ページに表を追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ページに表を追加して、ページ上のテキスト、画像、オブジェクトを構造化できます。表、価格リスト、製品比較、または用語や定義の一覧にあるデータを表示するためにこれを利用することが考えられます。たとえば、従業員の経歴、連絡先、または営業時間を表示するなど、コンテンツを配置するのにも利用できます。この記事では、サイト上の表エディターや他の HTML などの方法を使用して、ページ上のコンテンツを配置または構造化する方法について説明します。

この記事の内容

表を挿入します。

表をカスタマイズする

行と列を追加する

セルを結合する

セルを分割します。

表のサイズを変更する

表のスタイルを変更する

表にテキストまたはオブジェクトを追加する

セル、行、列、または表を削除する

独自の表を作成したり HTML コンテンツを使用する

表を挿入する

  1. 表を追加するページを参照します。

  2. [ページ] タブをクリックします。

  3. [編集] ボタンをクリックします。

  4. ページ上で表を追加する位置をクリックします。

  5. [挿入] タブをクリックします。

  6. [] ボタンをクリックします。
    SharePoint Online の公開 Web サイト上に表を挿入する

  7. 表を作成する方法には次の 2 つがあります。

    • 矢印をクリックして表のグリッド線を展開し、表のグリッド線の上にマウス ポインターを置き、表のセルの目的の番号をクリックします。

    • または、[表の挿入] ボタンをクリックし、目的の列または行の番号を入力し、[OK] をクリックします。

  8. 表をページに追加して、それにコンテンツを追加したり、カスタマイズしたりできます。それらのタスクを以降で説明します。
    SharePoint Online Web サイト上の表

ページの先頭へ

表をカスタマイズする

ページに表を挿入したら、そのカスタマイズを開始できます。行または列の追加や削除、行または列の結合や分割、表のサイズの変更、さらには、外観の変更を行うことができます。

行と列を追加する

セルの行や列を表内に追加し、ページ上でコンテンツをより構造化することができます。それらはカーソルの位置に合わせて、セルの上、下、左、または右に追加できます。行または列全体のみ、個々のセルごとではなく一度に追加できます。

  1. 表を含む Web ページを編集します。

  2. 行または列を追加する表のセルにカーソルを置きます。

  3. [表のレイアウト] タブをクリックします。

  4. 次のいずれかのオプションを選びます。

    • [下に行を挿入] は、選んだセルの下に行を追加します。

    • [上に行を挿入] は、選んだセルの上に行を追加します。

    • [左に列を挿入] は、選んだセルの左側に列を追加します。

    • [右に列を挿入] は、選んだセルの右側に列を追加します。

ヒント:  新しいセルの結果が気に入らない場合は、Ctrl キーを押しながら Z キーを押すか、[テキストの書式設定] をクリックして [元に戻す] を選択することにより、操作を取り消すことができます。

変更がすぐに表に適用されるのがわかります。セル内にテキストまたは画像が含まれている場合、それらは新しくマージされたセルに一緒に配置されます。

ページの先頭へ

セルを結合する

セルを結合する場合、2 つ以上のセルを結合することで、表内のテキスト、画像、その他のオブジェクトが利用できる領域を拡張することができます。互いに上下または左右のセルを結合することはできますが、結合できるのは個別のセルであって、行または列全体はできません。

  1. 表を含むページを編集します。

  2. 結合する表のセルにカーソルを置きます。

  3. [表のレイアウト] タブをクリックします。

  4. [セルの結合] をクリックし、次のいずれかを選びます。

    • [上と結合] は、上のセルと結合します。

    • [下と結合] は、下のセルと結合します。

    • [左と結合] は、左側のセルと結合します。

    • [右と結合] は、右側のセルと結合します。

ヒント:  結合されたセルの結果が気に入らない場合は、Ctrl キーを押しながら Z キーを押すか、[テキストの書式設定] タブをクリックして [元に戻す] を選択することにより、操作を取り消すことができます。

