ベスト プラクティス: クラウド管理の Office コンテンツ配信ネットワーク構成

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ベスト プラクティス ガイドには、展開の推奨事項と、Office 365 の製品グループおよび Microsoft サービスの配信エキスパートによる実際の例が含まれています。すべての記事の一覧は、「Best practices guide for deploying Office 365 ProPlus」 (Office 365 ProPlus の展開に関するベスト プラクティス ガイド) を参照してください。

クラウド管理ではソースファイルの Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を利用し、Office 365 ProPlus パッケージを展開します。ただし、OffScrub と Office 365 ProPlus 展開の開始には自動化スクリプトを活用します。

Office 365 の構成スクリプトは、次の処理を実行します。

  • OffScrub を実行します。

    • Office 2010 の MSI コンポーネントが検出された場合にそれらをすべて削除します。

    • Office 2013 MSI コア スイートが見つかった場合、それを削除するが、2013 の Project と Visio が以前にインストールされていた場合、それを残します。

    • ユーザー データはそのままにします。

  • Office CDN から適切なチャネル、アーキテクチャ、および言語で Office 365 ProPlus をインストールします。

OffScrub

次の表に、以前のバージョンの Office を削除するスクリプト シーケンスにクラウド管理で使用した OffScrub コマンド ラインを示します。

プログラムのコンテキスト

コマンド ライン

Office 2010 の削除

Command prompt cscript Offscrub2010.vbs clientall /bypass 1 /log c:\temp /nocancel /q

Office 2013 MSI の削除

Command prompt cscript OffScrub2013.vbs ProPlus /bypass 1 /log c:\temp /nocancel /q

Office のソースの場所

クラウドで管理されていると、Office 365 クライアントの構成を完了するためのスクリプトが使用されます。クラウド管理 32 ビット半期チャネルの Office ソースの場所の例を次に示します。密接に関連 setup.exe が含まれていますが、Office 365 クライアント インストールの XML ファイルの場合は、および対応するバッチ ファイル。

クラウド管理のソースの場所

パッケージのサンプル バッチ ファイルは次のようになります。

プログラムのコンテキスト

コマンド ライン

半期チャネル 32 ビット

Setup.exe/Install_ProPlus_SAC.xml を構成します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×