ページ ビューアー Web パーツを追加することにより SharePoint ページ上に Web ページを表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ページ ビューアー Web パーツを使用すると、SharePoint ページ上に Web ページ、ファイル、またはフォルダーを表示できます。コンテンツにリンクするハイパーリンク、ファイル パス、またはフォルダー パスを入力します。

注記: 

  • ページ ビューアー Web パーツは、HTML IFRAME 要素をサポートするブラウザーでのみ使用できます。

  • ファイルやフォルダーを表示するには、Microsoft Internet Explorer が必要です。

このトピックの内容

ページ ビューアー Web パーツを使用する方法

ページ ビューアー Web パーツにより SharePoint ページに Web ページが表示されるしくみ

Web パーツをページに追加する

Web ページ、フォルダー、またはファイルを指定する (カスタム プロパティ)

Web パーツの共通プロパティを構成する

<legacyBold>プロパティ</legacyBold>

レイアウト

詳細設定

ページ ビューア Web パーツの使用方法

ページ ビューア Web パーツは、以下の表示に使用できます。

  • お気に入りのインターネット ニュース ソースを、SharePoint ページの専用のニュース概要セクションに表示できます。

  • 定期的に表示する、サーバー上のアクティブなワークグループ ファイルの一覧。

  • よく使うドキュメントやスプレッドシート。

ページ ビューアー Web パーツにより SharePoint ページに Web ページが表示されるしくみ

ページ ビューアー Web パーツのリンクされたコンテンツは、HTML IFRAME 要素を使用することによりページ上の他のコンテンツから分離されます。この要素により、ページ ビューアー Web パーツ内のコンテンツとして表示されるどの HTML 要素も、ページ上の他の HTML 要素と競合することがなくなります。たとえば、ページに既に HTML FORM 要素が含まれていることがあり、HTML IFRAME 要素内にはなかった HTML FORM 要素が、リンクされたコンテンツにも含まれていた場合は、ページが正しく表示されません。

ページ ビューアー Web パーツには、ページの残りの部分からコンテンツが非同期に表示されます。つまり、リンクがコンテンツを返すまでに時間がかかった場合は、ページ上の他の Web パーツを表示および使用できます。

Web パーツをページに追加する

ページを編集するには、少なくともサイトの "デザイナー" グループのメンバーの権限が必要です。

  1. ページでは、リボンの [ページ] タブをクリックし、 [編集] をクリックします。
    [ページ] タブの [編集] コマンド

    注: [編集] コマンドが無効になっている場合は、ページの編集に必要なアクセス許可を持っていない可能性があります。担当の管理者に問い合わせてください。

  2. ページの Web パーツを追加し、挿入] タブをクリックし、[その他の Web パーツ] をクリックする場所をクリックします。
    [その他の Web パーツ] をクリックする

  3. [カテゴリ] の [メディアおよびコンテンツなどのカテゴリを選択し、コンテンツ エディター] など、ページに追加する Web パーツを選択し、[追加] をクリックします。
    [その他の Web パーツ] ダイアログ ボックス

    Web パーツを選択すると、Web パーツに関する情報が表示されます。

  4. ページの編集が完了したら、[ページ] タブをクリックし、[保存] をクリックします。

    注記: 

    • SharePoint Foundation 2010] で、ページ ビューアー Web パーツがメディアおよびコンテンツカテゴリです。

    • Microsoft SharePoint Server 2010ページ ビューアー Web パーツは、カテゴリの編集ができます。

Web ページ、フォルダー、またはファイルを指定する (カスタム プロパティ)

ページ ビューアー Web パーツのプロパティを編集するには

  • まだページ ビューアー Web パーツを構成していない場合は、[ページ ビューアー Web パーツ] で [ツール ウィンドウを開く] をクリックします。

  • Web パーツをポイントし、下向き矢印をクリックして、[Web パーツの編集] をクリックします。

Web パーツのプロパティがツール ウィンドウに表示されます。以下の説明は、Web パーツのカスタム プロパティの構成に役立ちます。

プロパティ

説明

[Web ページ]、[フォルダ]、[ファイル] グループ

ページ ビューアー Web パーツに表示するコンテンツの種類を指定します。

次のいずれかを選択します。

  • Web ページ     ページ ビューアー Web パーツのコンテンツとして Web ページを表示する場合に選びます。 これを選ぶと、[リンク] テキスト ボックスにはハイパーテキスト転送プロトコル (http://) が自動的に入力されます。 これが既定値です。

