ベスト プラクティス: クラウド管理の評価

ベスト プラクティス ガイドには、展開の推奨事項と、Office 365 の製品グループおよび Microsoft サービスの配信エキスパートによる実際の例が含まれています。すべての記事の一覧は、「Best practices guide for deploying Office 365 ProPlus」 (Office 365 ProPlus の展開に関するベスト プラクティス ガイド) を参照してください。

Office 365 ProPlus を展開するためのベスト プラクティスが、Office 365 製品グループと Office 365 製品マーケティング グループからの領域の専門家と、Microsoft サービスからの配信の専門家とで構成されたグループにより作成されました。推奨事項には、アプリケーションの検出、展開、チャネル管理、レポートが含まれます。ベスト プラクティスの記事すべての一覧は、「Best practices for deploying Office 365 ProPlus (Office 365 ProPlus の展開に関するベスト プラクティス)」を参照してください。

クラウド管理の目標は、Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用して Office 365 ProPlus に移行して、既存の Office 実装をブラッシュアップさせることです。これは移行のため、ユーザーの生産性には影響しません。32 ビット版の Office ユーザーは Office 365 ProPlus の 32 ビット版を受け取ります。

評価結果

サイズと配布

  • 従業員 500 人以上

  • 1 か国語のサポートされている言語

  • 米国の企業

  • 25 人以上の出張ユーザー、その多くは長期間にわたり社外に

  • 現場は小規模オフィス

IT インフラストラクチャ

  • Windows 10 Pro (64 ビット)

  • 最大 5 人までのローカル管理者権限を持つ Mac ユーザー

  • Mac クライアントは、クライアント管理ソフトウェアで管理されていません

  • すべてのシステムに英語 (米国) の言語パックを装備、地域ごとまたはユーザーごとで言語の追加が可能

  • 交代作業員用のデスクトップ、ノートブック、共有デバイス

  • 日常業務を行うには十分なネットワーク帯域幅

  • Windows クライアントは、クライアント管理ソフトウェアで管理されていません

  • Office 365 ProPlus は、Office 365 ポータル経由で利用できます

  • ユーザーは各自のコンピューターの管理者権限があります

  • ネットワークは、少ない数の高帯域幅インターネット相互ポイントが付与された分散レイアウトです

アプリケーションの状況

  • Office 2010 ボリューム ライセンス (MSI) 32 ビット版

  • パイロット ユーザーの一部は、Office Professional Plus 2013 (MSI) 32 ビット版、Project、Visio 2013 (MSI) 32 ビット版を所有している場合があります

  • Project 2013 と Visio 2013 (MSI) 32 ビット版に移行する Project 2010 と Visio 2010 (MSI) 32 ビット版

Cloud インフラストラクチャ

  • Azure AD Connect 付きの Office 365 テナント

  • シングル サインオン (SSO) でのオンプレミス Active Directory フェデレーション サービス

  • 製品に展開された Exchange Online

  • 製品に展開された SharePoint Online

  • OneDrive が展開されています

  • インストールなどのセルフサービスはポータルでブロックされません

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×