ベスト プラクティス: ローカル管理の展開

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ベスト プラクティス ガイドには、展開の推奨事項と、Office 365 の製品グループおよび Microsoft サービスの配信エキスパートによる実際の例が含まれています。すべての記事の一覧は、「Best practices guide for deploying Office 365 ProPlus」 (Office 365 ProPlus の展開に関するベスト プラクティス ガイド) を参照してください。

ローカル管理の評価と計画が済んだら、ソフトウェアを展開してください。

分散ファイル システムでフォルダー構造を作成します。

ユーザーがローカル コンピューターに管理者権限を必要とせず、ネットワーク共有からインストールできるようにするには、既存の分散ファイル システム (DFS) とスクリプトを使用します。ローカル管理は、Office 365 クライアント関連のコンテンツをホストするために DFS 内に類似のフォルダー構造を持ち、ユーザーが共有に対する読み取り権限を持っている必要があります。

フォルダーのパス

目的

\\Server\Share\O365

これは、すべての Office 365 ProPlus 関連アイテムを保存するために使用される親フォルダーです。

\\Server\Share\O365\SACT

試作ユーザーを受信する、最新の Office 365 ProPlus 半期チャネル (対象指定)ビルドを保存するのにには、このフォルダーを使用します。

\\Server\Share\O365\SAC

このフォルダーを使用すると、運用のユーザーを受信する、最新の Office 365 ProPlus 半期チャネルビルドを格納できます。生産チャンネルに半期チャネル必要があります。

\\Server\Share\O365\Archive

このフォルダーを使用して、ロールバックまたはダウングレードが必要な場合に備えて、N-1 の既知の良好なビルドをホストします。

\\Server\Share\O365\OffScrub

このフォルダーを使用して、以前のバージョンの Office を削除するための OffScrub スクリプトをホストします。

次の画像は、ローカル管理で作成する必要があるフォルダー構造の例です。

Office 365 のローカル管理のフォルダー構造

再配布用の Office 365 ProPlus ファイルをダウンロードする

Office 展開ツール (密接に関連)の最新版をダウンロードして、 \\Server\Share\O365ネットワーク上の場所にします。作成し、Office 365 ProPlus のソース ファイルをダウンロードするのには、ダウンロード XML ファイルを構成します。ダウンロード モードとダウンロードを最新の Office 365 ProPlus ソース ファイルを取得する XML では、密接に関連の setup.exe を実行します。ダウンロードしたファイルは、32 ビット半期チャネルと半期チャネル (対象指定)する必要がありますソース ビルド、Project Pro、Visio Pro、およびすべてのサポートされる言語を Office 365 クライアントします。

特定のダウンロード パッケージは次のとおりです。

パッケージ

言語

Office 365 ProPlus - 半期チャネル - 32 ビット

英語、フランス語、ドイツ語

Visio Pro - 半期チャネル - 32 ビット

英語

Project Pro - 半期チャネル - 32 ビット

英語

Office 365 ProPlus、プロジェクト Pro、および Visio Pro - 半期チャネル (対象指定) - 32 ビット

英語

半期チャネルダウンロード XML は、XML は、対応する\\Server\Share\O365\SACTネットワーク上の場所に配置する必要があります半期チャネル (対象指定)ダウンロード\\Server\Share\O365\SAC対応するネットワーク上の場所に配置する必要があります。半期チャネルと半期チャネル (対象指定)の両方のダウンロード Xml は、対応するチャネルのフォルダーに DFS ソース ビットをダウンロードする必要があります。

例については、「ベスト プラクティス: ローカル管理用の XML ファイルのダウンロード」を参照してください。

展開ファイルを構成する

次の手順では、展開用にインストール XML ファイルを編集します。ローカル管理では複数の XML ファイルを作成し、ダウンロードした Office 365 ProPlus ファイルとそれらが連携して、Office 365 ProPlus をインストールおよび構成します。

GitHub を活用して、XML ファイルを編集しました。

次の XML ファイルが作成されている必要があります。

XML ファイル

言語

除外/追加

Office 365 ProPlus - 半期チャネル - デスクトップ - 32 ビット – CanAm 地域

英語、フランス語

Access を除く

Office 365 ProPlus - 半期チャネル – デスクトップに 32 ビット - ドイツ

ドイツ語

Access を除く

Office 365 ProPlus - 半期チャネル - VDI - 32 ビットのすべての地域

英語、フランス語、ドイツ語

共有ライセンス認証

Access を除く

Project Pro - 半期チャネル - デスクトップ - 32 ビット

英語

Visio Pro - 半期チャネル - デスクトップ - 32 ビット

英語

個々 の言語の半期チャネル - デスクトップ 32 ビット

英語、フランス語、ドイツ語

Office 365 ProPlus、プロジェクト Pro、および Visio Pro - 半期チャネル (対象指定) - デスクトップ - 32 ビット

英語

Access を除く

対応する XML を配置する必要がある半期チャネルインストール \\Server\Share\O365\SACネットワーク上の場所。半期チャネル (対象指定)インストール XML は、対応する\\Server\Share\O365\SACTネットワーク上の場所に配置する必要があります。