変更がすぐに表に適用されるのがわかります。セル内にテキストまたは画像が含まれている場合、それらは新しくマージされたセルに一緒に配置されます。

ページの先頭へ

セルを分割する

セルを分割すると、1 つのセルが 2 つのセルに分割され、表のコンテンツにさらなる構造を適用できます。セルは横方向または縦方向に分割できますが、分割できるのは個別のセルであって、行または列全体はできません。

  1. 表を含む Web ページを編集します。

  2. 分割する表のセルにカーソルを置きます。

  3. [表のレイアウト] タブをクリックします。

  4. [セルの分割] をクリックし、次のいずれかを選びます。

    • [左右に分割] は、セルを隣どうしの 2 つのセルに分割します。

    • [上下に分割] は、セルを上下の 2 つのセルに分割します。

ヒント:  分割されたセルの結果が気に入らない場合は、Ctrl キーを押しながら Z キーを押すか、[テキストの書式設定] タブをクリックして [元に戻す] を選択することにより、操作を取り消すことができます。

変更がすぐに表に適用されるのがわかります。セル内にテキストまたは画像が含まれる場合、それらは新しいセルではなく、元のセルに残ります。

ページの先頭へ

表のサイズを変更する

表のサイズや表を構成する個々の行や列を変更できます。そのような変更は、表のセルの中により多くのページ コンテンツが収まるようにしたり、他のコンテンツのためにページの残りの領域を増やしたりするために行ってください。表またはセルのサイズは、ピクセル (px) かパーセンテージ (%) で指定できます。行、列、または表全体のみ、個々のセルではなく、一度にサイズを変更できます。

  1. 表を含むページを編集します。

  2. サイズを変更する表の中にカーソルを置きます。

  3. [表のレイアウト] タブをクリックします。

  4. [表の幅] の横に、パーセントまたはピクセルの値を入力します。100% または 700 px 以上を指定すると、ページのコンテンツ領域全体が使われます。

  5. [表の高さ] の横に、パーセントまたはピクセルの値を入力します。段落の数によっても表の高さが決まることに注意してください。

  6. [列の幅] の横に、パーセントまたはピクセルの値を入力します。 100% または 700 px 以上を指定すると、ページのコンテンツ領域全体が使われます。

  7. [列の高さ] の横に、パーセントまたはピクセルの値を入力します。段落の数によってもセルの表の高さが決まることに注意してください。

    ヒント:  サイズが変更された表またはセルの結果が気に入らない場合は、Ctrl キーを押しながら Z キーを押すか、[テキストの書式設定] タブをクリックして [元に戻す] を選択することにより、操作を取り消すことができます。

変更がすぐに表に適用されるのがわかります。セル内にテキストまたは画像が含まれている場合、それらはサイズが変更されたセルに残ります。

ページの先頭へ

表のスタイルを変更する

スタイルの変更、ヘッダーまたはフッター行の指定、表の最初と最後の行または列への特別な書式の適用などを行うことで、表の外観をカスタマイズすることができます。

  1. 表を含むページを編集します。

  2. カスタマイズを行う表にカーソルを置きます。

  3. [デザイン] タブをクリックします。

  4. [表スタイル] オプションで、以下の表スタイル オプションのいずれかを選択します。("淡色" または "クリア" の表スタイルが表に適用されている場合は、書式設定に違いは見られない可能性があります)。

    • [タイトル行] は、表の最初の行に特別な書式を適用します。

    • [フッター行] は、表の最後の行に特別な書式を適用します。

    • [最初の列] は、表の最初の列に特別な書式を適用します。

    • [最後の列] は、表の最後の列に特別な書式を適用します。

  5. 表のスタイルを選びます。各スタイルは、境界線の色、セルの色、ヘッダーまたはフッターの色を変更します。(上記のオプションを選んだ場合、スタイルによっては、ヘッダーとフッターのみを変更します。)