  • フォルダー     フォルダー内のファイルの一覧を表示する場合に選びます。

  • ファイル     これを選ぶと、ファイルの内容が表示されます。 ファイルは、別のブラウザー ウィンドウか、ファイルを開くアプリケーションがブラウザー ウィンドウでそのファイルのインラインのライセンス認証をサポートしている場合は Web パーツ内で開かれます。

リンク

ページ ビューア Web パーツに表示するコンテンツにリンクするハイパーリンク、フォルダ、またはファイルを指定します。

  • このセクションの前方で [Web ページ] を選択した場合、有効なハイパーリンクを入力する必要があります。次に示す 2 つの有効なハイパーリンク プロトコルを使用できます。

    • ハイパーテキスト転送プロトコル (http://)

    • SSL (Secure Sockets Layer) 暗号化を使用した、安全なハイパーテキスト転送プロトコル (https://)

      絶対 URL と相対 URL のどちらでも使用できますが、ファイル パスは使用できません。

  • このセクションの前方で [フォルダー] を選択した場合、有効なローカル フォルダーまたはネットワーク フォルダーを入力する必要があります。フォルダーを表示するには、Microsoft Internet Explorer が必要です。

  • このセクションの前方で [ファイル] を選択した場合、有効なファイル パスを入力する必要があります。ファイルを表示するには、Microsoft Internet Explorer が必要です。[参照] をクリックしてファイルを特定することもできます。

Web パーツの共通プロパティを構成する

Web パーツには、その外観、レイアウト、および細かい特性を制御する共通のプロパティがあります。Web パーツのプロパティは、ツール ウィンドウで変更します。

注: ツール ウィンドウに表示される共通の Web パーツ プロパティは、次のいくつかの理由で、このセクションに記載されている内容と異なる場合があります。

  • Web パーツの開発者によって、特定の Web パーツの共通のプロパティが非表示に設定されていたり、ツール ウィンドウの各セクション ([外観]、[レイアウト]、[詳細]) に、以下の表にはないプロパティが作成され、表示されている可能性もある。

  • 1 つ以上の共通プロパティを表示しないように開発できる Web パーツを選択します。さらに、Web パーツの開発者は、作成し、追加のプロパティを表示します。これらのカスタム プロパティは、ツール ウィンドウの外観、レイアウト、または詳細セクションに表示されません。

  • 外観

プロパティ

プロパティ

説明

タイトル

Web パーツのタイトル バーに表示される Web パーツのタイトルを指定します。

高さ

Web パーツの高さを指定します。

Web パーツの幅を指定します。

枠の状態

ユーザーがページを開いたときに、Web パーツ全体がページ上に表示されるかどうかを指定します。既定では、枠の状態が [標準] に設定され、Web パーツ全体が表示されます。この状態を [最小化] に設定した場合は、タイトル バーのみ表示されます。

枠の種類

タイトル バーおよび Web パーツ フレームの枠線を表示するかどうかを指定します。

レイアウト

プロパティ

説明

非表示

ユーザーがページを開いたときに、Web パーツが表示されるかどうかを指定します。このチェック ボックスをオンにした場合、自分がデザインしたページのみ、Web パーツが表示され、タイトルには "(非表示)" という接尾辞が追加されます。

Web パーツを非表示にすることができます。たとえば、Web パーツ接続を介して他の Web パーツにデータを提供する際に、Web パーツそのものは表示したくない場合に使用できます。

方向

Web パーツのコンテンツの文字の方向を指定します。たとえば、アラビア語は右から左に記述され、英語を含むほとんどの欧州言語は左から右に記述されます。Web パーツの種類によっては、この設定を使用できないことがあります。

