ボタンを挿入します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

このトピックには、一部の言語には当てはまらない内容が含まれています。

コマンド ボタンまたは Microsoft Office InfoPath フォーム テンプレート上のボタンとも呼ば] ボタンを挿入できます。ユーザーは、Web サービスにフォームを送信するか、データベースに対するクエリなど、すぐにアクションを開始するためのボタンをクリックします。ボタンをルールまたはユーザーがボタンをクリックしたときに実行されるカスタム コード関連付けることはできます。

この記事の内容

ボタンを使用する場合

ボタンを挿入します。

レイアウトのヒント

ボタンを使用する場合

ボタンは、さまざまなシナリオで使用されるさまざまなコントロール。たとえば、する場合は、ボタンを使用できます。

  • 1 つまたは複数のデータ ソースへのデータを送信します。

  • フォームの表示別に切り替えるユーザーを有効にします。

  • のセカンダリ データ ソースからのデータを更新します。

  • クエリのデータ形式をオフにします。

  • フォーム上のデータを計算します。

コードを記述する方法がわかっている場合より高度な操作を実行するか、デザイン モードでのユーザー インターフェイスでサポートされていないことを実行するボタンを使用できます。たとえば、ユーザーがすべて削除] をクリックしたときに自動的に繰り返しテーブルのすべての行を削除するのには、コードを使用できます。

データベースやその他の外部データ ソースへのデータを送信するために、フォーム テンプレートをデザインする場合、フォームに、[ファイル] メニューと[送信] ツールバーのボタンを [送信] コマンドが追加されます。ただし、それらの送信ポイントは、ユーザーに簡単です。このため、フォーム テンプレートに送信] ボタンを追加することがあります。ユーザーのフォームの表示方法を次の図を示します。

フォームの [送信] ボタン

既定では、フォーム テンプレートにボタンを追加するときに、コントロールに表示されるテキストとして] ボタンが"のボタンが挿入されます。テキストを変更すると、ルールを使用して、ボタンに動作を割り当てる場合は、ボタンをダブルクリックし、ボタンのプロパティ] ダイアログ ボックスでオプションを指定してする必要があります。

場合によっては、フォーム上の値を変更するボタンのテキストは、動的なボタンのラベルを作成できます。たとえば、マネージャーに送信する、マネージャーは、フォーム上で他の場所でマネージャーのテキスト ボックスに入力された名前のラベルを持つボタンを作成できます。

ページの先頭へ

ボタンを挿入します。

ボタンを挿入する手順は、新しい、空白のフォーム テンプレートをデザインするか、データベースやその他の外部データ ソースのフォーム テンプレートのデザインを基にしたするかどうかは同じです。

次の図は、 デザイン モードで選択されているときにボタンをどのように見えるかを示します。

デザイン モードで選択されたボタン

ボタンは、その他のほとんどの InfoPath コントロールとは異なり、データ ソースのフィールドまたはグループにバインドされていません。これは、動作を開始する、ユーザーからデータを収集に使用されるためです。

ボタンを挿入します。

  1. フォーム テンプレートで、コントロールを挿入する場所にカーソルを置きます。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. コントロールを挿入するには、をクリックします。

  4. フォーム テンプレートに挿入されたボタンのアイコンをダブルクリックします。

  5. [全般] タブをクリックします。

  6. 操作] の一覧での操作を実行するのには、ボタンをクリックします。

    使用可能なアクション

    送信し、 [仕分けルールと [ユーザー設定コードのアクションは常に利用できます。その他] ボタンの操作の空き時間情報は、フォーム テンプレートの設計方法と、フォーム テンプレートにクエリを実行するか、データベースや Web サービスなどの外部データ ソースにデータを送信するデータ接続が含まれるかどうかによって異なります。

    操作

    説明

    [送信]

    この操作は、標準を開始フォームの機能を送信する-同じですが、ユーザーの [ファイル] メニューで[送信] をクリックします。カスタムを開始する送信アクション仕分けルールとカスタム コード] を選択し、データを送信するルールを作成します。

    [仕分けルールとカスタム コード

    このアクションは、ボタンをクリックするかユーザー設定コードを実行するときに、ルールを実行します。たとえばに自動的にフォームから Web サービスへのデータを送信したり、ボタンをクリックすると、ユーザーに対して、電子メール メッセージとしてデータを送信するルールを作成することができます。ルールを定義するには、[ルール] をクリックします。コードを定義するには、フォーム コードの編集] をクリックします。

    クエリを実行します。

    フォームは、データベースや Web サービスに接続されているが、このアクションでは、データベースや Web サービスのデータをクエリに使用されるフィールドに入力した値に基づいて照会します。

    新しいレコード

    場合は、フォームは、データベースや Web サービスに接続されているが、このアクションは、ユーザーは、新しいデータを入力できるように、フォーム上の値をクリアします。

    削除し、送信

    フォームは、データベースや Web サービスに接続されているが、このアクションはクエリで返されたデータベースからレコードを削除します。

    更新します。

    フォームは、データベースや Web サービスに接続されているが、このアクションは、データベース、つまりクエリで返された Web サービスからのデータを更新します。

    フォームを更新します。

    Web ブラウザーで入力するように設計されたフォームでは、このアクションは、差分でフォーム データを更新します。たとえば、ユーザーが、フォーム上のコントロールに入力した値に基づいて変更される合計のボックスがあるとします。フォームはそのコントロールの値が変更されるたびに更新を避けるため、データができないようにから、特定のコントロールのサーバーに送信されることがことができます。ユーザーがクリックして、合計値を手動で更新合計] ボックスの横にある、更新プログラムの合計] ボタンを追加できます。更新フォームアクションに関連付けられているボタンは、ユーザーを表示して、ブラウザーでフォームに入力する場合にのみ表示されます。

  7. [ラベル] ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • ボタンをユーザー設定のテキストを使用するには、表示するテキストを入力します。

    • ボタンのテキストのフォームから値を使用するには、数式の挿入 ボタンの画像 をクリックします。[数式の挿入] ダイアログ ボックスでは、フィールドの挿入またはグループをクリックし、[フィールドまたはグループを使用する] を選びます。

ページの先頭へ

レイアウトのヒント

次のヒントを使用して、外観、サイズ、およびボタン コントロールの他の側面を調整するのに役立ちます。

  • ボタンは、そのラベルがいくつか単語のみに最適な外観に傾向があります。

  • いくつかのボタンのサイズを一度に変更するには、サイズを変更するのには、ボタンを選択します。Alt キーを押しながら ENTER キーを押してし、[サイズ] タブで、必要な調整を加えます。

  • 枠線やボタンの色を変更するには、変更するボタンを選びます。[書式] メニューとページ罫線と網かけの変更] をクリックし、必要な調整します。

  • デザイン モードでのボタンに画像を追加することはできません。この制限を回避するには、高度なフォーム デザイナーにのみこの方法はお勧めに、フォーム テンプレートに関連付けられているマニフェスト (.xsf) ファイルを手動で編集できます。

  • 1 つ以上のビューで、[同じ] ボタンを使用する場合は、各ビューと同じ場所に配置して一貫性を保つのためのボタンに同じテキストを使用してみてください。

  • 洗練された外観の場合は、フォーム テンプレートで、ボタンを使用するさまざまな幅の数を制限することを検討してください。また、標準のボタンのサイズを多くない求めているためには狭い、または横長のボタンを使用しないようにしてみてください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×