    • [既定の表スタイル - 淡色]: 薄く、灰色で淡色のグリッド境界線です。

    • [表スタイル 1 - クリア]: 境界線は表示されません。

    • [表スタイル 2 - 淡色、帯状]: 薄い灰色の水平線で、1 行おきに灰色の網掛け。

    • [表スタイル 3 - 中間、2 トーン]: 青色のヘッダー、1 行おきに薄い青色の網掛け。

    • [表スタイル 4 - 細線]: 灰色のヘッダー、薄い青色の水平線。

    • [表スタイル 5 - グリッド]: 灰色のグリッド境界線、1 行おきに灰色の網掛け。

    • [表スタイル 6 - アクセント 1]: 青色のグリッド境界線、青色のヘッダー。

    • [表スタイル 7 - アクセント 2]: 薄い青色のグリッド境界線、薄い青色のヘッダー。

    • [表スタイル 8 - アクセント 3]: 緑色のグリッド境界線、緑色のヘッダー。

    • [表スタイル 9 - アクセント 4]: オリーブのグリッド境界線、オリーブのヘッダー。

    • [表スタイル 10 - アクセント 5]: 赤色のグリッド境界線、赤色のヘッダー。

    • [表スタイル 11 - アクセント 6]: 紫色のグリッド境界線、紫色のヘッダー。

  6. 表のグリッド線を表示または非表示にするには、[グリッド線の表示] をクリックします。これは、[スタイルのクリア] を適用するか、表の境界線を非表示にしているけれども表を使うためにそれを表示する必要がある場合のための視覚補助です。

変更がすぐに表に適用されるのがわかります。セル内にテキストまたは画像が含まれる場合、それらは新しいスタイルが適用された元のセルに残ります。

ページの先頭へ

表にテキストまたはオブジェクトを追加する

表のカスタマイズが終了したら、テキスト、グラフィックス、ここで説明したようなその他のオブジェクトなどのコンテンツを表に追加する準備が整いました。

  1. 表を含むページを編集します。

  2. コンテンツを追加する表のセルの中にカーソルを置きます。

  3. テキストを追加するには、表のセルの中にテキストを入力するか、貼り付けます。フォントやフォント サイズを変更するには、[テキストの書式設定] タブをクリックし、そこからフォント設定を選びます。

  4. 画像、ビデオ、または別のオブジェクトを挿入するには、[挿入] タブをクリックして、任意の Web ​​ページに挿入するのと同様にオブジェクトを挿入します (画像またはビデオが表のセルよりも大きい場合、画像やビデオに合わせて表のセルのサイズが自動的に変更されます)。

テキスト、画像、またはオブジェクトを削除するには、セルの中でそれらを選び、キーボードの Del キーを押します。

ページの先頭へ

セル、行、列、または表を削除する

必要に応じて、個々のセル、行、列、または表全体を削除できます。

  1. 表を含むページを編集します。

  2. 削除するセル、行、列、または表の中にカーソルを置きます。

  3. [表のレイアウト] タブをクリックします。

  4. [削除] をクリックし、次のいずれかを選びます。

  5. [セルの削除] は、カーソルを置いたセルを個別に削除します。

  6. [列の削除] は、カーソルを置いた列を削除します。

  7. [行の削除] は、カーソルを置いた行を削除します。

  8. [表の削除] は、カーソルを置いた表全体を削除します。

  9. ページ上の表またはコンテンツのカスタマイズを続行します。

ページの先頭へ

独自の表を作成したり HTML コンテンツを使用する

ユーザー設定の表を作成したり、独自の HTML コードを使ってページ上にコンテンツを配置したりするには、Expression Web または Dreamweaver などの Web ページ エディターで HTML コードを追加します。

  1. 表または HTML コンテンツを追加するページを編集します。

  2. [テキストの書式設定] タブをクリックし、[マークアップ] で [ソースの編集] をクリックします。
    SharePoint Online の公開 Web サイト上のソースを編集する

  3. [HTML ソース] ウィンドウで、ユーザー独自の HTML を入力または貼り付けるか、既存のソース コンテンツを修正します (たとえば、DIV タグを適用します)。[HTML ソース] ウィンドウは、Web サイトの一部から別の部分に表をコピーするのにも便利で、表を再作成したり、カスタマイズを行ったりするよりも迅速です。

  4. [OK] をクリックし、ページを保存します。

ヒント:  ページのコンテンツのレイアウトと配置をさらにカスタマイズするには、独自のページ レイアウトを作成する必要があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×