ボイス メールを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 では、Outlook on the web の [オプション] ウィンドウで、[ボイス メール] オプションを使用して応答メッセージの録音、通話応答ルールの編集または変更、Outlook Voice Access のセットアップ、テキスト メッセージとメール通知設定の編集、ボイス メールのプレビューの有効化などができます。

Outlook の [電子メール オプション] ウィンドウの [ボイス メール] オプション

  • Outlook on the web からボイス メールにアクセスするには、 設定アイコン 、[メール]、[全般]、[ボイス メール] の順に選択します。

  • Outlook 2016またはOutlook 2013デスクトップ クライアントからボイス メールの設定にアクセスするには、ファイルをクリックして >ボイス メールを管理します

重要: [ボイス メール] のオプションが淡色表示されている場合は、Skype for Business のボイス メール サービスをクラウド PSTN で使用しており、[ボイス メール] のオプションは使用できません。

  1. [ボイス メール] で [案内応答] を選択します。

  2. 録音する応答メッセージの種類を選びます。

    応答メッセージのオプションは、標準と長期休暇の 2 種類ある

  3. [選択した案内応答を再生または録音するために電話する] を選択します。

  4. 電話番号を入力し、[ダイヤル] を選択します。

    電話番号を入力し、[ダイヤル] をクリックすると応答メッセージが録音される

  5. 録音されたメッセージの指示に従って、応答メッセージを録音します。

  6. 録音が終わったら、[保存] をクリックします。

    [保存] ボタンが強調表示された [案内応答] ダイアログ ボックス

通話応答ルールを使用すると、発信者がボイス メールに達したときの動作を決めることができます。たとえば、自動応答が有効になっていれば、発信者が別の電話番号に転送されるようなルールを設定することができます。複数のルールがある場合は、適用する順序を指定することができます。

通話応答ルールを作成しない場合、電話に応答できないときに、着信通話が直接ボイス メールに送られます。

ルールを作成するには

  1. [ボイス メール] で [通話応答ルール] を選択します。

  2. [新規作成] ボタンをクリックします。

    ルールを作成するための [新規作成] ボタン

  3. ルールの名前を入力します。

  4. [発信者がボイス メールに達した場合:] で、オプションを選択します。

  5. 別の条件をルールに追加する場合は、[条件の追加] を選択します。ルールには複数の条件を追加できますが、ルールが複雑になりすぎないよう、よく考えて追加してください。

  6. [発信者がこれらのオプションを利用できるようにする] で、オプションを選択します。オプションによっては、代替電話番号や発信者に対して読み上げるテキストといった追加の情報が求められる場合があります。

  7. ルールに別のオプションを追加する場合は、[オプションの追加] を選択します。

  8. [OK] をクリックします。

  9. [通話応答ルール] ページのチェックボックスで、ルールを有効または無効にします。

ルールを編集するには

  1. [ボイス メール] で [通話応答ルール] を選択します。

  2. 編集するルールを選択して、[編集] ボタンをクリックします。

    [編集] ボタンが強調表示された通話応答ルール

ルールを削除するには

  1. [ボイス メール] で [通話応答ルール] を選択します。

  2. 削除するルールを選択して、[削除] ボタンをクリックします。

    ルールのツールバーの [削除] ボタン

ルールが適用されている順序を変更するには

  1. [ボイス メール] で [通話応答ルール] を選択します。

  2. ルールは適用される順序で表示されます。そのため、上下に動かしたいルールがあれば選択して、矢印をクリックします。

    適用する順序でルールを上下に移動するために使用する矢印ボタン

通知を使用すれば、不在着信やボイス メール メッセージが届いていることがわかります。通知を受ける方法とタイミングを決めることができます。たとえば、不在着信があった場合にメールを受け取ったり、誰かがボイス メッセージを残した場合にテキスト メッセージを受け取ったりできます。既定では、不在着信があるたびにメールが届きますが、テキスト メッセージの通知はオフになっています。

テキスト メッセージングの通知を設定します。

  1. [ボイス メール] で [通知] を選択します。

  2. [テキスト メッセージのセットアップ] をクリックします。

  3. お使いの携帯電話が登録されている国を選択します。

    注: テキスト メッセージの通知機能は、特定の地域および特定のモバイル サービス プロバイダーでのみサポートされています。ご利用のモバイル サービス プロバイダーが表示されない場合は、テキスト メッセージの通知を設定できません。

  4. モバイル サービス プロバイダーを選択して、[次へ] をクリックします。

  5. 電話番号を入力し、[次へ] をクリックします。

  6. パスコードが含まれるテキスト メッセージが届きます。そのパスコードを [テキスト メッセージのセットアップ] 画面で入力して、[完了] をクリックします。

    パスコードを入力するテキスト メッセージング画面

  7. テキスト メッセージの通知を受け取るタイミングを選び、[保存] をクリックします。

テキスト メッセージングの通知の設定を編集します。

  1. [ボイス メール] で [通知] を選択します。

  2. [テキスト メッセージ設定を編集する] をクリックします。

  3. テキスト メッセージのオプションを選択し、[保存] をクリックします。

Outlook Voice Access を使用すると、電話でボイス メール、メール、予定表、連絡先にアクセスすることができます。Outlook Voice Access で設定するオプションには、新規メッセージにアクセスする順序と、ダイヤルインするフォルダー (受信トレイなど) が含まれます。

Outlook Voice Access の電話番号とは何ですか?電話番号と PIN は管理者がボイス メールをセット アップする際に提供されます。詳細については、管理者に問い合わせてください。

[電話で再生] を有効にすると、指定した電話番号を使って電話で自分宛てのボイス メール メッセージを再生できます。

既定では、電話番号は組織から割り当てられたものですが、携帯電話の番号やメール アドレスにすることもできます。その場合、ボイス メールはメールの受信トレイから再生されます。

音声メッセージの数を設定するには

  1. [ボイス メール] で [電話で再生] を選択します。

  2. 音声メッセージを使用する電話番号またはメール アドレスを入力します。

  3. [保存] をクリックします。

PIN によって、Outlook Voice Access からメールボックスや予定表の情報にアクセスできるようになります。PIN をリセットすると、一時的な PIN がメールの受信トレイに届きます。次に Outlook Voice Access を使用するときに、一時的な PIN を使用します。その際に、永続的な PIN を作成するように求められます。

音声のアクセスを PIN をリセットするには

  1. [ボイス メール] で、[PIN のリセット] を選択します。

  2. [ボイス メールの PIN をリセットする] をクリックします。

  3. [はい] をクリックしてリセットを確定します。

[ボイス メールのプレビュー] を使用すると、受信した音声メッセージのテキストをプレビューできます。テキストのプレビューに送信した音声メッセージを含めることもできます。

ボイス メールのプレビューをオンにするには

  1. [ボイス メール] で [ボイス メールのプレビュー] を選択します。

  2. 必要なオプションを選択/選択解除します。既定では、両方とも選択されています。

  3. [保存] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Skype for Business ボイス メールの確認とオプション

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×