例については、「ベスト プラクティス: ローカル管理用の XML ファイルのインストール」を参照してください。

Office の以前のすべてのバージョンを削除するように Office Scrub ツールを構成する

ローカル管理には、環境内に 1 つの既存のバージョンの Office (Office 2010 (MSI)) のみがあります。そのため、Office 2007 と 2010 MSI バージョンを削除する OffScrub ツールのバージョンのみを Premier サポートから取得する必要があります。OffScrub スクリプトは、\\Server\Share\O365\OffScrub ネットワークの場所に格納されている必要があります。バッチ ファイルまたはスクリプトを使ってアプリケーションが実行されます。これは自動化され、ユーザーに管理者特権は必要ありません。

次の手順が実行されます。

  • Office 2010 (MSI) の完全なスイートの削除

ユーザー データが保持され、Office スイートの付属のバージョンと共に Project と Visio のすべてのインスタンスが削除されます。

例については、「ベスト プラクティス: ローカル管理用のアンインストール XML ファイル」を参照してください。

OffScrub と Office 365 ProPlus のインストールや削除を自動化するバッチ インストール ラッパーを作成する

ローカル管理は、以前に作成したフォルダー構造内に格納されているバッチ ファイルまたはスクリプトを使用する必要があります。バッチ ファイルまたはスクリプトは管理者の権限で実行されるので、ユーザーは、バッチ ファイルまたはスクリプト、OffScrub スクリプト、ODT setup.exe、インストール XML ファイル、および Office 365 ソース ファイルをホストしている共有の読み取り権限のみを持っている必要があります。

サンプルの Office 365 ProPlus バッチ ファイルのタスクの順序は次のとおりです。

  • OffScrub を実行します。

    • Office 2010 (MSI) のすべてのコンポーネントを削除します。

    • Office 2013 のコア スイートのコンポーネントを削除します (Project と Visio 2013 は残します)。

    • ユーザー データはそのままにします。

  • InfoPath 2013 (MSI) をインストールします。

  • 適切なチャネル、アーキテクチャ、および言語で Office 365 ProPlus をインストールします。

Project と Visio バッチ ファイルのタスクの順序は次のとおりです。

  • 適切なチャネル、アーキテクチャ、および言語で Project または Visio をインストールします。

以下のバッチ ファイルまたはスクリプトを作成する必要があります。

  • OffScrub + Office 365 ProPlus 半期チャネルのインストール

  • Project Pro 半期チャネルのインストール

  • Visio Pro 半期チャネルインストール

  • OffScrub + Office 365 ProPlus 半期チャネル (対象指定)のインストール

  • Project Pro 半期チャネル (対象指定)のインストール

  • Visio Pro 半期チャネル (対象指定)インストール

  • Office 365 ProPlus のアンインストール

  • 個別の言語のインストール

ローカルで管理されていると、 半期チャネルおよび半期チャネル (対象指定)のユーザーに対して個別のバッチ ファイルが提供する必要があります。ユーザーを対象とする Office 365 ProPlus の構成を自動化するスクリプトを実行することのみする必要があります: 試作または半期チャネル (対象指定)のユーザーが表示されない半期チャネルまたは運用スクリプトします。このため、 半期チャネルオートメーション スクリプト、それぞれのフォルダーの場所 (\\Server\Share\O365\SAC) に保存して、 半期チャネル (対象指定)自動化スクリプトをそれぞれのフォルダーの場所に格納するか (\\Server\Share\O365\SACT)。指定したフォルダーに移動し、[エンドユーザーの役割 (本番または試作) に基づいて、適切な Office スクリプトを実行するように指示されるローカルで管理されているユーザーまたはグループ ポリシーを実行するユーザーのデスクトップに適切なバッチ ファイルをコピーする必要があります。

次の行を追加して、バッチ ファイル (たとえば、 Office365_SAC_Configuration.cmd) にします。この行が動的にスクリプト ディレクトリを決定する setup.exe を検索し、インストール XML します。このコマンドはようにローカルに管理する必要があります管理者特権の権限が適用されていることを確認して、管理者特権のアクセス権を持つスクリプトを実行するかどうかを確認していないことに注意します。同じようなバッチ行には、OffScrub を活用できます。

"%~dp0Setup.exe" /configure "%~dp0install.xml" 

アンインストールのための追加のバッチ ファイル (たとえば、Office365_Removal.cmd) を作成し、次のバッチの行を活用することができます。

"%~dp0Setup.exe" /configure "%~dp0removal.xml" 

詳細なガイドについては、「ベスト プラクティス: ローカルで管理される分散ファイル システムの設定」を参照してください。

配布用に Office 2016 for Mac を構成する

ローカル管理には、小さな Mac 環境があり、Mac のソフトウェアの配布ツールはありませんが、Mac クライアントを制御する必要があります。したがって、ネットワーク共有の展開を使用することをお勧めします。

詳細なガイドについては、「ベスト プラクティス: ローカル管理用の Office 2016 Mac クライアントのインストール」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×