ベスト プラクティス:DFS を使用するインストールの手順

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ベスト プラクティス ガイドには、展開の推奨事項と、Office 365 の製品グループおよび Microsoft サービスの配信エキスパートによる実際の例が含まれています。すべての記事の一覧は、「Best practices guide for deploying Office 365 ProPlus」 (Office 365 ProPlus の展開に関するベスト プラクティス ガイド) を参照してください。

この記事では、既存の分散ファイル システム (DFS) を利用して Office 365 ProPlus をインストールおよび管理する方法について説明しています。また、アーキテクチャ コンポーネントの概要についても説明します。

DFS から Office 365 ProPlus を展開する

DFS フォルダー構造を作成する

ネットワーク共有で次のフォルダー構造を作成します。

フォルダーのパス

目的

\\Server\Share\O365

これは、Office 365 ProPlus のすべての関連アイテムを保存する親フォルダーです。

\\Server\Share\O365\MC

パイロット ユーザーを受信する、最新のOffice 365 ProPlus 月次チャネルビルドを保存するのにには、このフォルダーを使用します。

\\Server\Share\O365\SACT

このフォルダーを使用すると、運用前のユーザーが表示されますが、最新Office 365 ProPlus 半期チャネル (対象指定)ビルドを格納できます。

\\Server\Share\O365\SAC

このフォルダーを使用すると、運用のユーザーが表示されますが、最新Office 365 ProPlus 半期チャネルビルドを格納できます。生産チャンネルに半期チャネル必要があります。

\\Server\Share\O365\Archive\%channel%

このフォルダーを使用して、ロールバックまたはダウングレードが必要な場合に備えて、N-1 の既知の良好なビルドをホストします。

Office 365 ProPlus ビルドをダウンロードする

ダウンロードには、最新のチャネル リリース向けの Office 365 ProPlus ビルドが含まれます。展開するすべての製品と言語を指定します。

XML ファイルのパラメーターと設定については、「リファレンス: Office 展開ツールのオプションの構成」を参照してください。Project 2016 と Visio 2016 のボリューム ライセンスのパラメーターについては、「Office 展開ツールを使用して Visio 2016 および Project 2016 のボリューム ライセンス エディションをインストールする」をご覧ください。XML ファイル作成用のグラフィカル UI については、Office GitHub リポジトリにある Office クイック実行構成 XML エディターをご覧ください。

ダウンロード毎月チャンネルの作成

  1. 最新の月次チャネルビルドをダウンロードしてください。XML 例については、優先プラクティス - ダウンロードの XML の例を参照してください。

  2. GetLatestMCBuild.xmlとして構成ファイルを保存します。

  3. Office 展開ツール (setup.exe) が \\Server\Share\O365 にあることを確認します。

  4. \\Server\Share\O365\MC GetLatestMCBuild.xmlをにコピーします。

  5. 管理者権限を持つ管理者特権のコマンド プロンプト、 \\Server\Share\O365\Setup.exe/Download \\Server\Share \O365\MC\GetLatestMCBuild.xmlを実行します。

  6. 実行すると、Office 展開ツール最新のOffice 365 ProPlus 月次チャネルビルド\\Server\Share\O365\MCにダウンロードされます。

ビルドのダウンロード半年チャンネル (対象)

  1. 最新の半期チャネル (対象指定)ビルドをダウンロードしてください。XML 例については、優先プラクティス - ダウンロードの XML の例を参照してください。

  2. GetLatestSACTBuild.xmlとして構成ファイルを保存します。

  3. Office 展開ツール (setup.exe) が \\Server\Share\O365 にあることを確認します。

  4. \\Server\Share\O365\SACT GetLatestSACTBuild.xmlをにコピーします。

  5. 管理者権限を持つ管理者特権のコマンド プロンプト、 \\Server\Share\O365\Setup.exe/Download \\Server\Share\O365\SACT\GetLatestSACTBuild.xmlを実行します。

  6. 実行すると、Office 展開ツール最新のOffice 365 ProPlus 半期チャネル (対象指定)ビルド\\Server\Share\O365\SACTにダウンロードされます。

