ページにダイナミック コンテンツを追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

コンテンツのクエリ Web パーツを使用して、コンテンツをダイナミックに表示することができます。表示されるコンテンツを指定するクエリと、ページ上でのコンテンツの表示を決定する表示設定は、カスタマイズすることができます。

この記事の内容

コンテンツ クエリとは何ですか。

クエリを作成します。

データの表示をカスタマイズします。

コンテンツ クエリとは

コンテンツ クエリとは、絶えず変化するアイテムを Web ブラウザで作成されたクエリに基づいて表示する Web パーツのことです。クエリを使用して、表示されるアイテムを指定します。完成したページでのアイテムの表示は、表示オプションを設定することによって指定することができます。

コンテンツのクエリ Web パーツによって表示されるアイテムには、常に、ページ閲覧者がアクセスを許可されているクエリによって取得される最新のアイテムが反映されます。クエリは、コンテンツのクエリ Web パーツを含むページが表示されるたびに実行されます。新しいコンテンツが追加され、そのコンテンツがクエリの抽出条件と一致すると、そのコンテンツはコンテンツのクエリ Web パーツにより自動的に表示されます。

注: 新しいコンテンツが追加されてから、そのコンテンツがコンテンツのクエリ Web パーツによって表示されるまでの間に、数分の遅延があることがあります。

コンテンツのクエリ Web パーツをページに追加したら、次にその Web パーツを編集して、表示するアイテムやその表示方法を変更します。コンテンツのクエリ Web パーツを編集するには、Web パーツの右上隅にある [編集] をクリックし、[共有 Web パーツの変更] をクリックします。新しいツール ウィンドウが開き、コンテンツのクエリ Web パーツの設定が表示されます。

設定は、次の 5 つのカテゴリに分類されます。

  • クエリ     クエリを作成するのにには、これらの設定を使用します。これらの設定についての詳細については、「クエリを作成する」を参照してください。

  • プレゼンテーション     クエリから取得されるアイテムのプレゼンテーションをカスタマイズするのには、これらの設定を使用します。これらの設定についての詳細については、「データの表示をカスタマイズする」を参照してください。

  • 外観     自身の Web パーツの外観を調整するのには、これらの設定を使用します。これらの設定を変更することによって、Web パーツのタイトル、高さ、幅、および chrome (デザインとナビゲーション要素 Web パーツを) を変更できます。これらの設定についての詳細については、「 Web パーツ カスタマイズをする」を参照してください。

  • レイアウト     Web パーツのレイアウトを調整するのにには、これらの設定を使用します。Web パーツが表示されているかどうかを変更する、(上、左の列、または右側の列) の方向 (左から右、右から左、またはどちらも)、Web パーツ ゾーンをあるかどうかが表示されたら、および Web パーツの領域のインデックス。これらの設定についての詳細については、「 Web パーツ カスタマイズをする」を参照してください。

  • 高度な     さまざまな高度な Web パーツのオプションを調整するのにには、これらの設定を使用します。これらの設定についての詳細については、「 Web パーツ カスタマイズをする」を参照してください。

ページの先頭へ

クエリを作成する

次の [クエリ] の設定を使用して、クエリにより取得されるコンテンツを指定することができます。

  • [ソース]     クエリの範囲を決定します。これは必須の設定です。この設定には、次の 3 つのオプションがあります。

    • [このサイト コレクションのすべてのサイトからアイテムを表示する]     サイト コレクション全体に対してクエリを実行する場合は、このオプションを選択します。これは既定の設定です。

    • [以下のサイトおよびそのサブサイトからアイテムを表示する]     サイト コレクション内の特定のサイトに対してクエリを実行する場合は、このオプションを選択します。サイトのアドレスを入力することもできますが、[参照] ボタンを使用してサイトを選択することをお勧めします。[参照] をクリックすると、[サイトの選択] ダイアログ ボックスが開き、サイト コレクションがツリー ビューで表示されます。クエリ対象のサイトをクリックし、[OK] をクリックします。

    • [以下のリストからアイテムを表示する:]     サイト コレクション内の特定のリストまたはライブラリに対してクエリを実行する場合は、このオプションを選択します。リストのアドレスを入力することもできますが、[参照] ボタンを使用してリストまたはライブラリを選択することをお勧めします。[参照] をクリックすると、[リストまたはライブラリの選択] ダイアログ ボックスが開き、サイト コレクションがツリー ビューで表示されます。クエリ対象のリストまたはライブラリが特定のサイト内にある場合は、そのサイトの名前の横にあるプラス記号 (+) をクリックします。クエリ対象のリストまたはライブラリが表示されたら、それをクリックし、[OK] をクリックします。

