ベスト プラクティス: クラウド管理を計画する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ベスト プラクティス ガイドには、展開の推奨事項と、Office 365 の製品グループおよび Microsoft サービスの配信エキスパートによる実際の例が含まれています。すべての記事の一覧は、「Best practices guide for deploying Office 365 ProPlus」 (Office 365 ProPlus の展開に関するベスト プラクティス ガイド) を参照してください。

Office 365 ProPlus に移行するときの重要な作業が展開計画の作成です。計画は、制約や Office 365 ProPlus を実装してプロジェクトの目標を達成する方法など、検出された評価項目に基づきます。

ソースの場所を計画する

Office 365 ProPlus は、Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN)、System Center Configuration Manager、ネットワーク共有、分散ファイル システム (DFS) から直接展開し、更新できます。クラウド管理ではクライアント管理ソフトウェアが使用されない、または DFS が置かれるため、Office 365 セルフサービス ポータルを活用してリモート ユーザーの Office 365 ProPlus をインストールします。オンプレミス ユーザーには CDN が活用されます。次の計画は、アセスメント段階で検出されたアセットを中心に作成されます。

チャネル メンバーシップ

クラウド管理では、次の Microsoft ガイダンスが理解されています。

  • 1% 月次チャネルを取得します。

  • 10% 半期チャネル (対象指定)を取得します。

  • 89% 半期チャネルを取得します。

既存のグループを使用するには、~ 50 ユーザー 半期チャネル (対象指定)にし、~ 440 ユーザーが半期チャネルに表示されます。10 ~ 開発、技術所有者、または、自身でインストールする Office CDN から月次チャネルに自己を管理するビジネス潜在顧客ロールがあります。これらの月次チャネルユーザー 半期チャネル (対象指定)と半期チャネルより進んでいる機能が提供されます。

チャンネルのメンバーシップと管理の詳細については、チャンネルを管理するためのベスト プラクティスを参照してください。

基本のクライアント パッケージ

クラウド管理の IT 部署の場合、Office カスタマイズ ツールを利用して MSI ベースの Office を展開した経験が限られています。展開を構成したことは 1 回だけです。ビジネス要件の 1 つに、展開の一部として共有コンピューターを含めるというのがあります。クラウド管理では、インストール XML ファイルと ODT setup.exe から構成される展開パッケージを作成し、それを UNC 共有で内部ホストし、Office 365 ProPlus を展開する展開スクリプトを作成します。

ソース ファイルをダウンロードする

Office CDN を利用する場合、クラウド管理では、ソース ファイルをオンプレミスの場所にダウンロードして再配布することはありません。ただし、Office 2016 展開ツールを活用し、カスタマイズと配布のためにインストール パッケージと言語パックを作成します。

Office 展開ツールの詳細については、 Office 2016 の展開ツールの概要を参照してください。

展開を構成する

クラウド管理では、Github Office 365 ProPlus - 構成 XML エディターが利用されます。

インストール XML ファイルは比較的単純であり、Technet で公開されている XML プロパティに従うことで作成できます。ただし、クラウド管理では複数のダウンロード XML ファイルとインストール XML ファイルが管理されるため、クラウド管理では精度と効率性のために Web ベースのツールが利用されます。

クラウド管理では、次の XML ファイルをインストールする必要があります。

  • 32 ビットの Office 365 ProPlus 半期チャネルとサポートされている言語

  • 32 ビットの Office 365 ProPlus 半期チャネル (対象指定)とサポートされている言語

複数のインストール XML ファイルは管理が難しくありません。それぞれ 4 KB 未満です。

共有コンピューティング

アセスメント中に検出された共有コンピューティング シナリオごとに、共有コンピューティング プロパティ値を適切に設定する必要があります。

<Property Name="SharedComputerLicensing" Value="1" /> 

次の表は、共有コンピューターのライセンス認証展開シナリオに設定を適用する方法をまとめたものです。

クライアントの種類

XML 値

標準デスクトップ

0

共有ワークステーション

1

言語

クラウド管理では、Office CDN が利用されます。言語は Office CDN から直接ダウンロードされ、Office 展開ツールを利用してインストールされます。追加言語のインストールがユーザーに許可された場合、ユーザーにはクライアントでローカル管理者の権限が与えられているため、セルフサービスの言語パック インストールを活用できます。

