ベスト プラクティス: エンタープライズ管理の展開

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ベスト プラクティス ガイドには、展開の推奨事項と、Office 365 の製品グループおよび Microsoft サービスの配信エキスパートによる実際の例が含まれています。すべての記事の一覧は、「Best practices guide for deploying Office 365 ProPlus」 (Office 365 ProPlus の展開に関するベスト プラクティス ガイド) を参照してください。

エンタープライズ管理の評価と計画が済んだら、ソフトウェアを展開してください。

再配布用の Office 365 ProPlus ファイルをダウンロードする

エンタープライズ管理Office 展開ツール (密接に関連)の最新版をダウンロードして、密接に関連 setup.exe と一緒にダウンロード XML ファイルのダウンロード モードで最新の Office 365 クライアントをダウンロードするのにはソース ファイル。ダウンロードしたソース ファイルが 32 ビット半期チャネルにする必要があります半期チャネル (対象指定)ビルド、ビルドの Visio Pro、64年ビット半期チャネル Project Pro や Office 365 クライアントの言語をサポートすべてします。

次の表に具体的なダウンロード示します。

パッケージ

言語

Office 365 ProPlus - 半期チャネル - 32 ビット

英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、簡体字中国語、中国語、インドネシア語、日本語、韓国語、マレー語、タイ語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、ドイツ語、ギリシャ語

Visio Pro ボリューム ライセンス (ボリューム ライセンス) - 半期チャネル - 32 ビット

English

Project Pro ボリューム ライセンス (ボリューム ライセンス) - 半期チャネル - 32 ビット

English

Office 365 ProPlus - 半期チャネル - 64 ビット

English

Office 365 ProPlus、Project Pro (ボリューム ライセンス)、および Visio Pro (ボリューム ライセンス) - 半期チャネル (対象指定) - 32 ビット

英語

例については、「ベスト プラクティス: エンタープライズ管理用の XML ファイルのダウンロード」を参照してください。

展開ファイルを構成する

エンタープライズ管理は、展開用に XML ファイルを編集します。エンタープライズ管理は、いくつかのインストール XML ファイルを作成し、それらを以前にダウンロードされた Office 365 クライアント ソース ファイルと併用して、Office 365 ProPlus を構成およびインストールします。

注: XML ファイルを編集するには、GitHub を使用します。

次の XML ファイルが作成されている必要があります。

XML ファイル

言語

除外/追加

Office 365 ProPlus - 半期チャネル - デスクトップ - 32 ビット – 北米地域

英語、フランス語、スペイン語

OneDrive for Business を除く

Office 365 ProPlus - 半期チャネル – デスクトップに 32 ビット – ラテン アメリカ地域

スペイン語、ポルトガル語、英語

OneDrive for Business を除く

Office 365 ProPlus - 半期チャネル - デスクトップ - 32 ビット – AsiaPAC 地域

簡体字中国語、中国語、インドネシア語、日本語、韓国語、マレー語、タイ語、英語

OneDrive for Business を除く

Office 365 ProPlus - 半期チャネル – デスクトップに 32 ビット - EU 地域

チェコ語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、ドイツ語、ギリシャ語、英語、フランス語

OneDrive for Business を除く

Project Pro ボリューム ライセンス (ボリューム ライセンス) - 半期チャネル - デスクトップ - 32 ビット

English

Visio Pro ボリューム ライセンス (ボリューム ライセンス) - 半期チャネル - デスクトップ - 32 ビット

English

個々 の言語の半期チャネル - デスクトップ 32 ビット

英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、簡体字中国語、中国語、インドネシア語、日本語、韓国語、マレー語、タイ語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、ドイツ語、ギリシャ語

Office 365 ProPlus - 半期チャネル - VDI - 32 ビットのすべての地域

英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、簡体字中国語、中国語、インドネシア語、日本語、韓国語、マレー語、タイ語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、ドイツ語、ギリシャ語

共有コンピューターのライセンス認証

OneDrive for Business を除く

Office 365 ProPlus - 半期チャネル - デスクトップ - 64 ビット

英語

OneDrive for Business を除く

Office 365 ProPlus - 半期チャネル (対象指定) - デスクトップ - 32 ビット

英語

OneDrive for Business を除く

Project Pro (ボリューム ライセンス) - 半期チャネル (対象指定) - デスクトップ - 32 ビット

English

Visio Pro (ボリューム ライセンス) - 半期チャネル (対象指定) - デスクトップ - 32 ビット

英語

例については、「ベスト プラクティス: エンタープライズ管理用の XML ファイルのインストール」を参照してください。

Office の以前のすべてのバージョンを削除するように OffScrub を構成する

エンタープライズ管理は、Premier サポートから Office Scrub ツールの 2 つの異なるバージョンを取得する必要があります。最初のバージョンは、Office 2007 と 2010 の MSI バージョンを削除し、2 番目のバージョンは、Office 2013 MSI、2013 C2R、2016 MSI、および 2016 C2R を削除します。OffScrub は、タスク シーケンス中に複数回実行されます。これは、ツールに複数のバージョンがあり、それぞれのコマンドを個別に実行する必要があるためです。

次の手順が実行されます。

  • Office 2007 の削除

  • Office 2010 の削除

ユーザー データは維持されます。Office スイートの付属のバージョンと共に Project と Visio のすべてのインスタンスが削除されます。

例については、「ベスト プラクティス: エンタープライズ管理用の XML ファイルのアンインストール」を参照してください。

配布のために個別のパッケージを System Center Configuration Manager に統合する

System Center Configuration Manager は、管理者の権限とログを使用してコンピューターに展開できます。Office 365 ProPlus パッケージは通常の KB バッチ更新ファイルを使用しませんが、エンタープライズ管理は、Office 365 ProPlus の継続的なメンテナンスのために System Center Configuration Manager を使用します。これは、System Center Configuration Manager のバージョンでは、Office ビルドの管理ツール (System Center Configuration Manager 1602 以上) への統合が許可されるためです。

詳細なガイドについては、「ベスト プラクティス: エンタープライズ管理用の System Center Configuration Manager の構成」を参照してください。

配布用に Office 2016 for Mac を構成する

エンタープライズ管理には、System Center Configuration Manager とは異なる既存のエンタープライズ Mac ソフトウェア配布があります。また、Office 展開ツールは、Windows バージョンの Office 365 ProPlus の場合にのみ使用できます。したがって、展開プロセスは、Mac クライアントでは少し異なります。エンタープライズ管理は、既存の Mac ソフトウェア配布ツールを使用して、Mac の展開を管理します。

詳細なガイドについては、「ベスト プラクティス: エンタープライズ管理用の Office 2016 Mac クライアントのインストール」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×