  • [リストの種類]     これは必須の設定です。サイト コレクションに含まれている種類であれば、どの種類でも選択することができます。既定の設定は、[ページ ライブラリ] です。この設定で選択するリストの種類に応じて、クエリの範囲内にあるどのリストまたはライブラリがクエリによって処理されるかが決定されます。

  • コンテンツ タイプ     コンテンツ タイプの 2 つの設定:コンテンツの種類] グループおよびコンテンツの種類。これらの設定はオプションです。これらの設定を使用して、サイト コレクションに対して定義されている特定のコンテンツ タイプのアイテムにクエリを制限することができます。

  • [対象ユーザーの設定]     これは任意の設定です。[対象ユーザーの設定] を選択すると、クエリにより、ページ閲覧者が対象ユーザーとして設定されているコンテンツのみが表示されるようコンテンツがフィルタされます。対象ユーザーの定義は、システム全体で適用されるため、コンテンツのクエリ Web パーツを使用して変更することはできません。この設定は、[対象ユーザーの設定] を Web パーツに適用するかどうかを指定するのみです。

    [対象ユーザーの設定] を選択すると、[対象かどうかが不明なアイテムを常に表示する] を選択できるようになります。この設定を選択すると、ページ閲覧者が対象ユーザーであるかどうかに関係なく、対象ユーザーが明示的に設定されていないすべてのコンテンツがクエリによって取得されます。この設定を選択することなく [対象ユーザーの設定] を選択した場合、対象ユーザーが明示的に設定されていないコンテンツはクエリによって取得されません。

  • その他のフィルター     この設定はオプションです。さらにクエリを取得するコンテンツを制限するのには、この設定を使用できます。比較演算子、フィルター フィールドを選択し、条件を入力します。たとえば、Toni Poe によって作成されたアイテムにクエリの結果を絞り込むフィルター フィールド作成者比較演算子は値に等しい] 条件 Toni Poe を使用することができます。

    [追加フィルタ] 設定では、最大で 3 つのフィルタを指定できます。複数のフィルタを使用する場合、2 つめのフィルタ (および 3 つめのフィルタ) の前に [かつ] または [または] を使用して、すべてのフィルタがいかに連携して適用されるかを指定する必要があります。

ページの先頭へ

データの表示をカスタマイズする

次の [プレゼンテーション] の設定を使用して、クエリにより取得されるコンテンツの表示をカスタマイズすることができます。これらはすべて任意の設定です。

  • [グループ化と並べ替え]     クエリにより取得されるアイテムを整理するための設定です。

    • [アイテムのグループ化キー]     アイテムをグループに分類するのに使用するフィールドを選択します。たとえば、作成者別にアイテムをグループ化する場合は、[作成者] を選択します。

      グループ化の基準となるフィールドを選択するとき、[昇順でグループを表示する] および [降順でグループを表示する] を使用して、アイテムを昇順で整列するか降順で整列するかを指定できます。

    • [列数]     アイテムを整列するのに使用する列の数を指定します。アイテムの整列に使用できる列の数は最大で 5 つです。

    • [アイテムの並べ替えキー]     アイテムの並べ替えに使用するフィールドを選択します。アイテムをグループ化した場合、アイテムはこの設定で選択するフィールドを基準としてグループ内で並べ替えられます

      並べ替えの基準となるフィールドを選択するとき、[昇順でアイテムを表示する] および [降順でアイテムを表示する] を使用して、アイテムを昇順で整列するか降順で整列するかを指定できます。

    • [表示するアイテム数を制限する]     表示されるアイテムの数を制限することができます。制限を指定しなければ、クエリによって取得されるすべてのアイテムが表示されます。アイテムが多数ある場合は、すべてのアイテムが表示されるようページが拡張されます。

  • [スタイル]     グループまたはアイテムに視覚スタイルを適用するための設定です。

    • [グループ スタイル]     グループ名に適用するスタイルを選択します。たとえば、アイテムを作成者別にグループ化する場合、各アイテム グループの見出しには作成者名が使用され、作成者名はこの設定で指定するスタイルで表示されます。

    • [アイテムのスタイル]     アイテムに適用するスタイルを選択します。

  • [フィード]     コンテンツのクエリ Web パーツが RSS フィードとして機能するように設定することができます。これにより、ページの閲覧者は、ページに再アクセスすることなく、表示された新しいアイテムを受信できるよう、Web パーツのクエリ結果を購読することができます。この設定は、RSS フィードのタイトルと説明を指定するために使用します。

    • [フィードのタイトル]     RSS フィードの名前を入力します。この名前により、購読者は RSS リーダーのフィードを識別することができます。

    • [フィードの説明]     RSS フィードの説明を入力します。この説明により、購読者は RSS リーダーのフィードを識別することができます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×