ポータル サイトへのアクセスを許可する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

サイト所有者は、するユーザーにアクセスできるように、ユーザーが実行できるMicrosoft Office SharePoint Server 2007サイトとコントロールします。この記事では、サイトの権限の基本とを使用してサイトにユーザーを追加する方法について説明します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

グループと権限レベルについてください。

作成およびグループを構成します。

グループにユーザーを追加します。

オンラインを体験版を試す

グループと権限レベルについてください。

サイト所有者の基本的な責任の 1 つは、サイトのコンテンツを操作できるユーザーと、変更できるページとサイトの機能にユーザーをサイトにアクセスできるユーザーを制御します。サイト所有者は、いくつかの読み取りおよびサイト コンテンツを変更する従業員のアクセス許可付与して、[を与えることができます他の従業員に、サイトのコンテンツを読むにのみアクセス許可します。

たとえば、従業員の主な利点について説明しているサイトにサイトの所有者を追加する、サイト上の情報を更新する従業員関係部門の連絡先のみが必要があります。ただし、組織のすべてのユーザー情報を表示できる必要があります。サイトのコンテンツを管理できるユーザーを追加または情報を変更できるユーザーとのデータを表示できるユーザーを制御するサイトの所有者は、ユーザーのグループに個別のアクセス許可を付与できます。

サイトにアクセス許可を与えるには、次の手順を実行する必要があります。

  1. サイトとその内容へのアクセスが必要なユーザーと、操作を実行する必要があることを決定します。

  2. 作成するサイトの SharePoint グループをカスタマイズするのには、アクセス許可レベルを割り当てるまたは既定の SharePoint グループを使用します。

  3. サイトの SharePoint グループには、Windows セキュリティ グループおよびユーザー アカウントを追加します。

サイトの所有者を効率的にサイトへのアクセスを制御するには、サイト、必要なアクセス許可のレベル、および機能へのアクセスが必要なユーザーを決定する必要がありますに含めるユーザーの権限、サイトの各部します。既定の SharePoint グループをコア、3 つのし、既定のアクセス許可レベルは、次のようにします。

  • 所有者    このグループが、フル コントロールアクセス許可レベルのサイトのコンテンツ、ページ、および機能を変更するグループのメンバーを有効にします。フル コントロール アクセス サイトの所有者のみに制限があります。

  • メンバー    このグループにへの投稿アクセス許可レベル] ページを表示、アイテムの編集、承認のための変更内容を送信およびリストからアイテムを削除するグループのメンバーに許可します。

  • 閲覧者    このグループは、ページ、リスト アイテム、ドキュメントを表示するグループのメンバーが、読み取りのアクセス許可レベルを持っています。

注: 既定の SharePoint グループとアクセス許可レベルの詳細については、管理するアクセス許可レベルを参照してください。

サイトの所有者が新しいグループを作成することができますに加えて、次の 3 つの主要な既定の SharePoint グループには、グループ] のいずれかのアクセス許可レベルを変更または、そのサイトのアクセス レベルをより正確に作成するのには、次のグループの任意の組み合わせを使用します。

  • 承認者     メジャー バージョンのリスト アイテム (ページなど) を発行して下書きから最終バージョンにするアクセス許可を持ち、匿名ユーザーや制限付きユーザーにアクセスを許可することができます。

  • デザイナー    このグループは、サイト所有者のようなアクセス許可を持っています。デザイナーでは、パフォーマンスを変更、サイトの外観を変更、およびマスター ページ ギャラリーにコードを追加することができます。デザイナー レベルのアクセスでは、一般的に、少数の Web 開発者、Web デザイナー、またはその両方に制限されます。

  • 階層管理者    このグループのメンバーには、サイトの名前を変更したり、サイト コレクションの階層を変更するサイト コレクション内のサイトに移動する権限があります。サイトのナビゲーション構成をこの階層に影響して、サイトのナビゲーションを使用するサイト内の任意のページが変更を反映します。このグループは、[チャンネルの管理] グループで Microsoft コンテンツ管理サーバー (CMS) 2000 を置換するものです。CMS 2000 からアップグレードする場合は、チャンネル管理者が階層管理者に移行されます。

  • 簡易展開ユーザー     別個の作成階層と展開階層を持つサイトのコンテンツの更新をすばやく行うためのグループです。予定の立案と、作成階層から生産階層へのデータの伝達が容易になります。

  • 制限付き閲覧者     サイトにアクセスして、各リストまたはアイテムのメジャー バージョンの読み取り専用許可のあるすべてのコンテンツにアクセスできます。通常、このアクセス許可レベルは、直接投稿する必要のない、サイト上の情報を見るだけで済むユーザーに付与されます。

個々 のユーザーと SharePoint グループは、セキュリティ保護可能オブジェクトごとに異なる権限レベルを持つことができます。たとえば、サイトに表示される情報の読み取りだけをユーザーのアクセス許可を付与することができます。ライブラリまたはサイト ライブラリ内のフォルダー内のすべてのファイルを編集する同じそのユーザーのアクセス許可を付与できます。

注: セキュリティ保護可能オブジェクトが含まれます: サイト、ページ、リスト、ライブラリ、フォルダーのリストとライブラリ、リスト アイテム、およびライブラリ ファイル。

ページの先頭へ

作成およびグループを構成します。

既定の SharePoint グループを使用することができません。既定のグループを満たしていない個々 の要件があれば、グループを作成するか、既存のグループを変更します。