ダウンロード半年チャンネルの作成

  1. 最新の半期チャネルビルドをダウンロードしてください。XML 例については、優先プラクティス - ダウンロードの XML の例を参照してください。

  2. GetLatestSACBuild.xmlとして構成ファイルを保存します。

  3. Office 展開ツール (setup.exe) が \\Server\Share\O365 にあることを確認します。

  4. \\Server\Share\O365\SAC GetLatestSACBuild.xmlをにコピーします。

  5. 管理者権限を持つ管理者特権のコマンド プロンプト] から実行 \\Server\Share\O365\Setup.exe/Download \\Server\Share\O365\SAC\GetLatestSACBuild.xmlします。

  6. 実行すると、Office 展開ツール最新のOffice 365 ProPlus 半期チャネルビルド\\Server\Share\O365\SACにダウンロードされます。

Office 365 ProPlus をインストールして、古いバージョンの Office を削除する

Office 365 ProPlus をインストールして、古いバージョンの Office – 毎月チャンネル ビルドを削除します。

  1. 展開するワークステーションに OffScrub をコピーします。

  2. 管理者特権のコマンド プロンプトから、適切なコマンド ライン スイッチを指定して OffScrub.vbs を実行します。

  3. Offscrub.vbs のスクリプトに含まれる OffScrub の終了コードを確認します。

    注: OffScrub の各バージョンのエラー/成功コードは同じか似ています。各スクリプトでそれぞれのコードを確認します。

  4. 管理者権限を持つ管理者特権のコマンド プロンプト、 \\Server\Share\O365\Setup.exe/Configure \\Server\Share\O365\MC\MC_configuration.xmlを実行します。

  5. インストール ログを確認します。

  6. ワークステーションを再起動し、OffScrub の処理中にレジストリからクリアされなかったすべてのファイルをクリーンアップします。

Office 365 ProPlus をインストールして、古いバージョンの Office – 半年チャンネル (対象) ビルドを削除します。

  1. 展開するワークステーションに OffScrub をコピーします。

  2. 管理者特権のコマンド プロンプトから、適切なコマンド ライン スイッチを指定して OffScrub.vbs を実行します。

  3. Offscrub.vbs のスクリプトに含まれる OffScrub の終了コードを確認します。

    注: OffScrub の各バージョンのエラー/成功コードは同じか似ています。各スクリプトでそれぞれのコードを確認します。

  4. 管理者権限を持つ管理者特権のコマンド プロンプト、 \\Server\Share\O365\Setup.exe/Configure \\Server\Share\O365\SACT\SACT_configuration.xml.xmlを実行します。

  5. インストール ログを確認します。

  6. ワークステーションを再起動し、OffScrub の処理中にレジストリからクリアされなかったすべてのファイルをクリーンアップします。

Office 365 ProPlus をインストールして、古いバージョンの Office – 半年チャンネル ビルドを削除します。

  1. 展開するワークステーションに OffScrub をコピーします。

  2. 管理者特権のコマンド プロンプトから、適切なコマンド ライン スイッチを指定して OffScrub.vbs を実行します。

  3. Offscrub.vbs のスクリプトに含まれる OffScrub の終了コードを確認します。

    注: OffScrub の各バージョンのエラー/成功コードは同じか似ています。各スクリプトでそれぞれのコードを確認します。

  4. 管理者権限を持つ管理者特権のコマンド プロンプト、 \\Server\Share\O365\Setup.exe/Configure \\Server\Share\O365\SAC\SAC_configuration.xml.xmlを実行します。

  5. インストール ログを確認します。

  6. ワークステーションを再起動し、OffScrub の処理中にレジストリからクリアされなかったすべてのファイルをクリーンアップします。

展開後のタスク

Office 365 ProPlus からアプリケーションを削除する

XML 構成ファイルを使って、展開後の Office スイート製品からプログラムを削除できます。

XML ファイルのパラメーターと設定については、「リファレンス: Office 展開ツールのオプションの構成」を参照してください。XML ファイル作成用のグラフィカル UI については、Office GitHub リポジトリにある Office クイック実行構成 XML エディターをご覧ください。

