ページにビデオまたはオーディオを追加する

ページにビデオまたはオーディオを追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint ページには、(ビデオ、オーディオ、または画像を) などのメディアを追加できます。メディア ファイルは、お使いのコンピューターから、SharePoint、またはファイル共有などの別の場所から取得できます。ビデオを YouTube、Vimeo、Hulu などの web サイトを共有しているビデオを埋め込むことができます。

警告: .WAV 形式で音声ファイルをアップロードすると、多くのブラウザーで、ファイルが機能しないことを示すメッセージが表示される場合があります。メッセージには "この形式のリソースは、Media Player Web パーツで再生できません" とありますが、これは Chrome を除くすべてのサポートされているブラウザーには当てはまりません。メッセージを無視して、ファイルのアップロードを続けてください。

重要: この手順を実行するには、ページを編集するための権限が必要です。

SharePoint ページにビデオを挿入します。
  1. メディアを追加するページに移動します。

  2. [ページ] タブを選びます。リボンの [編集] をクリックします。

  3. ページの編集可能な領域内をクリックします。

  4. [挿入] タブを選び、リボンの [メディア] グループで、[ビデオと音声] をクリックします。

    [編集] リボン ビデオまたはオーディオ] ボタンを挿入します。

  5. 次のオプションが表示されます。

    • コンピューターから

    • 埋め込む

    • SharePoint から

    • [アドレスから

    これらのオプションのいずれかでメディアを挿入する方法については、以下のリンクのどれかをクリックしてください。

コンピューター上からファイルをアップロードするには、次の手順に従います。

  1. [コンピューターから] をクリックします。

  2. ブラウザーでファイルの場所を確認してファイルを選び、[開く] をクリックします。

  3. ファイルを保存する場所を指定します。
    保存先にはアセット ライブラリを指定することをお勧めします。メディア ライブラリはメディアを保存するのに適した場所です。初めから、イメージのプレビュー機能やビデオのサムネイル表示機能があります。これらの機能により、メディア ファイルを扱うのが容易になります。
    メディア ファイルにメディア ライブラリを設定する方法に詳細については、「イメージ、音声、またはビデオのファイルを保存するようにライブラリを設定する」をご覧ください。

  4. [OK] をクリックします。

ビデオ共有 web サイトなど、YouTube、Vimeo、Hulu、または類似したサイトからビデオを埋め込む、基本的な手順に従います。

ビデオのサイトでは、次の操作を行います。

  1. 使用するビデオを表示します。

  2. 検索し、[ビデオの [共有] をクリックします。

  3. によっては、サイト、埋め込みのリンクをクリックする必要がありますかがあります。キーを押して、埋め込みコード] をクリックします。Ctrl + Cコピー、または右クリックし、ショートカット メニューから [コピー ] をクリックします。

セキュリティ メモ:  セキュリティ上の理由から、SharePoint では <iframe> タグという埋め込みコードのみをサポートしています。

SharePoint サイトでは、次の操作を行います。

  1. [埋め込み] をクリックします。

  2. 次に、埋め込みコードをダイアログ ボックスに貼り付けます。

    ビデオ共有サイトからコピーされたビデオを埋め込む <iframe> 埋め込みコードのスクリーンショットです。 この埋め込みコードは架空のものです。

    ヒント:  通常、大手のビデオ共有 Web サイトでは、容易にビデオの埋め込みコードを確認することができます。[埋め込み] または [共有] オプションを確認し、画面に表示される指示に従って、埋め込みコードを表示します。埋め込みコードが表示されたらコピーして、上で示した画像のように、コードを貼り付けます。

  3. [挿入] をクリックします。

SharePoint サイト上にあるビデオを追加するには、次の手順に従います。

  1. [SharePoint から] をクリックします。 メディアの選択画面が開くので、目的のフォルダーまたはライブラリを表示します。

  2. ビデオや音声ファイルが保存されている、[メディア ライブラリ] などの場所を表示します。

  3. 目的のファイルを選び、[挿入] をクリックします。

ビデオを追加するには、web 上の別の場所から、次の手順に従います。

  1. [アドレスから] をクリックします。

  2. 使用するファイルの URL を入力し、[OK] をクリックします。URL はビデオ ファイルの場所を直接指し示す必要があります。たとえば、「http://contoso.com/VideoFile.wmv」と入力します。

SharePoint では、ページにビデオや音声を追加すると、メディア Web パーツが挿入されます。メディアを追加した後に、Web パーツをカスタマイズすることができます。たとえば、サイズや位置の変更、タイトルの編集、カタログ アイコンの追加などを行うことができます。

ページ上のメディア Web パーツに変更を加えたい場合は、次の手順に従います。

  1. ビデオを含むページに移動します。

  2. [ページ] タブを選び、[編集] をクリックします。

  3. ページ上にビデオが表示されているとき、ビデオのイメージの任意の場所をクリックして、[メディア] タブとリボンを開きます。

    [編集] リボンの [メディア] タブ

  4. リボン上の [プレビュー] グループで [イメージの変更] をポイントし、音声 ファイルまたはビデオ ファイルのプレビューとして表示するイメージ ファイルを選びます。プレビュー イメージを更新しない場合は、ファイルの形式に基づいた既定のイメージが表示されます。

  5. [プロパティ] グループでは、表示されるタイトルの入力や変更ができます。また、ページがロードされたときに自動的にファイルを再生するかどうかや、停止するまで繰り返し再生するかどうかなどを指定することもできます。

  6. リボンの [プレーヤーのスタイル] で [スタイル] をポイントすると、プレーヤーに設定するスタイルを選べます。

  7. リボンの [サイズ] でプレーヤーの横と縦のサイズを変更することもできます。

  8. メディア Web パーツを編集するには、メディア タイトルにマウス ポインターを置くし、[メディア Web パーツ] メニューを開くに表示される矢印をクリックします。

    Web パーツの編集を選択する web パーツ] メニュー

  9. [Web パーツの編集] を選び、画面の横で編集ウィンドウを開きます。

  10. Web パーツの編集パネルで、変更するプロパティを選びます。変更が完了したら、[適用] をクリックします。

    メディアの Web パーツの [編集] パネルに、構成するプロパティの一部が表示されているスクリーンショット

  11. [OK] をクリックして編集ウィンドウを閉じ、元のページに戻ります。

  12. ページに対する変更が完了したら、[ページ] タブを選び、[保存] をクリックします。ページがチェックアウトされている場合は、警告のメッセージとリンクが表示されるので、チェックインします。

メディア Web パーツは、HTML5 のビデオを使用し、asf、avi、mpg、mp3、mp4、ogg、ogv、webm、wma と wmv ビデオ形式サポート

クラシック Silverlight メディア Web パーツには、asf、mp3、mp4、wma、および wmv がサポートしています。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×