注: 既定の SharePoint グループは、サイトのニーズを満たして、グループにユーザーを追加するに進みます。

グループを作成する

  1. サイトのホーム ページ、サイトの操作] をクリックし、[サイトの設定] をポイントし、[ユーザーとグループ] をクリックします。

    注: この手順は、サイトおよびサイトに対するユーザー設定の作成に使用したテンプレートによって異なります。

  2. [新規] メニューの [新しいグループ] をクリックします。

  3. グループの名前を入力し、グループの属性の説明を簡単に入力します。

  4. グループの所有者を変更するには、新しいアカウント名を入力または参照を個々 のユーザーのアカウント名を検索する] をクリックします。

  5. グループの設定] セクションでは、このグループのメンバーを表示できるユーザーと、メンバーを削除または追加できるユーザーを指定するオプションをクリックします。

  6. メンバーシップ要求] セクションでは、要求するには、追加したが、このグループから削除されると、ユーザーが要求を送信する電子メール アドレスを追加する受け付けるかどうかを指定するオプションをクリックします。要求を自動承認] を選択する場合は、ユーザーが自動的に追加または削除要求を行うときにします。

    重要: SharePoint 管理者によって、サイト コレクションのして電子メールを送信を有効化が必要です。

  7. [このサイトのグループ権限の付与] セクションで、グループのアクセス許可レベルを選択します。

    サイトへのアクセスをブロックするには、グループのアクセス許可レベルのチェック ボックスをすべてオフにします。

  8. [作成] をクリックします。

    注: 作成したグループにユーザーを追加するには、グループにユーザーを追加するを参照してください。

ページの先頭へ

グループのアクセス許可レベルを変更する

  1. サイトのホーム ページ、サイトの操作] メニューをクリックし、[サイトの設定] をポイントし、[ユーザーとグループ] をクリックします。この手順は、サイトおよびサイトに対するユーザー設定の作成に使用したテンプレートによって異なります。

  2. [ユーザーとグループ] ページの [サイド リンク バー] の [グループ] をクリックします。

  3. [ユーザーとグループ: すべてのグループ] ページで、アクセス許可レベルを変更するグループの名前をクリックします。

  4. [ユーザーとグループ: グループ名] ページでは、設定] メニューをクリックし、[グループの設定] をクリックします。

  5. [グループ設定の変更] ページの [このサイトのグループ権限の付与] セクションで、グループに付与するアクセス許可レベルの横にあるチェック ボックスをオンにし、グループに適用しないアクセス許可レベルの横にあるチェック ボックスをオフにします。

  6. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

ユーザーをグループに追加する

SharePoint サイトとそのコンテンツにアクセス許可を与えるには、Windows セキュリティ グループおよびユーザー アカウントを追加するサイトの SharePoint グループが含まれます。Windows セキュリティ グループを使用して、ユーザーがサイトにアクセスできるようにすることをお勧めします。追加し、追加し、SharePoint グループの多くの個々 のユーザー アカウントを管理するよりも、SharePoint グループのいくつかの Windows セキュリティ グループを管理するのには簡単です。

たとえば、ドメインのマーケティング Windows セキュリティ グループが既定のメンバーの SharePoint グループに追加されると、マーケティングのすべてのユーザーはサイトのコンテンツを変更すること。従業員に参加および退席、マーケティング チーム、組織の IT 部門が追加され、ドメインのマーケティング Windows セキュリティ グループから従業員のユーザー アカウントを削除します。サイトの所有者は、追加、そのサイトのメンバー グループから個々 のユーザー アカウントを削除する必要はありません。

組織の Windows セキュリティ グループは、サイトのニーズを満たしていない可能性が、サイトの SharePoint グループに個別の Windows ドメイン ユーザー アカウントを追加する必要があります。同じ SharePoint グループにグループおよびユーザーを追加することができます。

SharePoint グループにアカウントのドメインの Windows セキュリティ グループおよびユーザーを追加するのには。

  1. サイトのホーム ページ、サイトの操作] をクリックし、[サイトの設定] をポイントし、[ユーザーとグループ] をクリックします。

  2. [ユーザーとグループ] ページの [サイド リンク バー] の [グループ] をクリックします。

  3. グループおよびユーザーを追加する SharePoint グループの名前をクリックします。

  4. 注: グループには、ドメインのすべてのユーザー アカウントを追加、すべての認証済みユーザーを追加] をクリックします。たとえば、このサイトのコンテンツを読み、ドメインすべてのユーザー アカウント アクセス許可を与える既定の閲覧者の SharePoint グループを行うことができます。

  5. SharePoint グループにユーザーの追加が選択されていると、適切なグループが選択されているとし、[ OK] をクリックすることを確認します。ユーザーがサイトにアクセスできるようにする可能な場合の SharePoint グループを使用することをお勧めします。ほとんどありませんの場合、直接ユーザーの権限を与える] をクリックして、ユーザーに個別のアクセス許可を付与する必要があります。ただし、多数のユーザーに個別のアクセス許可レベルを割り当てるすばやくになることが困難と管理に時間がかかる。

  6. 新規ユーザーに電子メール メッセージを送信する場合は、新しいユーザーへの招待メールを送信] をクリックします。

    注: SharePoint 管理者によって、サイト コレクションのして電子メールを送信を有効化が必要です。ようこそメールを送信する新しいユーザーが選択されている電子メールの送信が有効になっていない場合は、グループおよびユーザーは、SharePoint グループに追加され、電子メールを送信しないことを示すエラー メッセージが表示されます。

  7. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

体験版をオンラインで試してみる

体験版では、SharePoint Server 2007 などの Microsoft Office プログラムの無料のオンライン評価環境が提供されます。

重要: 体験版サイトの [Enterprise Content Management と Office SharePoint Server] をクリックしてください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×