ページ レイアウトとサイト テンプレートの設定について

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事の内容

サイト テンプレートの概要

ページ レイアウトの概要

優先するサイト テンプレートとページ レイアウトを設定します。

サイト テンプレートの概要

サイト テンプレートは、サイトの全体的な外観を指定したファイルです。このファイルには、サイトのデザインに関する次のような情報が定義されています。

  • サイト内のリスト

  • サイト内のすべての Web パーツ ページ

  • サイト内のすべてのカスタム ページ

  • サイトに適用するテーマまたはマスタ ページ

  • サイド リンク バーに対するすべてのカスタマイズ内容

  • サイトのコンテンツ (リスト ライブラリとドキュメント ライブラリのコンテンツ - 任意)

サイト テンプレートには次の項目は含まれません。

  • セキュリティ設定 (テンプレートの基になったサイトに対する権限を持つユーザーまたはグループの一覧など)

  • Web パーツ ページに対する個人用の設定

  • 作成元サイトの Web ディスカッション

  • 作成元サイトの通知

  • 作成元サイトに追加されている Web パーツ アセンブリ

サイト所有者グループのメンバーまたはサイト テンプレート ギャラリーに対するデザイン権限を持つユーザーは、サイトをカスタマイズし、サイト コレクションの他のユーザーが類似したサイトを後から構築できるように、カスタマイズ後のサイトをサイト テンプレートとして保存することができます。ユーザーは、新しいサブサイトを構築する際に、サーバーまたはサイト コレクションで使用可能なサイト テンプレートの一覧から適切なテンプレートを選択できます。サイト コレクションの管理者は、他のユーザーやソフトウェア ベンダが作成したサイト テンプレートをインポートして、そのテンプレートをサイト コレクションで使用可能なサイト テンプレートの一覧に追加できます。

テンプレート ファイルには、サーバーの URL やユーザー アカウント名などの個人情報が含まれています。このため、テンプレート ファイルは信頼できるユーザーやグループとだけ共有するようにしてください。

ページの先頭へ

ページ レイアウトの概要

ページ レイアウトを使用して、Web ページの全体的な外観を定義できます。ページ レイアウトを使用したページに格納できるコンテンツの種類は、そのページ レイアウトに関連付けられているコンテンツ タイプによって異なります。ページのコンテンツは、そのページ上のフィールドに格納されます。ページを表示または編集するときは、フィールド コントロールにコンテンツが表示されます。ページ レイアウトを作成するときは、Windows SharePoint Services と互換性のある Microsoft Office SharePoint Designer 2007 などの Web 開発ツールを使用してフィールド コントロールを追加します。

ページ上のフィールドの種類は、そのページに関連付けられているコンテンツ タイプによって決まります。各コンテンツ タイプには、ページ上のフィールドに対応する列が定義されています。コンテンツ タイプを作成するときは、各フィールドに対応する列テンプレートをそのコンテンツ タイプに追加します。列テンプレートには、列に関連付けられた既定のフィールド コントロールや、そのフィールドに保存できるコンテンツの種類 (1 行テキスト、ハイパーリンク、画像など) が定義されています。

ページ レイアウトのコンテンツ タイプは、ページ コンテンツ タイプを基盤としており、そのページ レイアウトに基づくページ上で使用可能なフィールドに対応する列を定義しています。ページ コンテンツ タイプは、リソース発行機能を使用して作成されるシステム コンテンツ タイプ テンプレートです。ページ コンテンツ タイプの列テンプレートは、発行機能によって作成されるすべてのページのライブラリに追加されます。

既定では、ページ コンテンツ タイプには、ページ レイアウトに必要ないくつかの列が含まれています。次の表に、これらの既定の列の例を紹介します。

ページ レイアウトの列

説明

スケジュールの開始日

ページがサイト上に公開される日時を格納します。

スケジュールの終了日

ページがサイト上から削除される日時を格納します。

連絡先

ページを作成したユーザーまたはグループの名前を格納します。

連絡先の電子メール アドレス

ページを作成したユーザーの電子メール アドレスを格納します。

連絡先の名前

ページを作成したユーザーの名前を格納します。

連絡先用の画像

ページに関する連絡窓口を担当するユーザーの画像を格納します。

ページ コンテンツ

ページの各インスタンスに関連付けられているページ レイアウトの名前を格納します (statusposting1.aspx、statusposting2.aspx など)。

ページ レイアウトは、マスタ ページ ギャラリーに格納されます。このギャラリーは、Microsoft Office SharePoint Server 2007 のインストール時に作成されるドキュメント ライブラリです。マスタ ページ ギャラリーはカタログであるため、Office SharePoint Server 2007 のリストには表示されません。

ページの先頭へ

優先サイト テンプレートと優先ページ レイアウトを設定する

優先して使用するサイト テンプレートとページ レイアウトを設定し、ユーザーがサブサイトやページを作成する際に提示するには、次の操作を行います。

  1. サイトの操作] メニューの [ ボタン イメージ で、[サイトの設定] をポイントし、[すべてのサイト設定の変更] をクリックします。

  2. [サイトの設定] ページで、[外観] の [ページ レイアウトとサイト テンプレート] をクリックし、次のいずれかまたは両方の操作を行います。

    優先するサイト テンプレートを指定します。

    [サブサイト テンプレート] セクションで、次のいずれかの操作を行います。

    • サブサイトで任意のテンプレートを使用できるようにする場合は、[サブサイトでは任意のサイト テンプレートを使用する] を選択します。

    • サブサイトで使用できる優先テンプレートを指定する場合は、[サブサイトでは次のサイト テンプレートのみを使用する] をオンにします。[サブサイトでは次のサイト テンプレートのみを使用する] チェック ボックスの下に、追加のオプションが表示されます。

      最初のボックスで、追加するテンプレートをクリックして [追加] をクリックします。2 番目のボックスにテンプレートが表示されます。この手順を繰り返し、必要なテンプレートをすべて追加します。

    • すべてのサブサイトに優先テンプレートの設定を継承する場合は、[すべてのサブサイトをリセットして、これらの優先サブサイト テンプレート設定を継承する] チェック ボックスオンにします。

    優先ページ レイアウトを指定します。

    [ページ レイアウト] セクションで、次のいずれかの操作を行います。

    • サブサイトで任意のレイアウトを使用できるようにする場合は、[このサイトのページでは任意のレイアウトを使用する] を選択します。

    • サブサイトで使用できる優先ページ レイアウトを指定する場合は、[このサイトのページでは、次のレイアウトのみを使用する] をオンにします。[このサイトのページでは、次のレイアウトのみを使用する] チェック ボックスの下に、追加のオプションが表示されます。

      最初のボックスで、追加するレイアウトをクリックして [追加] をクリックします。2 番目のボックスにページ レイアウトが表示されます。この手順を繰り返し、必要なレイアウトをすべて追加します。

      ソース バリエーションが設定されている場合は、[バリエーション] ボックスで、ページ レイアウトを適用するソース バリエーションをクリックします。

    • すべてのサブサイトに優先レイアウトの設定を継承する場合は、[すべてのサブサイトをリセットして、これらの優先ページ レイアウト設定を継承する] チェック ボックスをオンにします。

  3. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×