ベスト プラクティス: クラウド管理の展開

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ベスト プラクティス ガイドには、展開の推奨事項と、Office 365 の製品グループおよび Microsoft サービスの配信エキスパートによる実際の例が含まれています。すべての記事の一覧は、「Best practices guide for deploying Office 365 ProPlus」 (Office 365 ProPlus の展開に関するベスト プラクティス ガイド) を参照してください。

クラウド管理の評価と計画が済んだら、ソフトウェアを展開してください。

再配布用に展開ファイルを構成する

Office 展開ツール (ODT) の最新バージョンをダウンロードし、Office 365 ProPlus のソース ファイルをダウンロードしてインストールするためにインストール用の XML ファイルを作成および構成します。クラウド管理により、Office 365 ProPlus を構成してインストールするための XML ファイルが複数作成されました。

GitHub を活用して、XML ファイルを編集しました。

次の XML ファイルが作成されている必要があります。

XML ファイル

言語

Office 365 ProPlus - 半期チャネル - デスクトップ - 32 ビット

英語

Office 365 ProPlus - 半期チャネル - デスクトップ VDI - 32 ビット

英語

Office 365 ProPlus - 半期チャネル (対象指定) - デスクトップ - 32 ビット

英語

例については、「ベスト プラクティス: クラウド管理用のダウンロード XML ファイル」を参照してください。

Office の以前のすべてのバージョンを削除するように Office Scrub ツールを構成する

クラウド管理には、複数のバージョンの Office があるため、Premier サポートから Office Scrub ツールを 2 バージョン得る必要があります。最初のバージョンは、Office 2007 と 2010 の MSI バージョンを削除し、2 番目のバージョンは、Office 2013 MSI、2013 C2R、2016 MSI、または C2R を削除します。

アプリケーションはスクリプトを介して実行されます。このツールには、バージョンが複数あるので、それぞれのコマンドは個別に実行する必要があります。

次の手順が実行されます。

  • Office 2010 の削除

  • Office 2013 MSI コア スイートの削除 (Project と Visio 2013 はコンピューターに残します)

ユーザー データが保持され、Project と Visio はそのままになります。Project と Visio のクイック修復が必要になる場合があります。

例については、「ベスト プラクティス: クラウド管理用の XML ファイルのインストール」を参照してください。

OffScrub と Office 365 ProPlus のインストールや削除を自動化するバッチ インストール ラッパーを作成する

クラウド管理では、UNC パスに保存されているバッチ ファイルを利用して、Office CDN から Office 365 ProPlus のインストールを開始したり、既存の Office 365 ProPlus のインストールをアンインストールできます。

サンプルの Office 365 ProPlus バッチ ファイルのタスクの順序は次のとおりです。

  • Office スクラブを実行します。

    • Office 2010 (MSI) のすべてのコンポーネントを削除します。

    • Office 2013 (MSI) コア スイート アプリケーション (2013 Project と Visio MSI インスタンスは維持したままにしてください) を削除します

    • ユーザー データはそのままにします。

  • 適切なチャネル、アーキテクチャ、および言語で Office 365 ProPlus をインストールします。

以下のバッチ ファイルまたはスクリプトを作成する必要があります。

  • OffScrub + Office 365 ProPlus 半期チャネルのインストール

  • OffScrub + Office 365 ProPlus 半期チャネル (対象指定)のインストール

  • Office 365 ProPlus のアンインストール

バッチ ファイル (Office365_SAC_Configuration.cmd) には、次の行を追加します。このバッチの行が動的にスクリプト ディレクトリを決定する setup.exe を検索し、インストール XML します。いるチェックの対象外のスクリプトを実行して、管理者特権の権限を持つが、クラウドで管理されているユーザーは、クライアント デバイスにローカルの管理者かどうかを確認します。

"%~dp0Setup.exe" /configure "%~dp0install.xml"

アンインストールを行うための追加のバッチ ファイル (Office365_Removal.cmd) は、次のバッチ行で作成できます。

"%~dp0Setup.exe" /configure "%~dp0removal.xml" 

詳細なガイドについては、「ベスト プラクティス: クラウド管理の Office コンテンツ配信ネットワーク構成」を参照してください。

配布用に Office 2016 for Mac を構成する

クラウド管理では、Mac 環境は制限されており、展開には Office 365 ポータルを使用します。ユーザーには、Office 365 ポータルから Office 2016 for Mac をインストールする手順を示す必要があります。ユーザーが Office 2016 for Mac をインストールするには、コンピューターの管理者権限が必要です。

詳細なガイドについては、「ベスト プラクティス: クラウド管理用の Office 2016 Mac クライアントのインストール」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×