ボタンをカスタマイズする方法

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

フォーム テンプレート上のボタンを挿入した後は、ボタンのプロパティ] ダイアログ ボックスでプロパティと設定を変更することでカスタマイズできます。フォーム テンプレート] で、ダイアログ ボックスを開くには、プロパティを変更する] ボタンをダブルクリックします。

次の表は、いくつかのボタンをカスタマイズするための方法の説明および理由が行うです。表にボタンのプロパティ] ダイアログ ボックスで、オプションの詳細な手順については、それは比べた場合に使用できるオプションの範囲のします。

タブ

作業

詳細

全般

ボタンに動作を割り当てる

一覧で、アクションにユーザーがボタンをクリックしたときに発生するを定義します。1 つのデータ ソースへのデータを送信する場合は、[送信] をクリックします。動作規則またはユーザー設定のコード ボタンがクリックされたときに実行する場合は、 [仕分けルールとカスタム コードをクリックします。

使用可能なアクション

送信し、 [仕分けルールと [ユーザー設定コードのアクションは常に利用できます。その他] ボタンの操作の空き時間情報は、フォーム テンプレートの設計方法と、フォーム テンプレートにクエリを実行するか、データベースや Web サービスなどの外部データ ソースにデータを送信するデータ接続が含まれるかどうかによって異なります。

操作

説明

[送信]

この操作は、標準を開始フォームの機能を送信する-同じですが、ユーザーの [ファイル] メニューで[送信] をクリックします。カスタムを開始する送信アクション仕分けルールとカスタム コード] を選択し、データを送信するルールを作成します。

[仕分けルールとカスタム コード

このアクションは、ボタンをクリックするかユーザー設定コードを実行するときに、ルールを実行します。たとえばに自動的にフォームから Web サービスへのデータを送信したり、ボタンをクリックすると、ユーザーに対して、電子メール メッセージとしてデータを送信するルールを作成することができます。ルールを定義するには、[ルール] をクリックします。コードを定義するには、フォーム コードの編集] をクリックします。

クエリを実行します。

フォームは、データベースや Web サービスに接続されているが、このアクションでは、データベースや Web サービスのデータをクエリに使用されるフィールドに入力した値に基づいて照会します。

新しいレコード

場合は、フォームは、データベースや Web サービスに接続されているが、このアクションは、ユーザーは、新しいデータを入力できるように、フォーム上の値をクリアします。

削除し、送信

フォームは、データベースや Web サービスに接続されているが、このアクションはクエリで返されたデータベースからレコードを削除します。

更新します。

フォームは、データベースや Web サービスに接続されているが、このアクションは、データベース、つまりクエリで返された Web サービスからのデータを更新します。

フォームを更新します。

Web ブラウザーで入力するように設計されたフォームでは、このアクションは、差分でフォーム データを更新します。たとえば、ユーザーが、フォーム上のコントロールに入力した値に基づいて変更される合計のボックスがあるとします。フォームはそのコントロールの値が変更されるたびに更新を避けるため、データができないようにから、特定のコントロールのサーバーに送信されることがことができます。ユーザーがクリックして、合計値を手動で更新合計] ボックスの横にある、更新プログラムの合計] ボタンを追加できます。更新フォームアクションに関連付けられているボタンは、ユーザーを表示して、ブラウザーでフォームに入力する場合にのみ表示されます。

全般

ボタンのラベルを変更します。

ラベル] ボックスで、ボタンの前面に表示するテキストを入力します。場合によっては、フォーム上の値を変更するボタンのテキストは、 ボタンの画像数式の挿入] をクリックし、使用する値を格納するフィールドを選択します。たとえば、マネージャーに送信する、マネージャーは、フォーム上で他の場所でマネージャーのテキスト ボックスに入力された名前のラベルを持つボタンを作成できます。

全般

ボタンの識別子を取得します。

コードでボタンを識別するのにこのタブに表示される ID を使用することができます。忘れないようにするために簡単にするようにボタン ID の既定の名前を変更することもできます。

全般

カスタム コードを記述します。

Microsoft Visual Studio 2005 Tools for Applications (VSTA)、ボタンの動作を自動化するためにユーザー設定コードを作成することができますを開くフォーム コードの編集] をクリックします。

全般

ボタンの動作を自動化するためのルールを割り当てる

ルールを作成できるルールをルール] ダイアログ ボックスを開く] をクリックします] ボタンがクリックされたときに実行します。たとえば、新しいフォームを開くか、ユーザーがボタンをクリックしたときに、ビューを切り替えるルールを設定できます。

表示

条件付き書式を追加します。

条件付き書式を、条件付き書式] ダイアログ ボックスを開き、ユーザーがフォームに入力した値に基づいて、その表示設定を含む、コントロールの外観を変更することができます] をクリックします。たとえば、ユーザーが特定のチェック ボックスが選択されていない場合は、1 つ以上のボタンを非表示にすることができます。

サイズ

サイズ、間隔、余白を調整します。

高さのボックスに値を入力して、コントロールのサイズを手動で指定することができます。コントロールの境界線と周囲のテキストの間の間隔であるコントロールの内容の配列を周囲の余白の量は、スペース、または、余白を変更することによって、コントロールの内外の間隔を絞り込むことも、またはフォーム テンプレート上のコントロール。

上級

ヒントを指定します。

説明時のメモをユーザーがコントロールの上にポインターを移動するときに表示するには、[ヒント] ボックスで必要なテキストを入力します。画面などのユーザー補助機能を確認することを画面に表示されるユーティリティ合成音声または点字ディスプレイ、として利用可能な情報は、多くの場合、ユーザーの情報を解釈するためにこのようなヒントに依存します。

上級

タブの [索引の順序を変更します。

フォーム テンプレートの全体的なタブ オーダーのコントロールの位置を変更することができます。タブ オーダーは、順をフォーカスがフォームに 1 つのフィールドまたはオブジェクトからに次のユーザーは、TAB または SHIFT + TAB キーを押して、です。フォーム テンプレート内のすべてのコントロールの既定のタブの [インデックス設定は 0 ですが、タブ オーダーは 1 から始まります。つまり、いずれのコントロールに] タブの [インデックス] ボックスに 1 がする表示済み: 最初ときに、ユーザーは、TAB キーを押します。いずれのコントロールに] タブの [索引ボックスで、2 は、次に、その訪問がします。0 ] タブの [インデックス] ボックスに、コントロールをタブ オーダーの最後に取得されます。タブ オーダーのコントロールをスキップする場合は、 -1] タブの [インデックス] ボックスに入力します。

上級

ショートカット キーを割り当てる

キーボード ショートカットを指定するアクセス キー ] ボックスで、文字や番号を入力できます。ショートカット キーは、マウスを移動してではなく、キーの組み合わせを押して、コントロールに移動するユーザーを有効にします。フォーム テンプレートのショートカット キーを使用する場合は、必要があります連絡するユーザーに、ショートカットが存在します。たとえば、営業担当者のテキスト ボックスのショートカット キーがあることをユーザーに知らせるには、テキスト ボックスのラベルの後に(alt キーを押しながら S)を入力することがあります。

ブラウザー フォーム

サーバーにデータを投稿するための設定をカスタマイズします。

[ブラウザー フォーム] タブでは、ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする場合のみが表示されます。ユーザーが、フォーム上のボタンをクリックしたときにデータをサーバーに送信するかどうかを制御できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×