ベスト プラクティス: エンタープライズ管理用の System Center Configuration Manager の構成

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ベスト プラクティス ガイドには、展開の推奨事項と、Office 365 の製品グループおよび Microsoft サービスの配信エキスパートによる実際の例が含まれています。すべての記事の一覧は、「Best practices guide for deploying Office 365 ProPlus」 (Office 365 ProPlus の展開に関するベスト プラクティス ガイド) を参照してください。

エンタープライズ管理は、既存のエンタープライズ ソフトウェア展開および管理ツール (System Center Configuration Manager) を使用して、Office 365 クライアントのパッケージを展開します。タスク シーケンスを使用して一連の製品がインストールされるので、パッケージはサイレント インストールされるように設定されます。

タスク シーケンスは次の処理を実行します。

  • OffScrub を実行します。

    • Office 2007 のコンポーネントが検出された場合にそれらをすべて削除します。

    • Office 2010 のコンポーネントが検出された場合にそれらをすべて削除します。

    • ユーザー データはそのままにします。

  • InfoPath 2013 MSI をインストールします。

  • System Center Configuration Manager から適切なチャネル、アーキテクチャ、および言語で Office 365 ProPlus をインストールします。

OffScrub

次の表に、以前のバージョンの Office を削除するためにエンタープライズ管理で使用する OffScrub コマンド行を示します。 

プログラムのコンテキスト

コマンド ライン

Office 2007 の削除

Command prompt cscript Offscrub2007.vbs clientall /bypass 1 /log c:\temp /nocancel /q

Office 2010 の削除

Command prompt cscript Offscrub2010.vbs clientall /bypass 1 /log c:\temp /nocancel /q

Office 2013 MSI の削除

Command prompt cscript OffScrub_O15msi clientall /bypass 1 /log c:\temp /nocancel /q

Office のソースの場所

次の図は、エンタープライズ管理 32 ビット半期チャネルの Office ソースの場所の例を示します。密接に関連 setup.exe がダウンロードした Office 365 クライアントのソース ファイルの横にある、XML ファイルをインストールします。これにより、ファイルのパスを常に相対します。このため、インストール XML のソース パスは必要ありません。これは推奨システム センター構成マネージャーの展開についてローカル CCMCache の配布ポイントの名前を心配する必要はありません。

Office 365 のオンライン ソースの場所

前の画像は、Office 365 ProPlus システム センター構成マネージャー 32 半期チャネルパッケージの例: すべての XML ファイルをインストール、およびすべての Office 365 クライアント ビット、密接に関連 setup.exe します。

次にパッケージのプログラムの例を示します。

プログラムのコンテキスト

コマンド ライン

半期チャネル 32 ビット共有コンピューティングのライセンス認証

Setup.exe/Install_ProPlus_SAC_VDI.xml を構成します。

半期チャネル 32 ビット デスクトップ: 北アメリカ

Setup.exe/Install_ProPlus_SAC_NA.xml を構成します。

半期チャネル 32 ビット デスクトップ - ラテン アメリカ

Setup.exe/Install_ProPlus_SAC_LATAM.xml を構成します。

半期チャネル 32 ビットの Project Pro (ボリューム ライセンス)

Setup.exe/Install_Project_SAC.xml を構成します。

個々の言語は、ソフトウェア プログラムに追加され、追加の言語をセルフ プロビジョニングする必要があるユーザーのためにソフトウェア カタログ内に配置されます。インストール XML は、Product ID=”LanguagePack” 要素を活用します。

プログラムのコンテキスト

コマンド ライン

ギリシア語

Setup.exe/Install_Greek_LAP_SAC.xml を構成します。

スペイン語

Setup.exe/Install_Spanish_LAP_SAC.xml を構成します。

マレー語

Setup.exe/Install_Malay_LAP_SAC.xml を構成します。

System Center Configuration Manager の構成手順

Office 365 ProPlus を展開および管理するために System Center Configuration Manager を構成するには、次のリンクを参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×