ベスト プラクティス: ローカルで管理される分散ファイル システムの設定

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ベスト プラクティス ガイドには、展開の推奨事項と、Office 365 の製品グループおよび Microsoft サービスの配信エキスパートによる実際の例が含まれています。すべての記事の一覧は、「Best practices guide for deploying Office 365 ProPlus」 (Office 365 ProPlus の展開に関するベスト プラクティス ガイド) を参照してください。

ローカル管理では、分散ファイル システム (DFS) とバッチ ファイルまたはスクリプトを使用して、Office 365 ProPlus パッケージを展開します。複数のステップを実行しているため、スクリプトはサイレント インストールされるように設定されています。

Office 365 ProPlus の構成スクリプトは、次の処理を実行します。

  • OffScrub を実行します。

    • Office 2010 の MSI コンポーネントが検出された場合にそれらをすべて削除します。

    • ユーザー データはそのままにします。

  • InfoPath 2013 MSI をインストールします。

  • DFS から適切なチャネル、アーキテクチャ、および言語で Office 365 ProPlus をインストールします。

OffScrub

次の表には、ローカルで管理で以前のバージョンの Office2010 (MSI) を削除するためのバッチ ファイルまたはスクリプトで使用する OffScrub コマンド ラインが含まれています。 

プログラムのコンテキスト

コマンド ライン

Office 2010 の削除

Command prompt cscript Offscrub2010.vbs clientall /bypass 1 /log c:\temp /nocancel /q

バッチ ファイル

ローカル管理 バッチ ファイルまたはスクリプトを使用して、Office 365 クライアントの構成を完了します。バッチ ファイルのユーザーは、コンピューター上のローカルの管理者ではないため、バッチ ファイルは管理者特権で実行する必要があります。ローカル管理は、次のいずれかの操作を実行する必要があります。

  • システム特権で実行されるバッチ ファイルのショートカットを作成し、適切な\\Server\Share\O365\SAC\\Server\Share\O365\SACTフォルダーにショートカットを貼り付けます。

  • バッチ ファイルまたはスクリプトには、コンピューター上のローカル管理者の権限を持っていないエンド ユーザーによってそれらが実行されるときに、管理者権限でコマンド プロンプトを起動するパラメーターが含まれています。

ローカル管理は、その後で、CFS ネットワークの場所で実行する正しいバッチ ファイルまたはスクリプトをユーザーに指示するか、グループ ポリシーを使用してバッチ ファイルをユーザーのデスクトップに手動で展開するように指示します。

次の図は、ローカルで管理されている32 ビット半期チャネルの Office のソースの場所の例を示します。密接に関連の setup.exe、Office 365 クライアントのダウンロードと構成の XML ファイル、個々 の言語パックのインストールの XML ファイル、Office 365 クライアントのソース ファイル、およびインストールまたは Office 365 のクライアント ソフトウェアおよび言語パックをアンインストールするバッチ ファイルが含まれています。同様の例は、SACT フォルダーに存在しないもする必要があります。

半年チャンネル ソース ファイル

次の表は、バッチ ファイルまたはスクリプトの例を示しています。

コンテキスト

バッチ ファイル

実行する処理

Office 365 ProPlus SAC デスクトップ 32 ビット

Office365ProPlus_SAC_CanAm_Configuration

OffScrub ツールを使用して Office 2010 をアンインストールし、CanAm 2 言語を使用して Office 365 ProPlus 32 ビット半期チャネルをインストールします。

Office 365 ProPlus SAC VDI 32 ビット

Office365ProPlus_VDI_SAC_Configuration

OffScrub ツールを使用して Office 2010 をアンインストールし、3 つの言語では、Office 365 ProPlus 32 ビット半期チャネルをインストールし、コンピューターのライセンス認証の共有を有効に

Visio Pro SAC デスクトップ 32 ビット

Visio_SAC_Configuration

Visio Pro 32 ビット半期チャネルを 1 言語とインストールします。

言語パック SAC 32 ビットをフランス語します。

Install_French_LP_SAC

既存の Office 365 クライアントにフランス語言語パックの 32 ビット半期チャネルをインストールします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×