ボタンを挿入する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

このトピックには、一部の言語には当てはまらない内容が含まれています。

Microsoft Office InfoPath フォームテンプレートのボタン (コマンドボタンまたはボタンとも呼ばれます) を挿入することができます。ユーザーがボタンをクリックすると、Web サービスにフォームを送信したり、データベースにクエリを実行したりするなど、すぐに操作が開始されます。ボタンを、ユーザーがボタンをクリックしたときに実行されるルールまたはカスタムコードに関連付けることができます。

この記事の内容

ボタンを使う場合

ボタンを挿入する

レイアウトのヒント

ボタンを使う場合

ボタンは、さまざまなシナリオで役に立つ汎用性の高いコントロールです。たとえば、次のような場合にボタンを使うことができます。

  • データを1つ以上のデータソースに送信します。

  • ユーザーがフォームの別の表示に切り替えることができるようにします。

  • セカンダリ データ ソースからデータを更新します。

  • フォームから照会されたデータをクリアします。

  • フォーム上のデータを計算します。

コードの記述方法がわかっている場合は、ボタンを使用して、より高度な操作を実行したり、デザインモードでユーザーインターフェイスでサポートされていないことを行うことができます。たとえば、ユーザーが [すべて削除] ボタンをクリックしたときに、繰り返しテーブル内のすべての行を自動的に削除するコードを使用できます。

データベースや他の外部データソースにデータを送信するようにフォームテンプレートをデザインする場合は、[ファイル] メニューの [送信] コマンドと [送信ツールバー] ボタンがフォームに追加されます。ただし、これらの申請ポイントは、ユーザーにとっては簡単に見逃すことはありません。このため、フォームテンプレートに [送信] ボタンを追加することを検討してください。次の図は、ユーザーのフォームでどのように表示されるかを示しています。

フォームの [送信] ボタン

フォームテンプレートにボタンを追加すると、既定では、コントロールに表示されるテキストとして "button" のボタンが挿入されます。テキストを変更し、ルールを使用してボタンにアクションを割り当てる場合は、ボタンをダブルクリックし、[ボタンのプロパティ] ダイアログボックスでオプションを指定する必要があります。

フォームの値に応じてボタンのテキストを変更する場合は、動的なボタンラベルを作成できます。たとえば、[上司に送信] というラベルの付いたボタンを作成することができます。ここで、manager は、フォーム上の他の場所にある [ manager ] テキストボックスにユーザーが入力する名前です。

ページの先頭へ

ボタンを挿入する

ボタンを挿入する手順は、新しい空白のフォームテンプレートを設計しているか、データベースまたはその他の外部データソースでフォームテンプレートのデザインを基にしているかにかかわらず、同じです。

次の図は、 デザイン モードで選択されたときのボタンの外観を示しています。

デザイン モードで選択されたボタン

他のほとんどの InfoPath コントロールとは異なり、ボタンはデータソース内のフィールドまたはグループにバインドされません。これは、ユーザーからデータを収集するのではなく、アクションを開始するために使われるためです。

ボタンを挿入する

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. [コントロールの挿入] で [ボタン] をクリックします。

  4. フォームテンプレートに挿入されたボタンアイコンをダブルクリックします。

  5. [全般] タブをクリックします。

  6. [アクション] リストで、ボタンで実行するアクションをクリックします。

    利用可能な操作

    [送信] と [ルール] と [カスタムコード] アクションは常に使用できます。その他のボタン操作は、フォームテンプレートの設計方法と、フォームテンプレートにデータ接続が含まれているかどうかによって、データベースや Web サービスなどの外部データソースにデータを照会または送信することができます。

    操作

    説明

    [送信]

    この操作により、フォームの標準の送信機能が開始されます。これは、[ファイル] メニューの [送信] をクリックしたユーザーと同じです。ユーザー設定の送信アクションを開始するには、[ルールとカスタムコード] を選択し、データを送信するためのルールを作成します。

    ルールとカスタムコード

    この操作では、ボタンがクリックされたときにルールを実行するか、カスタムコードを実行します。たとえば、フォームから Web サービスにデータを自動的に送信するルールを作成したり、ユーザーがボタンをクリックしたときにそのデータを電子メールメッセージとして送信したりすることができます。ルールを定義するには、[ルール] をクリックします。コードを定義するには、[フォームコードの編集] をクリックします。

    [クエリの実行]

    フォームがデータベースまたは web サービスに接続されている場合、このアクションは、データのクエリに使用するフィールドに入力された値に基づいて、データベースまたは web サービスを照会します。

    新しいレコード

    フォームがデータベースまたは Web サービスに接続されている場合、ユーザーが新しいデータを入力できるように、フォームの値をクリアします。

    削除と送信

    フォームがデータベースまたは Web サービスに接続されている場合、この操作では、クエリで返されたデータベースからレコードが削除されます。

    更新

    フォームがデータベースまたは web サービスに接続されている場合、この操作では、クエリで返されたデータベースまたは web サービスのデータを更新します。

    フォームの更新

    Web ブラウザーで入力するように設計されたフォームでは、この操作によってフォームデータが段階的に更新されます。たとえば、ユーザーがフォーム上の他のコントロールに入力した値に基づいて変更される合計ボックスを想像してみてください。これらのコントロールの値が変更されるたびにフォームを更新しないようにするには、特定のコントロールのデータをサーバーに送信しないようにすることができます。その後、[合計] ボックスの横に [集計の更新] ボタンを追加して、ユーザーがクリックして合計を手動で更新することができます。[フォームの更新] アクションに関連付けられているボタンは、ユーザーがブラウザーでフォームを表示して入力した場合にのみ表示されます。

  7. [ラベル] ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • ボタンにユーザー設定のテキストを使用するには、表示するテキストを入力します。

    • フォームのボタンテキストの値を使用するには、[数式 ボタンの画像 の挿入] をクリックします。[数式の挿入] ダイアログボックスで、[フィールドまたはグループの挿入] をクリックし、使用するフィールドまたはグループを選びます。

ページの先頭へ

レイアウトのヒント

button コントロールの外観、サイズ、その他の側面を調整するには、次のヒントを参考にしてください。

  • ボタンは、ラベルが長い単語のみを表示する場合に最適なものになります。

  • 複数のボタンのサイズを一度に変更するには、サイズを変更するボタンを選びます。ALT + enter キーを押して、[サイズ] タブで必要な調整を行います。

  • ボタンの枠線または色を変更するには、変更するボタンを選びます。[書式] メニューの [罫線と網かけ] をクリックし、必要な調整を行います。

  • デザインモードでは、ボタンにイメージを追加することはできません。この制限を回避するには、フォームテンプレートに関連付けられているマニフェスト (.xsf) ファイルを手動で編集できます。ただし、この方法は、高度なフォームデザイナーに対してのみ推奨されます。

  • 複数のビューで同じボタンを使用する場合は、各ビューで同じような場所に配置し、一貫性を保つために同じボタンテキストを使用します。

  • より洗練された外観にするには、フォームテンプレートのボタンに使うさまざまな幅の数を制限することを検討してください。また、標準的でないボタンのサイズが専門外に見えることが多いため、狭い、短い、または縦長のボタンを使わないようにしてください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×