ページに画面の領域を挿入します。

優れた方法を変更または有効期限が切れる最終的にコンテンツを保持するのには、コンピューターの画面で視覚的な情報を取得、最新のニュース記事などの時間に依存リスト。OneNote を使用するには、コンピューター画面の任意の部分の画面の領域を取得し、ノートに画像として追加します。

  1. (Web ページやその他のアプリケーションなど) の取り込みたい情報を取り込む表示にします。

  2. OneNote に切り替え、画面の領域を挿入したい場所にカーソルを合わせます。

  3. [挿入]、[画面の領域] の順に選びます。

    OneNote 2016 の [画面の領域の挿入] ボタンのスクリーンショット

    OneNote が最小化され、最後の表示が淡色表示された画面に戻ります。

  4. マウスまたは指を使用して、取り込みたい画面の領域を選びます。

選択を行った後、選択範囲はノートの画像として表示されます。 また、画像は Windows のクリップボードにもコピーされ、ノートブックの別のページまたは他のアプリに画面の領域を貼り付ける (Ctrl + V) ことができます。

注: 画面の領域は、情報のスナップショットを表す静的画像です。情報のソースが更新されても、画面の領域は保存時と同じ状態です。画面の領域と元のソース間のリンクはありません。ただし、OneNote の画像から単語を抽出し、編集可能なテキストとして貼り付けることができます。

ショートカット キーを使って、alt キーを押しながら N キーを押しながら R キーを押して、画面の領域を開始する場合。

Windows のシステム トレイで OneNote アイコンを使う

Windows のシステム トレイで OneNote アイコンをクリックしていた場合は、そのアイコンが Windows 10 で表示されないことに気付くことでしょう。 そのアイコンを表示する方法は次のとおりです。

  1. 画面の左下隅で Windows アイコンをクリックし、[設定] をクリックします。

  2. Windows の設定] ウィンドウで検索タスク バーに表示されるアイコンを選択します。

  3. OneNote ツールに送信] の横にあるには、に、表示/非表示を変更します。

[OneNote ツールに送る] ツールがシステム トレイに表示されたら、それを使い始めることができます。 アイコンの動作を変更するには、アイコンを右クリックして [OneNote アイコンの既定値] をポイントし、[新しいクイック ノート]、[OneNote を開く]、[画面の領域の取り込み] のいずれかを選びます。

システム トレイと OneNote オプションのスクリーンショット。

注: アイコンをクリックすると、 OneNote の場所を選択] ダイアログが表示されます。ただし、 Windows 10 の作成者 Updateと (Windows と shift キーを押しながら S) を表示するキーボード ショートカットが変更されました。そのショートカットを使用して、画面の領域がすぐにクリップボードに移動、ように、OneNote を含め、すべてのアプリケーションに貼り付けることができます。

Microsoft Office OneNote 2007 を使用すると、コンピューター画面の一部を画像として取得して、ノートに挿入できます。このような画像は画面の領域と呼ばれ、数ピクセルの小さなものから、画面の高さと幅全体に相当する大きなものまであります。画像には、選択した領域に含まれるすべてが表示され、ノートやクリップボードに貼り付けることができます。

画面のキャプチャを作成する

画面の領域は、ニュース速報や、旅行関連の Web サイトの空席状況と運賃の一覧など、変更の可能性や期限のある情報のスナップショットを取り込むのに便利です。また、他の方法では正常に転送できない書式を持つ Web ページやその他のソースの情報をノートにコピーする場合にも役立ちます。画面の領域は、そのソースとはリンクされません。

目的に合ったトピックをクリックしてください

画面の領域をノートに挿入する

OneNote タスクバー アイコンから画面の領域を作成する

画面の領域の既定オプションを設定する

画面の領域をノートに挿入する

OneNote で画面の領域を作成し、ノートの特定の場所に挿入するには、次の操作を行います。

  1. 画面の領域に取り込む情報を画面に表示します。たとえば、画像として取り込む Web ページに移動します。

  2. OneNote で、画面の領域を追加するノートのページにマウス ポインターを置きます。

  3. [挿入] メニューの [画面の領域] をクリックします。

    OneNote が最小化され、最後にアクティブだったウィンドウが少し淡色で表示されます。

  4. ポインターをドラッグして、取り込む画面の領域が含まれるように四角形の選択範囲を作成します。たとえば、取り込む領域の右下隅から開始して、左上まで斜めにポインターをドラッグします。

  5. マウス ボタンを放すと、選択範囲が画像として取り込まれ、ノートのページに挿入されます。この選択範囲は、クリップボードにもコピーされるので、ノートブックの別のページや他のプログラムでも画面の領域を使用できます。

ページの先頭へ

OneNote タスクバー アイコンから画面の領域を作成する

OneNote を起動させずに画面の領域を作成するには、次の操作を行います。

  1. タスク バーの通知領域にある OneNote アイコンを右クリックします。

    OneNote 2007 のタスク バー アイコン

    注: 通知領域に OneNote アイコンが表示されない場合は、[ツール] メニューの [オプション] をクリックします。[分類] の一覧で [その他] をクリックし、[タスク バーの通知領域に OneNote のアイコンを追加する] チェック ボックスをオンにします。

  2. ショートカット メニューの [画面の領域の取り込み] をクリックします。

  3. ポインターをドラッグして、取り込む画面の領域が含まれるように四角形の選択範囲を作成します。たとえば、取り込む領域の右下隅から開始して、左上まで斜めにポインターをドラッグします。

    マウス ボタンを放すと、選択範囲が画像として取り込まれ、[落書きノート] セクションの新しい空白のページに挿入されます。このページは、開いているノートブックの任意のセクションに移動したり、ノートの既存のページに画面の領域を貼り付けたりすることができます。

ページの先頭へ

画面の領域の既定オプションを設定する

  1. タスク バーの通知領域にある OneNote アイコンを右クリックします。

    OneNote 2007 のタスク バー アイコン

    注: 通知領域に OneNote アイコンが表示されない場合は、[ツール] メニューの [オプション] をクリックします。[分類] の一覧で [その他] をクリックし、[タスク バーの通知領域に OneNote のアイコンを追加する] チェック ボックスをオンにします。

  2. ショートカット メニューで [オプション]、[画面の領域の取り込みの既定値] の順にポイントし、次のいずれかの既定の操作をクリックして、画面の領域を作成するたびに実行されるようにします。

    • [クリップボードに画像をコピーする   ] この設定では、画面の領域をノートに自動的に貼り付けず、コンピューターのメモリ内に一時的に保存します。取り込んだ画像は、OneNote やその他のプログラムで Ctrl キーを押しながら V キーを押して手動で貼り付けます。

    • [クリップボードおよび落書きノートに画像をコピーする (画像を表示する)   ] この設定では、画面の領域がコンピューターのメモリ内に一時的に保存される上、取り込んだ画像のコピーが [落書きノート] セクションの新しいページに貼り付けられます。このオプションをオンにすると、OneNote プログラム ウィンドウがアクティブになり、貼り付けられた画像の領域を含むノート ページが表示されます。

    • [クリップボードおよび落書きノートに画像をコピーする (画像は表示しない)   ] この設定では、画面の領域がコンピューターのメモリ内に一時的に保存される上、取り込んだ画像のコピーが [落書きノート] セクションの新しいページに貼り付けられます。このオプションをオンにすると、現在のウィンドウがアクティブのままになり、OneNote のウィンドウは前面に移動しません。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×