ボックス プロットを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

統計分析を行う場合、標準ボックス プロットを作成し、一連のデータの分散を表示することがあります。ボックス プロットでは、数値データが四分位数に分割され、最初の四分位数と 3 番目の四分位数の間にボックスが描かれます。2 番目の四分位数に沿って線が追加され、中央値が示されます。一部のボックス プロットでは、最初と 3 番目の四分位数の外の最小値と最大値が線で描かれます。これは「ひげ」と呼ばれています。

ボックス プロットのさまざまなパーツ

Excel 2013 にはボックス プロットのグラフ テンプレートがありません。次の手順でボックス プロットを作成できます。

  1. ソース データ セットから四分位数の値を計算します。

  2. 四分位数の差を計算します。

  3. 四分位数の範囲から、積み上げ縦棒タイプのグラフを作成します。

  4. 積み上げ縦棒グラフをボックス プロット スタイルに変換します。

この例では、ソース データ セットには 3 つの列が含まれます。各列には、次の範囲からのエントリが 30 あります。

  • 列 1 (2013):100–200

  • 列 2 (2014):120–200

  • 列 3 (2015):100–180

ソース データ テーブル

この記事の内容

手順 1:四分位数の値を計算する

最初に、最小値、最大値、中央値、最初の四分位数、3 番目の四分位数をデータ セットから計算する必要があります。

  1. そのためには、2 番目のテーブルを作成し、次の式でデータを入力します。

    最小値

    MIN (セル範囲)

    最初の四分位数

    QUARTILE.INC (セル範囲、1)

    中央値

    QUARTILE.INC (セル範囲、2)

    3 番目の四分位数

    QUARTILE.INC (セル範囲、3)

    最大値

    MAX (セル範囲)

  2. 結果として、正しい値を含むテーブルが作成されます。サンプルのデータ セットから次の四分位数が計算されます。

    最終的なテーブルと値

ページの先頭へ

手順 2:四分位数の差を計算する

次に、各フェーズの差を計算します。実際には、次の間の差を計算する必要があります。

  • 最初の四分位数と最小値

  • 中央値と最初の四分位数

  • 3 番目の四分位数と中央値

  • 最大値と 3 番目の四分位数

  1. 最初に、3 番目のテーブルを作成し、そこで直接、最後のテーブルから最小値をコピーします。

  2. Excel の引き算式 (cell1 – cell2) で四分位数の差を計算し、3 番目のテーブルに差を入力します。

サンプルのデータ セットでは、3 番目のテーブルは次のようになります。

ページの先頭へ

手順 3:積み上げ縦棒グラフを作成する

3 番目のデータはボックス プロットに最適です。最初に積み上げ縦棒グラフを作成し、それから変更します。

  1. 3 番目のテーブルからすべてのデータを選択し、[挿入]、[縦棒グラフの挿入]、[積み上げ縦棒] の順にクリックします。

    [積み上げ縦棒] を選択して開始します。

    最初、グラフはボックス プロットのように見えません。Excel では、既定で、垂直ではなく水平のデータ セットから積み上げ縦棒が描かれるためです。

    既定の積み上げ縦棒グラフ
  2. グラフの軸を逆にするには、グラフを右クリックし、[データの選択] をクリックします。

  3. [行/列の切り替え] をクリックします。

    ヒント: 

    • 列の名前を変更するには、[横 (項目) 軸ラベル] 側で、[編集] をクリックし、変更する項目名を含むセル範囲を 3 番目のテーブルで選択し、[OK] をクリックします。 名前を変更するセル範囲を選択します。

    • 凡例エントリの名前を変更するには、[凡例項目 (系列)] 側で、[編集] をクリックし、エントリを入力します。

  4. [OK] をクリックします。

グラフは次のようになります。この例では、グラフ タイトルも編集されています。この時点では凡例が非表示になっています。

これは、グラフがどのように表示されるようになったかを示します。

ページの先頭へ

手順 4:積み上げ縦棒グラフをボックス プロット スタイルに変換する

下のデータ系列を非表示する

積み上げ縦棒グラフをボックス プロットに変換するには、最初に下のデータ系列を非表示にします。

  1. 一番下の列を選択します。

    注: 1 つの列をクリックすると、同じ列のすべてのインスタンスが選択されます。

  2. [書式設定]、[現在の選択範囲]、[選択対象の書式設定] の順にクリックします。右の [書式設定] パネルを開きます。

    [選択対象の書式設定] は、[書式] タブにあります。
  3. [書式設定] パネルの [塗りつぶし] タブで、[塗りつぶしなし] を選択します。

    下のデータ系列はグラフで非表示になります。

    このグラフでは、下部のデータが非表示になっています。

ボックス プロットのひげを作成する

次の手順では、一番上と下から 2 番目のデータ系列 (画像の濃い青の領域とオレンジの領域) を線またはひげで置換します。

  1. 一番上のデータ系列を選択します。

  2. [書式設定] パネルの [塗りつぶし] タブで、[塗りつぶしなし] を選択します。

  3. リボンで、[デザイン]、[グラフ要素を追加]、[誤差範囲]、[標準偏差] の順にクリックします。

    [グラフ要素を追加] メニューと [誤差範囲] メニュー。
  4. 描画された誤差範囲の 1 つをクリックします。

  5. [書式設定] パネルの [誤差範囲のオプション] タブを開き、次のように設定します。

    • [方向] を [負方向] に設定します。

    • [終点のスタイル] を [キャップなし] に設定します。

    • [誤差範囲] では、[パーセンテージ] を 100 に設定します。

      [誤差範囲] では、[パーセント] を "100%" に設定する必要があります。
  6. 下から 2 番目のデータ系列に前の手順を繰り返します。

    これで積み上げ縦棒グラフがボックス プロットらしくなるはずです。

    最終版のグラフに「ひげ」が追加されました。

中央の領域に色を付ける

通常、ボックス プロットは 1 色で描かれ、薄い枠線が付きます。次の手順では、レイアウトを完成する方法について説明します。

  1. ボックス プロットの一番上の領域を選択します。

  2. [書式設定] パネルの [塗りつぶしと線] タブで [塗りつぶし (単色)] をクリックします。

  3. 塗りつぶしの色を選択します。

  4. 同じタブで [線 (単色)] をクリックします。

  5. 輪郭の色とひと筆の [] を選択します。

  6. ボックス プロットの他の領域に同じ値を設定します。

    最終的にボックス プロットのようになります。

    最終的なボックス プロットは、次のようになります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

利用可能なグラフの種類

Power View でのグラフおよびその他の視覚エフェクト

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×