ベスト プラクティス: エンタープライズ管理の計画

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ベスト プラクティス ガイドには、展開の推奨事項と、Office 365 の製品グループおよび Microsoft サービスの配信エキスパートによる実際の例が含まれています。すべての記事の一覧は、「Best practices guide for deploying Office 365 ProPlus」 (Office 365 ProPlus の展開に関するベスト プラクティス ガイド) を参照してください。

Office 365 ProPlus に移行する場合、展開計画を作成することが重要です。計画は、制約や Office 365 ProPlus を実装してプロジェクトの目標を達成する方法など、検出された評価項目に基づきます。

ソースの場所を計画する

Office 365 ProPlus は、Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN)、System Center Configuration Manager、内部共有 (UNC 共有や分散ファイル システム (DFS)) から直接展開し、更新できます。エンタープライズ管理の場合、System Center Configuration Manager が環境に実装されるため、初回の展開で System Center Configuration Manager を活用できます。System Center Configuration Manager には更新プログラムの 1606 以降が含まれ、System Center Configuration Manager で Office 更新プログラムをネイティブ管理できます。進行中の Office 365 チャネルやビルド管理にも対応しています。

次の計画の中心は、System Center Configuration Manager を利用し、アセスメントで検出された項目を展開することにあります。

チャネル メンバーシップ

エンタープライズ管理では、次の Microsoft チャネル メンバーシップ ガイダンスが利用されます。

  • 1% 月次チャネルを取得します。

  • 10% 半期チャネル (対象指定)を取得します。

  • 89% 半期チャネルを取得します。

既存のシステム センター構成マネージャーのコレクションを活用できるので、q & A および本番グループのシステム センター構成マネージャーのコレクションを既にエンタープライズ管理、: Microsoft の近くにある、非常に推奨事項既存のコレクションを使用して、約 1,500 ユーザーが半期チャネル (対象指定)を取得して約 18,471 のユーザーが半期チャネルします。約 25 の開発、テクノロジーの所有者、または潜在顧客のビジネス ロール自己をインストールし、CDN から月次チャネルに自己を管理します。これらの月次チャネルユーザー 半期チャネル (対象指定)と半期チャネルより進んでいる機能が提供されます。

チャネル メンバーシップと管理の詳細については、「エンタープライズ管理の管理」を参照してください。

基本のクライアント パッケージ

エンタープライズ管理のパッケージ/展開チームには、Office カスタマイズ ツールを活用して MSI ベース Office を展開してきた豊富な経験があります。多くの MSI ベース ファイルにより、Office の外観が大きくカスタマイズされます。

エンタープライズ管理では、セキュリティ ポリシーに準拠する変更のみを実装します。Office 365 ProPlus は最初、展開時に OneDrive for Business なしで構成されます。OneDrive for Business は後で追加されます。すべての共有コンピューター シナリオを適切に範囲に含めるというビジネス要件もあります。ユーザーが相当な数になるためです。配布では引き続き既存の System Center Configuration Manager インフラストラクチャを活用し、Office インストールに必要な管理者特権で Office 365 クライアントを展開します。

ソース ファイルをダウンロードする

Office 2016 の展開ツールでは、ソースのカスタマイズと配布のインストール パッケージ化して、言語パックを作成するために必要なメディアをダウンロードします。エンタープライズ管理は、ダウンロード XML ファイルを作成 setup.exe Office 展開ツールを使用して Office 365 クライアントのソース ファイルをダウンロードします。

Office 展開ツールの詳細については、「エンタープライズ管理の展開」を参照してください。

展開を構成する

エンタープライズ管理では、Github Office 365 ProPlus - 構成 XML エディターが利用されます。

インストール XML ファイルは比較的単純であり、Technet で公開されている XML プロパティに従うことで作成できます。ただし、エンタープライズ管理では複数のダウンロード XML ファイルとインストール XML ファイルが管理されるため、エンタープライズ管理では精度と効率性のために Web ベースのツールが利用されます。

エンタープライズ管理では、次の XML ファイルをインストールする必要があります。

  • 各地域とサポートされている地域の適切な言語で Office 365 ProPlus 半期チャネル 32 ビット

  • 32 ビット Project Pro (ボリューム ライセンス) 半期チャネルとサポートされている言語

  • 32 ビット (ボリューム ライセンス Visio Pro) 半期チャネルとサポートされている言語

  • 64 ビット半期チャネルと適切なサポートされる言語

  • 32 ビットの Office 365 ProPlus 半期チャネル (対象指定)とサポートされている言語

  • 32 ビット Project Pro (ボリューム ライセンス) 半期チャネル (対象指定)とサポートされている言語

  • 32 ビット (ボリューム ライセンス Visio Pro) 半期チャネル (対象指定)とサポートされている言語

XML ファイルが複数存在しても管理は難しくありません。各々が 4 KB 未満であり、パッケージの System Center Configuration Manager プログラム属性を構成するためです。

