ベスト プラクティス: クラウド管理のシナリオ

ベスト プラクティス ガイドには、展開の推奨事項と、Office 365 の製品グループおよび Microsoft サービスの配信エキスパートによる実際の例が含まれています。すべての記事の一覧は、「Best practices guide for deploying Office 365 ProPlus」 (Office 365 ProPlus の展開に関するベスト プラクティス ガイド) を参照してください。

クラウド管理は、通常、1 つの国に小さい規模の主要オフィスがある中小企業を代表します。ただし、より小規模のリモート オフィスが国内に点在している場合があります。組織が小さいほど、新しい技術を受け入れるスピードが速まるため、中小企業の労働力は市場の生産性を高める最新デバイスやソフトウェアを活用することができます。中小企業には、Active Directory ドメイン サービス (AD DS)、Azure Active Directory パスワード同期、GPO などの組織の IT 環境技術全体を管理する小規模な IT チームがあります。この IT チームは、クライアント ソフトウェアを管理するためにソフトウェア配布ツールを使用せず、また、分散ファイル システム (DFS) も存在しません。ソフトウェアのインストールにはネットワーク共有を活用し、また、ユーザーがクライアント デバイスに対して管理者権限を持ちます。IT チームはエンド ユーザーにバッチ ファイルまたはスクリプトを提供して、展開を自動的に行います。

ベスト プラクティス: クラウド管理の評価。 Office 365 ProPlus 展開の評価結果と成功の基準です。

ベスト プラクティス: クラウド管理の計画。 Office 365 ProPlus に移行する場合、展開計画を作成することが重要です。

ベスト プラクティス: クラウド管理の展開。 Office 365 ProPlus の展開後の共通の管理タスク。

ベスト プラクティス: クラウド管理。 Office 365 ProPlus の展開後の共通の管理タスク。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×