領域

Web パーツが位置するページ上の領域を指定します。

注: ページ上のゾーンを変更する権限がない場合、ゾーンはリストに表示されません。

領域のインデックス

領域に複数の Web パーツが存在する場合に、その領域内の Web パーツの位置を指定します。

順序を指定するには、テキスト ボックスに正の整数を入力します。

たとえば、上から下に表示される空の領域に Web パーツを追加する場合、領域のインデックスは "0" です。領域の一番下に 2 つ目の Web パーツを追加した場合、領域のインデックスは "1" になります。2 つ目の Web パーツを領域の先頭に移動するには「0」と入力し、1 つ目の Web パーツについては「1」を入力します。

たとえば、上から下に注文が空の領域に Web パーツを追加すると、領域のインデックスは0になります。ゾーンの下に 2 番目の Web パーツを追加すると、その領域のインデックスは1になります。ゾーンの上部には、2 番目の Web パーツを移動するには、 0を入力し、[最初の Web パーツの1を入力します。

注: ゾーン内の各 Web パーツ領域のインデックス一意の値が必要です。このため、現在の領域のインデックスの値を変更する Web パーツも変更できます領域のインデックス値領域内の他の Web パーツの。

詳細

プロパティ

説明

最小化を許可する

Web パーツを最小化できるかどうかを指定します。

閉じるのを許可する

Web パーツをページから削除できるかどうかを指定します。

非表示を許可する

Web パーツを非表示にできるかどうかを指定します。

領域の変更を許可する

Web パーツを別の領域に移動できるかどうかを指定します。

接続を許可する

Web パーツを他の Web パーツに接続できるかどうかを指定します。

個人用ビューでの編集を許可する

Web パーツのプロパティを個人用ビューで変更できるかどうかを指定します。

エクスポート モード

この Web パーツに関してエクスポートを許可するデータのレベルを指定します。構成によっては、この設定が利用できない場合もあります。

タイトル URL

Web パーツの追加情報が格納されたファイルの URL を指定します。このファイルは、Web パーツのタイトルがクリックされたときに、別のブラウザ ウィンドウで表示されます。

説明

Web パーツのタイトルまたは Web パーツのアイコンにマウス ポインターを合わせたときに表示されるポップ ヒントを指定します。このプロパティの値は、ツール ウィンドウの [Web パーツの検索] メニューの [検索] コマンドを使った Web パーツ検索時に使用されます。

ヘルプ URL

Web パーツについてのヘルプ情報を含んだファイルの場所を指定します。Web パーツ メニューの [ヘルプ] コマンドをクリックすると、ヘルプ情報が別のブラウザー ウィンドウで表示されます。

ヘルプ モード

Web パーツのヘルプ コンテンツをブラウザーでどのように表示するかを指定します。

次のいずれかを選択します。

  1. [モーダル] 別のブラウザー ウィンドウで表示されます (ブラウザーがこの機能をサポートしている場合)。元の Web ページに戻るには、ウィンドウを閉じる必要があります。

  2. [モードレス] 別のブラウザー ウィンドウで表示されます (ブラウザーがこの機能をサポートしている場合)。ユーザーは、ウィンドウを閉じなくても元の Web ページに戻ることができます。これが既定値です。

  3. [移動] Web ページが現在のブラウザー ウィンドウで表示されます。

注: カスタムの Microsoft ASP.NET Web パーツそのものはこのプロパティをサポートしていますが、SharePoint の既定のヘルプ トピックは、常に別のブラウザー ウィンドウで表示されます。

カタログ アイコン イメージの URL

Web パーツの一覧で Web パーツ アイコンとして使用するイメージが格納されたファイルの場所を指定します。画像のサイズは 16 × 16 ピクセルであることが必要です。

タイトル アイコン イメージの URL

Web パーツのタイトル バーで使用するイメージが格納されたファイルの場所を指定します。イメージのサイズは 16 × 16 ピクセルであることが必要です。

エラー メッセージのインポート

Web パーツのインポートで問題が発生した場合に表示されるメッセージを指定します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×