ページ サイズを選択する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

文書のページ サイズを選択したり、独自のページ サイズを新たに作成するには、[ページ サイズ] ダイアログ ボックスを使用します。ページ サイズは自由に選択できます。目的のページ サイズが、作成する文書とは別の種類の文書として分類されている場合でも、種類の違いにこだわる必要はありません。

たとえば、メニューを作成しようとする場合、メニュー用の既定の各種ページ サイズの一覧は、文書の種類の [メニュー] カテゴリに用意されています。ただし、文書の種類で [横断幕] をクリックして目的のページ サイズを選択し、横断幕サイズのメニューを作成したり、[ユーザー設定のページ サイズの作成] をクリックすることで、好みのサイズでメニューを作成することができます。

目的

標準のページ サイズを選択します。

ユーザー設定のページ サイズを作成します。

標準ページ サイズを選択する

  1. 文書を作成した後は、文書の書式設定] 作業ウィンドウでオプションを入力するパブリケーション[ページ サイズの変更をクリックします。

    たとえば、メニューを作成した場合は、[メニュー オプション] の [ページ サイズの変更] をクリックします。

  2. 目的のページ サイズを表すアイコンをクリックします。たとえば、[A4 21 x 29.7cm] をクリックします。

    必要なサイズが見つからない場合は、下にスクロールして、他の文書の種類を選び、その種類に用意されているサイズを選択することもできます。たとえば、メニューを横断幕として印刷したい場合は、[ポスター] が表示されるあたりまでスクロールし、目的のページ サイズに合ったアイコンをどれか選んでクリックします。

    注: いくつかの文書の種類はページ サイズがよく似ているため、特定のページ サイズ カテゴリにグループ化されています。たとえば、[3 折パンフレット]、[メニュー]、[チラシ]、[ビジネス書式] の各文書の種類は、[標準] ページ サイズ カテゴリにまとめられています。同様に、[横断幕] と [ポスター] は、[ポスター] ページ サイズ カテゴリにまとめられています。

重要: デザインとテキスト領域が用紙の四隅内にすべて収まるようなページ サイズを選んでください。文書の領域のうち用紙に収まらない部分は一切印刷されません。

ページの先頭へ

ユーザー設定のページ サイズを作成する

文書に異なるページ サイズを使用する場合は (たとえば、広告に B5 のページ サイズを使用するなど)、ユーザー設定のページ サイズを作成できます。ユーザー設定のページ サイズを作成すると、その設定が文書の種類カテゴリのページ サイズ一覧に自動的に追加されます。

  1. 文書を作成した後は、文書の書式設定] 作業ウィンドウでオプションを入力するパブリケーション[ページ サイズの変更をクリックします。

    たとえば、広告を作成した場合は、[広告のオプション] の [ページ サイズの変更] をクリックします。

  2. [広告] の [ユーザー設定のページ サイズの作成] をクリックします。

    ユーザー設定のページ サイズの作成

    注: 任意の文書の種類で [ユーザー設定のページ サイズの作成] をクリックした場合、その文書の種類に新しいページ サイズが表示されます。たとえば、[広告] にある [ユーザー設定のページ サイズの作成] をクリックした場合、新しいページ サイズが広告に表示されます。

  3. [ユーザー設定のページ サイズ] ダイアログ ボックスで、目的のオプションを選択し、ユーザー設定のページ サイズに名前を付け、[OK] をクリックします。

作成したページ サイズを変更、複製、または削除したい場合は、対象となるユーザー設定のページ サイズをポイントし、矢印をクリックして、[編集]、[複製]、[削除] のいずれかをクリックします。

注: 文書の余白を小さくし、ページの使用可能領域を多くとれば、それによって増えた領域に、文書内のオブジェクトを移動することができます。ただし、このように余白を変更した場合でも、印刷対象のオブジェクトが、使用するプリンタの印刷可能な領域に収まるかどうかを確認する必要があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×