アプリケーションを削除または復元する

クラウド管理では、Office 365 ProPlus 展開中にアプリケーションを除外する予定はありません。

カスタマイズ (GPO)

クラウド管理では、Office 2016 管理用テンプレート ファイル (ADMX/ADML) とグループ ポリシー用の Office カスタマイズ ツールが活用されます。クラウド管理では、既存のグループ ポリシー設定を確認しています。また、Office 365 ProPlus で使用する既存のグループ ポリシー設定を特定しています。現時点では、OneDrive は別個の GPO テンプレート ダウンロードであり、グループ ポリシー設定が必要かどうか確認し、判断する必要があります。

並列

クラウド管理では、Project と Visio のある既存の Office インストールと並列で Office 365 ProPlus がインストールされます。レコードの計画では、以前のバージョンの Office (2010 と 2013) (MSI)、Project 2010 (MSI)、Visio 2010 (MSI) を削除し、ユーザー データをそのまま残す予定です (辞書、メール ファイル、署名など)。ユーザーが 2013 の Project または Visio (MSI) をコンピューターに既にインストールしている場合、OffScrub プロセス中はインストールされたまま残りますが、Project と Visio のバージョンが適切に機能するように、Office 365 ProPlus インストールの完了後、クイック修復が実行されます。ユーザーがマクロやアドインの問題に遭遇した場合、並列シナリオによる問題の改善が試行されます。

Project と Visio

クラウド管理には、2010 の Project と Visio (MSI) の展開が少ない数で存在し、2013 の Project と Visio (MSI) に移行されます。2013 の Project と Visio (MSI) は、サポートされている N-1 シナリオで Office 365 ProPlus と並列実行されます。クラウド管理では、Office 365 ProPlus のインストール後、あらゆる Project と Visio (MSI) インストールでクイック修復を実行する必要があります。

Office Scrub ツール (OffScrub)

クラウド管理では、OffScrub を利用し、Office 365 ProPlus のインストールの前に、Office 2010 (MSI) のすべてのインストールを削除します。これには Project と Visio の 2010 インストールと Office 2013 (MSI) のすべての以前のインストールが含まれますが、2013 の Project と Visio は除外されます。

OffScrub ツールの詳細については、 Offscrub を使用するためのベスト プラクティスを参照してください。

アーキテクチャ

クラウド管理では、Office 365 クライアントの 32 ビット版のみが展開されます。クラウド管理には、64 ビット アプリケーションの使用例がありません。

Office 2016 for Mac

クラウド管理では、Mac ユーザーが 5 名以下の場合、Office 2016 for Mac の展開にクライアント管理ソフトウェアを利用しません。代わりに、Office 2016 for Mac を必要とするユーザーのために、Office 365 ポータルを利用します。Office 2016 for Mac をインストールするには、コンピューターの管理者資格情報が求められます。

ライセンス

クラウド管理では、そのユーザーを既に同期しており、E3 ライセンスが既に与えられている Exchange Online ユーザーを既に同期しています。クラウド管理では、PowerShell とオンプレミス AD DS 属性を利用して Office 365 ライセンスを決定して割り当てますが、Office 365 管理ポータルから手動でライセンスを割り当て、管理することもあります。

注: ライセンス供与はカスタム PowerShell で行われます。AD DS は PowerShell ライセンス スクリプトの参照ポイントです。

ネットワーク

クラウド管理では、あらゆる Office 365 ProPlus URL のプロキシ サービスをバイパスします。そのため、Office 365 のライセンスを認証したり、サブスクリプションを継続したりすることができません。CDN からの更新はユーザーに頼るため、すべての Office 365 ProPlus URL をオープンにする必要があります。

最新の状態に更新するか、ビルドとロールバックを省略するか

クラウド管理では、最新の状態に更新する予定です。それがネットワークを最も最適化するソリューションであると理解されています。ただし、以前の良好なバージョンにロールバックするためのアイテムを含むスクリプトが作成され、ネットワーク上のある場所に保管されています。管理者はそのスクリプトにロールバックするバージョン番号を指定する必要があります。管理者はロールバックに Office CDN を活用します。

詳細については、ロールバック、チャンネルを管理するためのベスト プラクティスを参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×