プロジェクト データの複雑な分析の実行に利用できます。OLAP キューブにはタスク、リソース、プロジェクト、割り当て、懸案事項、リスク、およびコミットメントの情報が含まれます。チーム メンバーは、[ポートフォリオ分析] ページ内でピボットテーブル データやピボットグラフのビューを使用して、この情報を簡単に参照できます。

Microsoft Office Project Server には、設定済みの OLAP キューブがいくつも用意されているので、リソースやタスクの情報を調査するのに利用できます。作成のスケジュール、フィールドの指定、および OLAP キューブの設定のプロセスは Project Web Access 内で行われ、Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services の選択、OLAP キューブの生成スケジュールの作成、および各キューブへのユーザー設定フィールドの追加 (オプション) という作業を伴います。たとえば、リソースのキューブに言語のディメンションを追加するなどして、ユーザー設定フィールドを追加することは、Project Server の OLAP キューブを拡張することにつながります。また、非プロジェクト コストの測定フィールドを OLAP キューブに追加することで、より多くの企業データを表示できます。

注: OLAP キューブを設定および管理するには、まず Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services をセットアップして、その権限を設定する必要があります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

OLAP キューブを構築するためのスケジュールを作成します。

データ分析ビューを使用する場合は、OLAP キューブに使用するフィールド (ディメンション) を指定します。

定義済みの OLAP キューブをカスタマイズします。

OLAP キューブの作成スケジュールを設定する

  1. サイド リンク バーの [サーバー設定] をクリックします。

  2. [サーバー設定] ページの [作成の設定] をクリックします。

  3. [Analysis Services 設定] セクションで、[サーバー] ボックスに、Analysis Services サーバーの名前を入力します。

  4. [データベース] ボックスに、Analysis Services で使用されるデータベースの名前を入力します。既存のデータベースがない場合は、自動的に 1 つのデータベースが作成されます。

    必要に応じて、[エクストラネット URL] ボックスに、Analysis Services で使用されるエクストラネット アドレスを入力します。他の Analysis Services サーバーのものと区別する必要がある場合は、[説明] ボックスに、Analysis Services サーバーのエクストラネット URL の場所に関する説明を入力することもできます。

  5. [データベースの日付範囲] で、OLAP キューブに含めるデータの日付範囲を次の中から選択します。

    • [プロジェクトの最早開始日とプロジェクトの最遅終了日を使用する] を選択した場合、プロジェクトのタスクの最も早い日付と最も遅い日付が含まれるように、キューブが作成されます。

    • [前回および次回の時間単位を使用してキューブの作成時に日付範囲を計算する] を選択した場合は、[最終] ボックスおよび [次の期間まで] ボックスで、OLAP キューブで使用する日付範囲を日、週、または月単位で指定します。

    • [以下で指定した固定の日付範囲を使用する] を選択した場合は、[から] フィールドおよび [まで] フィールドの両方で日付を指定します。

  6. [キューブの更新頻度] で、キューブ内のデータを更新する頻度を選択します。

  7. OLAP キューブの作成を開始するには、[保存して今すぐ作成] をクリックします。まだ開始しない場合は、[保存] をクリックすると、[キューブの更新頻度] セクションで選択したスケジュールに基づいて、キューブが更新されます。

ヒント: OLAP キューブの作成状況を確認するには、[サーバー設定] をクリックして、[サーバー設定] ページの [作成状態] をクリックします。

ページの先頭へ

データ分析ビューで OLAP キューブに使用するフィールド (ディメンション) を指定する

  1. サイド リンク バーの [サーバー設定] をクリックします。

  2. [サーバー設定] ページの [ビューの管理] をクリックします。

  3. [新しいビュー] をクリックして、[ビューの種類] セクションの [データ分析] をクリックします。

  4. [名前] ボックスおよび [説明] ボックスに、[ポートフォリオ分析] ページでチーム メンバーに表示されるビューの名前と説明を入力します。

  5. [Analysis Services 設定] セクションで、組織がキューブの作成に使用する既定の Analysis Services サーバー、または別の Analysis Services サーバーを入力します。別のサーバーを選択する場合は、その名前と必要に応じてエクストラネット アドレスを入力します。

  6. [Analysis Services データベース] ボックスの一覧で、使用するデータベースを選択します。

  7. [キューブ] ボックスの一覧で、使用するキューブを選択します。

    注: ユーザー設定の Analysis Services サーバーを選択した場合は、[適用] をクリックすると、そのサーバーのデータベースとキューブの一覧が表示されます。

