ボタンを追加してマクロを割り当てる

ボタン (フォーム コントロール) を使用して、ユーザーがクリックしたときにアクションを実行するmacroを実行できます。たとえば、ボタンを使ってワークシートの印刷、データのフィルター処理、または数値の計算などを自動化することができます。

注: 次の手順では、既にマクロを作成していることを前提としています。

  1. [開発] タブの [コントロール] で [ボタン] をクリックします。

    [開発] タブが使用できない場合

    1. [Excel] メニューで [環境設定] をクリックします。

    2. [作成] の [表示] をクリックします。

    3. [リボンに表示] で [開発] タブを選びます。

  2. ワークシートで、ボタンを配置するセルをクリックします (このセルは、表示されるボタンの左上隅に表示されます)。

  3. ボタンのサイズを変更するには、サイズ変更ハンドルをドラッグします。

  4. ボタンを Ctrl キーを押しながらクリックまたは右クリックして、[マクロの登録] をクリックします。

  5. [マクロの登録] ダイアログ ボックスで、ボタンに割り当てるマクロの名前をクリックして、[OK] をクリックします。

  6. ボタンのコントロール プロパティを指定するには、ボタンを Ctrl キーを押しながらクリックまたは右クリックして、[コントロールの書式設定] をクリックします。

  7. ボタンをテストするには、そのボタンをクリックします。マクロが実行されます。

  1. [開発] タブの [フォーム コントロール] で [ボタン] をクリックします。

    [開発] タブが使用できない場合

    1. リボンの右側にある アクション ポップアップ メニュー をクリックし、[リボンの環境設定] をクリックします。

    2. [ユーザー設定] の [開発] チェック ボックスをオンにします。

  2. ワークシートで、ボタンを配置するセルをクリックします (このセルは、表示されるボタンの左上隅に表示されます)。

  3. ボタンを作成するには、シートにドラッグします。

  4. [マクロの登録] ダイアログ ボックスで、ボタンに割り当てるマクロの名前をクリックして、[OK] をクリックします。

  5. ボタンのコントロール プロパティを指定するには、Ctrl キーを押しながらボタンをクリックして、[コントロールの書式設定] をクリックします。

  6. ボタンをテストするには、そのボタンをクリックします。マクロが実行されます。

関連項目

マクロを作成、実行、編集、または削除する

ユーザーが Excel で入力またはプリントするフォームを作成する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×