共有コンピューティング

アセスメント中に検出された共有コンピューティング シナリオごとに、共有コンピューティング プロパティ値を適切に設定する必要があります。

<Property Name="SharedComputerLicensing" Value="1" />

次の表は、アセスメントで特定された共有コンピューターのライセンス認証展開シナリオに設定を適用する方法をまとめたものです。

クライアントの種類

XML 値

標準デスクトップ

0

RDS

1

非永続的 VDI

1

永続的 VDI

0

共有ワークステーション

1

言語

言語は Office 展開ツールを利用することでダウンロードされ、インストールされます。System Center Configuration Manager パッケージは地域別に分類されます。各地域に Office 365 ProPlus ファイルを含む独自の言語セットが与えられます。エンタープライズ管理では、ユーザーが Office の後の展開をインストールできるように、セルフサービス カタログに各言語を追加します。言語パックはそれぞれ約 200 MB です。地域外の言語のセルフサービスはめったに発生しません。すべての言語がすべての地域に複製されることはありません。既定の言語はその地域で最も広く使用されている言語になります。既定の言語を設定する方法も含まれます。セルフサービス言語については、たとえば、LATAM 地域のユーザーがドイツ語を追加する場合、Office 展開ツールの Product ID=” LanguagePack” が使用されます。

次の表は、各地域と対応する言語、識別子をまとめたものです。

地域

言語

地理的領域

言語 ID

北米

英語

フランス語

スペイン語

米国

カナダ

メキシコ

EN-US

FR-FR

ES-ES

LATAM

スペイン語

ポルトガル語

英語

南アメリカ

ブラジル

ES-ES

PT-BR

EN-US

AsiaPAC

簡体字中国語

中国語

インドネシア語

日本語

韓国語

マレー語

タイ語

英語

中華人民共和国

台湾

インドネシア

日本

韓国

マレーシア

タイ

ZH-CN

ZH-TW

ID-ID

JA-JP

KO-KR

MS-MY

TH-TH

EN-US

EU

チェコ語

デンマーク語

オランダ語

フィンランド語

ドイツ語

ギリシア語

フランス語

英語

チェコ共和国

デンマーク

オランダ

フィンランド

ドイツ

ギリシャ

フランス

CS-CZ

DA-DK

NL-NL

FI-FI

DE-DE

EL-GR

FR-FR

EN-US

アプリケーションを削除または復元する

OneDrive for Business は展開時、Office 365 ProPlus から除外されますが、サインオフし、展開が承認された後、エンタープライズ管理でそれを追加できます。GPO の AppLocker を使用し、.EXE をロックできますが、ユーザーには引き続きアイコンが表示されます。そのため、インストール XML ファイルで ExcludeApp 要素が使用されることになりました。

カスタマイズ (GPO)

エンタープライズ管理では、Office 2016 管理用テンプレート ファイル (ADMX/ADML) とグループ ポリシー用 Office カスタマイズ ツールを活用します。エンタープライズ管理では、既存のグループ ポリシー設定を確認し、Office 365 ProPlus で使用する既存のグループ ポリシー設定があればそれを特定しています。OneDrive は別個の GPO テンプレート ダウンロードであり、エンタープライズ管理で OneDrive for Business を承認し、Office 365 ProPlus 展開パッケージに追加するまで活用されません。

優先プラクティス ポリシーと GPO バックアップのサンプル セットはここにあります。

並列

エンタープライズ管理では、特に Project と Visio が関与する場合、並列バージョンの実行が回避されます。レコードの計画では、Office Scrub ツール (OffScrub) を利用し、以前のバージョンの Office (2007、2010、2013) を削除しますが、ユーザー データはそのまま残します (辞書、メール、ファイル、署名など)。ユーザーが Project または Visio を要求した場合、(プロジェクト マネージャーなどの) 役割やマネージャーの承認で事前に承認できます。これは自動化されているプロセスではありません。ユーザーがマクロやアドインの問題に遭遇した場合、エンタープライズ管理は最初にヘルプ デスク経由で問題を改善します。問題がさらに深刻化した場合、エンタープライズ管理では、Office の旧バージョンに並列や発行済みアプリケーション モデルを実行できます。並列シナリオはケース バイ ケースで判断されます。