  8. [表示オプション] セクションで、キューブの情報の表示方法を次の中から選択します。

    • [ピボットグラフ] をクリックすると、情報がグラフ形式で表示されます。

    • [ピボットテーブル] をクリックすると、情報が表形式で表示されます。

      注: [ピボットグラフ/ピボットテーブル] を選択することで、ピボットテーブル ビューの上にピボットグラフ ビューを表示することもできます。[ビューの定義] では、結果をプレビューすることができます。

  9. [ピボットグラフ/ピボットテーブル] をクリックすると、情報が表形式とグラフ形式の両方で表示されます。

  10. [フィールド リストの表示] チェック ボックスをオンにすると、ピボットグラフ データまたはピボットテーブルのビューに追加できるフィールドの一覧が表示されます。

    [ピボットテーブルのフィールド リスト] ダイアログ ボックスが表示されます。[集計] に表示される一覧のフィールドは、ピボットグラフ ビューやピボットテーブル ビューの中央の領域に追加できるディメンション フィールドです。他の種類のフィールドは、いずれもピボットグラフ ビューやピボットテーブル ビューの行、列、およびフィルタの領域に追加できるディメンション フィールドです。ビューの種類によって、チーム メンバーが表示および分類できるデータは異なります。

  11. [ツールバー] チェック ボックスをオンにすると、ピボットグラフ ビューまたはピボットテーブル ビューの上に、書式設定用のツールバーが表示されます。

  12. セキュリティを指定するには、ピボット グラフ ビューまたはピボット テーブル ビューが所属する、セキュリティ カテゴリ] セクションのカテゴリに分類が利用可能なカテゴリ] ボックスの一覧でカテゴリを選択し、[追加] をクリックします。

  13. [保存] をクリックしてビューを作成します。

ページの先頭へ

定義済みの OLAP キューブをユーザー設定する

定義済みの OLAP キューブに組織のユーザー設定フィールドを適用して、チーム メンバーがデータの分析に必要とする情報をキューブに表示することができます。

  1. サイド リンク バーの [サーバー設定] をクリックします。

  2. [サーバー設定] ページの [構成] をクリックします。

  3. [キューブのディメンション] セクションで、ユーザー設定するキューブを選択します。[選択可能なフィールド] ボックスの一覧で、キューブにディメンションとして追加するユーザー設定フィールドを選択して、[追加] をクリックします。

    キューブのディメンションに追加するフィールドは、[選択したディメンション] ボックスの一覧に追加されます。

    注: フィールドの一覧に表示されるのは、組織用にユーザー設定されたフィールドだけです。

  4. [キューブのメジャー] セクションで、ユーザー設定するキューブをクリックします。[選択可能なフィールド] ボックスの一覧で、キューブにメジャーとして追加するユーザー設定フィールドを選択して、[追加] をクリックします。キューブのメジャーに追加するフィールドは、[選択したメジャー] ボックスの一覧に追加されます。

    注: フィールドの一覧に表示されるのは、組織用にユーザー設定されたフィールドだけです。

  5. [保存] をクリックして、OLAP キューブを新しいフィールドの情報で更新します。OLAP キューブの次の生成時には、この新しい情報が含まれています。

注: 関連付けられたデータがまったく含まれていないユーザー設定フィールドを追加した場合、そのユーザー設定フィールドはキューブに表示されません。

MDX (Multiple Dimension Expression) スクリプトを作成して、キューブのフィールド内の情報を操作することによって、キューブのフィールドをさらに詳しくユーザー設定できます。

  1. [集計メンバ] で、MDX 集計スクリプトを作成する OLAP キューブを選択します。

  2. MDX 式を選択するには、[挿入] をクリックします。

    行を選択して [削除] をクリックすることで、式を削除することもできます。

  3. [メンバ名] で、集計メンバの名前を入力します。

  4. [MDX 式] で、メンバを定義する MDX スクリプトを入力します。

  5. [保存] をクリックして、MDX スクリプトを OLAP キューブに適用します。OLAP キューブの次の生成時には、この情報がキューブに含まれています。

Microsoft Office Project Web Accessのいくつかの操作を実行できない理由

権限の設定に応じて、Project Web Access にログオンするために使用するされないことができますを参照するか、特定の機能を使用します。一部のページに表示される内容が記載されている内容は、サーバー管理者が Project Web Access のカスタマイズし、一致するようにヘルプをカスタマイズしていない場合の異なる場合があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×