ページ出力キャッシュを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

匿名キャッシュ プロファイルと認証キャッシュ プロファイルを使用して、サイトに実装されているユーザー認証方法に従って、キャッシュを最大限に活用できます。ページ出力キャッシュのプロファイルは、特に発行サイトに対して効果があります。

この記事の内容

ページ出力キャッシュを管理します。

サイト コレクションに対してページ出力キャッシュを設定します。

ページ出力キャッシュの設定をサイト レベルで構成します。

ページ レイアウトのページ出力キャッシュを設定します。

ページ出力キャッシュを管理する

各フロントエンド Web サーバーは、表示したページ上のすべてのコントロールによる出力結果をページ出力キャッシュに格納し、その後は、同じページの異なるバージョンをキャッシュに格納していきます。

あるユーザー クラスに属するユーザーがあるページを初めて表示した後、同じユーザーが同じクラスから同じページを表示するときは、該当する .aspx ページ上のコントロールを再実行しなくても HTML を生成できるため、ページが初回よりも速く読み込まれます。つまり、ページの表示にかかる時間が短くなります。ページ出力キャッシュを使用すると、サーバー コントロールの処理やデータベースの呼び出し回数が低減されるため、サーバーの処理能力が向上します。

要求されたページがページ出力キャッシュから読み込まれる場合は、サーバー側で次の処理を実行する必要がありません。

  • データベースからソース コードや必要な Web パーツ コンポーネントをフェッチする。

  • 各コントロールを再度読み込んでレンダリングする。

  • データを表示するためにデータベース サーバーの情報を必要とするコントロールがある場合は、該当するサーバーに対してクエリを実行する。

注: 各ページの各バージョンをページ出力キャッシュに格納するために RAM が消費されるため、フロントエンド Web サーバー上に追加のメモリが必要です。

ページの先頭へ

サイト コレクションのページ出力キャッシュを設定する

  1. ボタン イメージ をクリックし、[サイトの設定] をポイントし、[すべてのサイト設定の変更] をクリックします。

  2. [サイト コレクションの管理] の [サイト コレクション出力キャッシュ] をクリックします。

  3. サイト コレクションの出力キャッシュを有効にするには、[出力キャッシュを有効にする] チェック ボックスをオンにします。

    キャッシュ設定の一覧がページに表示されます。

  4. [既定のページ出力キャッシュ プロファイル] の [匿名キャッシュ プロファイル] ボックスの一覧から、匿名ユーザーに適用するキャッシュ プロファイルを選択します。次に、[認証キャッシュ プロファイル] ボックスの一覧から、認証済みユーザーに適用するキャッシュ プロファイルを選択します。

    この設定によって、サイトに実装されているユーザー認証方法に従って、キャッシュを最大限に活用できます。ページ出力キャッシュのプロファイルは、特にポータル発行ページに対して効果があります。

  5. [ページ出力キャッシュ ポリシー] セクションで、次のいずれかの操作を行います。

    • 発行サイト用に異なるキャッシュ プロファイルを設定するには、[発行サイトで、別のページ出力キャッシュ プロファイルを使用できるようにする] チェック ボックスをオンにします。

    • ページ レイアウト用に異なるキャッシュ プロファイルを設定するには、[ページ レイアウトで、別のページ出力キャッシュ プロファイルを使用できるようにする] チェック ボックスをオンにします。

  6. サイト コレクションのページに関する補足キャッシュ情報を表示するには、[キャッシュのデバック情報] の [ページにキャッシュのデバッグ情報を表示する] チェック ボックスをオンにします。

    ページの最終表示日時などが表示されます。

  7. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

ページ出力キャッシュをサイト レベルで設定する

発行サイト用のページ出力キャッシュを設定するには、次の操作を行います。

  1. ボタン イメージ をクリックし、[サイトの設定] をポイントし、[すべてのサイト設定の変更] をクリックします。

  2. [サイトの管理] の [サイト出力キャッシュ] をクリックします。

  3. [匿名キャッシュ プロファイル] で、次のいずれかの操作を行います。

    • [サイト コレクションの出力キャッシュの設定] ページで構成したサイトの匿名プロファイルを継承するには、継承匿名キャッシュ プロファイルのプロファイルを選択します。

    • 匿名ユーザー用の別のページ出力キャッシュ プロファイルを選択するには、[ページ出力キャッシュ プロファイルを選択する] をクリックします。

  4. [認証キャッシュ プロファイル] で、次のいずれかの操作を行います。

    • [サイト コレクションの出力キャッシュの設定] ページで構成されたサイトの認証済みのプロファイルを継承するには、次のように選択します認証済みのキャッシュ プロファイルのプロファイルを継承します。

    • 認証ユーザー用の別のページ出力キャッシュ プロファイルを選択するには、[ページ出力キャッシュ プロファイルを選択する] をクリックします。

      これらの設定をサイト コレクションのサブサイトに適用する場合は、[これらの設定をすべてのサブサイトに適用する] チェック ボックスをオンにします。

  5. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

ページ レイアウトのページ出力キャッシュを設定する

各ページ レイアウトで使用する認証キャッシュ プロファイルと匿名キャッシュ プロファイルを設定するには、次の操作を行います。

  1. サイトの操作] メニューの [ ボタン イメージ で、[サイトの設定] をポイントし、[すべてのサイト設定の変更] をクリックします。

  2. [ギャラリー] の [マスタ ページとページ レイアウト] をクリックします。

  3. [マスタ ページ ギャラリー] ページで、キャッシュ プロファイルを適用するページ レイアウトの名前をポイントし、表示された矢印をクリックして [チェックアウト] をクリックします。

  4. 同じページ レイアウトを再びポイントし、表示された矢印をクリックして [プロパティの編集] をクリックします。

  5. 次のいずれか、または両方の操作を行います。

    • [認証キャッシュ プロファイル] ボックスで、ページ レイアウトに適用する認証キャッシュ プロファイルを選択します。

    • [匿名キャッシュ プロファイル] ボックスで、ページ レイアウトに適用する匿名キャッシュ プロファイルを選択します。

  6. [OK] をクリックします。

  7. チェックインするページ レイアウトの名前をポイントし、表示された矢印をクリックして [チェックイン] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×