InfoPath

エンタープライズ管理では、ポータルまたは Microsoft ダウンロード センターから 2013 MSI バージョンの InfoPath をダウンロードし、Office のペイロードの一部として配布します。エンタープライズ管理では、この製品が作られる最後のバージョンであることを理解し、その環境から InfoPath フォームを削除する作業に取り組んでいます。Office と並列展開され、InfoPath の代替を探します。

Project と Visio

エンタープライズ管理には、Project と Visio のさまざまなバージョンとユーザーがあります。並列実行はお勧めしません。また、エンタープライズ管理では、MSI ベースの Project と Visio のソフトウェアをクイック実行 (C2R) ベースのバージョンに移行しています。エンタープライズ管理では引き続き、Project と Visio のライセンス認証に既存の KMS/MAK サーバーを活用しますが、アプリケーションはインストール XML ファイルと Office 展開ツールを利用して展開されます。

Project と Visio の C2R ボリューム ライセンス エディションの展開の詳細については、「Office 展開ツールを使用して Visio 2016 と Project 2016 のボリューム ライセンス エディションをインストールする」を参照してください。

Office Scrub ツール (OffScrub)

エンタープライズ管理では、OffScrub を利用し、Office 365 ProPlus のインストールの前に、Project と Visio のインストールを含む、すべての以前の Office バージョンを適切に削除します。

OffScrub ツールの詳細については、 Offscrubを参照してください。

アーキテクチャ

エンタープライズ管理財務と会計の部門が 64 ビットの Office を実行する必要を決定します。このためがあるチャンネル (半期チャネル) を 1 つの配置を (64 ビット) を減らします記憶域や複数のチャンネル、ビルド、およびアーキテクチャのレベルを維持するためのより複雑になります。

Office 2016 for Mac

エンタープライズ管理では、既存の Mac エンタープライズ ソフトウェア管理ツールを活用し、500 人以下の Mac ユーザーの Office 2016 for Mac 展開をインストールし、管理します。Office 365 管理者が Office 365 ポータルから Microsoft_Office_2016_Installer.pkg をダウンロードし、ソフトウェア配信ツールを利用してそれを配信し、管理します。ユーザーが Office 365 ポータルから Office 2016 for Mac をインストールすることは禁止されています。

ライセンス

エンタープライズ管理では、そのすべてのユーザーを既に同期しており、E3/E5 ライセンスを既に使用している Exchange Online ユーザーを既に同期しています。PowerShell とオンプレミス AD DS 属性を活用し、Office 365 ライセンスを決定し、割り当てます。ユーザーの大半は E3 です。Enterprise Voice E5 ユーザーという例外がありますが、これは適切に定義されています。残りの E1 ユーザーは監視が厳重な OU の非正規雇用です。AD DS 属性で簡単に管理できます。

注: ライセンス供与はカスタム PowerShell で行われます。AD DS は PowerShell ライセンス スクリプトの参照ポイントです。

ネットワーク

エンタープライズ管理では、あらゆる Office 365 ProPlus URL のプロキシ サービスをバイパスします。そのため、Office 365 のライセンス認証、サブスクリプションを継続する機能はブロックされません。組織ユーザーの 99% が System Center Configuration Manager から Office コンテンツを取得しますが、System Center Configuration Manager は Office CDN からコンテンツを取得します。

次の表は、CDN から System Center Configuration Manager に毎月ダウンロードされるサイズの見積もりをまとめたものです。

名前

おおよそのサイズ

おおよその頻度

32 ビット半期チャネル

~ 1024 MB

毎月

64 ビット半期チャネル

~ 1024 MB

毎月

32 ビット半期チャネル (対象指定)

~ 1024 MB

2 週間おき (見積もり目的)

17 言語

17* ~ 200 MB = ~ 3,400 MB

毎月

インターネットから System Center Configuration Manager に毎月ダウンロードされるサイズ: ~ 7.4 GB。

地域的配布ポイントの各月の最大更新 (1 チャネル、1 アーキテクチャ、8 言語):2.6 GB。

最新の状態に更新するか、ビルドとロールバックを省略するか

エンタープライズ管理では、最新の状態に更新する予定です。それがネットワークを最も最適化するソリューションです。ただし、System Center Configuration Manager には、以前の良好なバージョンにロールバックするためのアイテムを含む空のパッケージが作成されています。管理者は、クライアントをロールバックするためのソース ファイルとバージョン番号を提供する必要があります。

詳細については、ロールバック、チャンネル管理を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×