Word 2013: 初めての文書作成

ヘッダー、余白など

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ヘッダー、フッター、余白、ルーラーなどの要素をページに挿入して、文書の最終的なしあげを行います。

ヘッダー、フッター、余白などを追加する

  • [ホーム] タブと [挿入] のコマンドとオプションを使用して、文書に多くのものを追加できます。

  • でも、他のものについてはどうでしょう。

  • [デザイン]、[ページ レイアウト ビュー]、および [ヘッダー/フッター ツール] タブで実行できる操作の詳細について説明します。

さらに詳しく

Word 2013 の基本的な作業

Word 2013 の新機能

[ホーム] タブと [挿入] タブの

コマンドとオプションを使って、

この文書にさまざまな操作を行いました。

他のタブにはどんな機能があるでしょうか。

いくつか見てみましょう。

[デザイン] タブでは

色やテーマを変更できます。

[ページ レイアウト] タブでは、

ページの余白調整や、列の追加などの操作を実行できます。

[表示] タブでは、

文書の表示方法を変更できます。

たとえば、このチェック ボックスをオンにすると、ルーラーを追加できます。

これらのタブについてしばらく調べてみましょう。

リボンの下部に配置された、この小さな矢印をクリックして、

さらに多くのオプションを含むダイアログ ボックスを開くこともできます。

ただし、このビデオでは、文書に最終的な効果をいくつか追加することにします。

まず、ヘッダーとフッターを追加してみましょう。

この操作は [挿入] タブで行います。

操作はとても簡単です。

[ヘッダー] をクリックし、

ギャラリー内を確認して、

目的のヘッダーをクリックします。

適切なヘッダーが見つからない場合は、

特定のヘッダーを使って、

必要に応じて変更することができます。

[帯状] を選択してみましょう。

次に、このテキストの代わりに文書のタイトルを入力します。

ヘッダーを選ぶと、

[ヘッダー/フッター ツール] に [デザイン] タブが表示されます。

ここでヘッダーのデザインを変更できます。

この文書では、先頭ページにヘッダーを表示する必要がないため、

[先頭ページのみ別指定] をオンにします。

次に、[ヘッダーとフッターを閉じる] をクリックします。

これで、追加したヘッダーは 2 ページ目から開始するようになります。

2 ページ目で [フッター] をクリックします。

[帯状] を挿入して、ヘッダーと同じデザインにしてみましょう。

ここでは、ヘッダーとフッターを別の方法で閉じます。

文書をダブルクリックするだけです。

次に、[ページ レイアウト] タブをクリックします。

文書を印刷する前に、

ページ設定を確認してみましょう。

[余白] をクリックします。

既定では、[標準] が選択されています。

ページに図などのオブジェクトが多数配置されている場合は、

余白を狭くするか、その他のオプションを選ぶことができます。

[方向] で、

ページの向きを既定の縦向きから横向きに変更して、

ページを 90 度回転させることができます。

[サイズ] をクリックすると、

既定の 8.5 × 11 インチ以外の用紙サイズを使うことができます。

最後の [デザイン] タブについて調べてみましょう。

テーマ ギャラリーを調べます。

さまざまなテーマを試して、

文書に本格的な外観を適用し、

フォントと色に一貫性を持たせることができます。

また、文書の書式を選ぶと、

フォントとスタイルに別の外観をすばやく適用することができます。

Word 2013 では本格的な外観の文書を作成できます。

テンプレート、スタイル、テーマなどを使って、

見栄えのするデザインを、すばやく、簡単に作成できます。

この後は、

Word 2013 をご自身でお試しください。

いつでも [元に戻す] ボタンをクリックできます。

Word 2013 の機能、ツール、ワークフローについて詳細に調べるには、

コースの概要に記載されたリンクを参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×