ページレイアウト機能を使いこなそう (4)

この記事は以下の 4 ページから構成されています 。

  1. ページ設定を変えてみよう

    用紙サイズと余白を設定しよう

    行数を設定しよう

    区切りのいいところで改ページしよう

  2. 横書きと縦書きのページを混在させよう

    セクション区切りを挿入しよう

    縦書きにしよう

    縦書き用に数字を修正しよう

  3. ページ余白を利用しよう

    フッターにページ番号を挿入しよう

    ヘッダーにワードアートを挿入しよう

  4. 配布用の文書として仕上げよう(このページ)

    透かし文字を入れよう

    表紙を付けよう

配布用の文書として仕上げよう

文書を配布する場合は、文書の背面に透かし文字を入れたり、表紙を付けたりして見栄えよく仕上げましょう 。

透かし文字を入れよう

文書の重要性、緊急性、機密性を強調したいときは、文書の背面に透かし文字を入れます。

  1. [デザイン] タブの [透かし] をクリックします。

    [デザイン] タブの [透かし] をクリック

    透かし文字が一覧表示されます。

    一覧に目的の透かし文字がある場合は、その透かし文字を選んでクリックします。

    ここでは、自分で透かし文字を設定します。

  2. 一覧から [ユーザー設定の透かし] をクリックします。

    [ユーザー設定の透かし] をクリック

    [透かし] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [テキスト] をクリックし、[テキスト] のボックスに "保存版" と入力します。

    [透かし] ダイアログ ボックスで透かし文字を入力
  4. フォントや文字色などを設定し、[適用] をクリックして文書に挿入された透かし文字を確認します。透かし文字の設定が決まったら、[閉じる] をクリックします。

    [透かし] ダイアログ ボックスで透かし文字を設定

    すべてのページに透かし文字が挿入されます。

ヒント 透かし文字を削除するには ?

[デザイン] タブの [透かし] をクリックし、一覧から [透かしの削除] をクリックします。

ページの先頭

表紙を付けよう

Word には、あらかじめデザインされた表紙のひな形が用意されています。

表紙を簡単に作りたいときに利用してください。

  1. [挿入] タブ の [表紙] をクリックし、好みのデザインをクリックします。 ここでは、"セマフォ" を選択します。

    [挿入] タブ の [表紙] からデザインを選択

    1 ページ目の前に表紙が挿入されます。

    表紙には、タイトルやサブタイトルなどの入力スペースがあらかじめ用意されています。

    表紙のイメージ
  2. [文書のタイトル] の入力スペースをクリックし、"災害への心がまえ" と入力します。

    表紙にタイトルを入力
  3. 同様に、[文書のサブタイトル] には、"自分や家族を守るために" と入力します。

    表紙にサブタイトルを入力
  4. 表紙の右上にある [日付] をクリックし、[▼] をクリックして、カレンダーから発行日を選択します。

    表紙に日付を入力

    選択した日付が入力されます。

  5. 作成者や会社名など、不要な入力スペースは Delete キーで削除します。

    不要な入力スペースの削除

    これで完成です。

    文書の完成イメージ

ヒント 表紙を削除するには ?

[挿入] タブの [表紙] をクリックし、一覧から [現在の表紙を削除] をクリックします。

ページの先頭

<<前へ|1234

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×