ベスト プラクティス: ローカル管理用の Office 2016 Mac クライアントのインストール

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ベスト プラクティス ガイドには、展開の推奨事項と、Office 365 の製品グループおよび Microsoft サービスの配信エキスパートによる実際の例が含まれています。すべての記事の一覧は、「Best practices guide for deploying Office 365 ProPlus」 (Office 365 ProPlus の展開に関するベスト プラクティス ガイド) を参照してください。

この記事では、ローカル管理でどのように Office 2016 for Mac を設計し、展開するのかを説明します。Mac 人口または Mac ソフトウェア配布ツールはそれほど多くないため、展開はローカル ネットワーク共有から管理する必要があります。

Office 2016 for Mac をローカル ネットワークにダウンロードする

管理者は、Office 365 ポータルのソフトウェア ページから MPKG ファイルをダウンロードして、ネットワーク共有にインストール イメージを配置できます。この方法は小規模な展開の場合に有効であり、ユーザーは Office のインストールを制御することができます。Office 2016 for Mac をインストールする承認を得たユーザーのみが、ネットワーク共有にアクセスできる必要があります。

  1. Office 365 管理者として Office 365 ポータルにサインインします。

  2. Office 365 管理センターに移動し、[サービス設定]、[ユーザー ソフトウェア] の順に選択します。

  3. [Mac 用のソフトウェア] で、[Office for Mac] を展開し、[ダウンロード] をクリックしてインストーラー パッケージ ファイルのダウンロードを開始します。インストーラー パッケージ ファイルは Microsoft_Office_2016_Installer.pkg という名前です。

  4. Microsoft_Office_2016_Installer.pkg ファイルをネットワークの場所に配置します。

  5. Mac エンド ユーザーにインストール手順を示します。

Office 2016 for Mac の展開オプションの詳細については、「Office 365 ProPlus の展開のためのベスト プラクティス」を参照してください。

展開の環境設定

エンド ユーザーへの環境設定の展開方法については、「Office 365 ProPlus の展開のためのベスト プラクティス」を参照してください。

展開の環境設定で既存のユーザーの環境設定を上書きできます。Office for Mac 2011 を削除するには、Office 2011 for Mac を再インストールする前に完全にアンインストールして、問題のトラブルシューティングを行います

展開言語

Office 2016 for Mac でサポートされる言語はすべて含まれており、インストーラー パッケージの .pkg ファイルの一部としてインストールされます。言語ごとに別のインストーラー パッケージ ファイルがないため、管理者はユーザーに展開する言語を選択できません。システム環境設定に基づいてインストール中に言語が選択されます。Office でサポートされる言語設定がない場合は、英語でインストールされます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×