  1. アプリケーションを除外する XML ファイルを構成します。XML ファイルの例については、「ベスト プラクティス - XML のサンプルのダウンロード」を参照してください。

  2. SACExcludeword_configuration.xmlとして構成ファイルを保存します。

  3. Office 展開ツール (setup.exe) が \\Server\Share\O365 にあることを確認します。

  4. \\Server\Share\O365\SAC SACExcludeword_configuration.xmlをにコピーします。

  5. 管理者権限を持つ管理者特権のコマンド プロンプト、 \\Server\Share\O365\Setup.exe/Configure \\Server\Share\O365\SAC\SACExcludeword_configuration.xmlを実行します。

Office 365 ProPlus にアプリケーションを追加する

XML 構成ファイルを使って、展開後の Office スイート製品にプログラムを追加できます。

XML ファイルのパラメーターと設定については、「リファレンス: Office 展開ツールのオプションの構成」を参照してください。XML ファイル作成用のグラフィカル UI については、Office GitHub リポジトリにある Office クイック実行構成 XML エディターをご覧ください。

  1. 除外されたアプリケーションを削除して XML ファイルを構成します。

  2. SAC_configuration.xmlとして構成ファイルを保存します。

  3. Office 展開ツール (setup.exe) が \\Server\Share\O365 にあることを確認します。

  4. \\Server\Share\O365\SAC SAC_configuration.xmlをにコピーします。

  5. 管理者権限を持つ管理者特権のコマンド プロンプト、 \\Server\Share\O365\Setup.exe/Configure \\Server\Share\O365\SAC\SAC_configuration.xmlを実行します。

[言語を追加する]

Office 365 ProPlus に言語を追加できます。

Office 365 ProPlus 月次チャネルより大きい 2062 を更新する場合がある場合は、最新密接に関連を使用して XML がインストールする言語を識別するファイルをインストールします。Office 365 ProPlus が上記の条件を使用していない場合は、完全な XML 構成を使用してください。

サンプル XML 展開 – 半年チャネルを投稿するスペイン語を追加します。

<Configuration>
   <Add Channel="Broad" OfficeClientEdition="32" SourcePath="\\Server\Share\O365\SAC">
      <Product ID="LanguagePack"> 
         <Language ID="es-es" />
      </Product> 
   </Add>
</Configuration> 

XML 構成ファイルの詳細

コンポーネント

説明

チャンネル =「広範な」

インストール中の Office 365 ProPlus のチャネルのビルド。

OfficeClientEdition=”32”

ダウンロード中の Office のアーキテクチャ。

Product ID=”LanguagePack”

言語パック

Language ID=”en-us”

Office 365 ProPlus の既定の言語。

  1. SACLanguage_configuration.xmlとして構成ファイルを保存します。

  2. Office 展開ツール (setup.exe) が \\Server\Share\O365 にあることを確認します。

  3. \\Server\Share\O365\SAC SACLangauge_configuration.xmlをにコピーします。

  4. 管理者権限を持つ管理者特権のコマンド プロンプト、 \\Server\Share\O365\Setup.exe/Configure \\Server\Share\O365\SAC\SACLanguage_configuration.xmlを実行します。

更新チャネルを変更する

必要な場合は、Office 2016 のグループ ポリシー オブジェクトで変更することによって更新チャネルを変更するのが推奨される方法です。チャネルを変更すると、製品に対する 100% デルタ変更になります。チャネルの切り替えについて詳しくは、「ベスト プラクティス: チャネル管理」をご覧ください。

ロールバックまたはダウングレードの戦略

あまりないことですが、パイロット グループまたは運用グループが、新しく更新されたビルドが使用に適さないと判断した場合は、ロールバックまたはダウングレードを行って、Office 365 ProPlus を以前の既知の適切なビルドまたは承認されたビルドに戻すことができます。ロールバックの詳細については、「ベスト プラクティス: チャネル管理」をご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×