プール フロント エンドのプロパティ : [フェデレーション]

このタブを使用して、単一の Standard Edition サーバーまたはエンタープライズ プールのフェデレーション用の既定のルートを変更します。既定のルートとは、フォレスト内のすべてのサーバーに対してグローバル レベルで構成されたルートです。フェデレーション用の既定のルートによってメッセージがディレクタへルーティングされる場合、ディレクタからアクセス エッジ サーバー (またはアクセス エッジ サーバー配列のロード バランサ) へメッセージがルーティングされるように、既定のルートをディレクタで変更する必要があります。

注:  構成ウィザードを実行すると、このルートは自動的に設定されます。

[FQDN]

アクセス エッジ サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指定します。

[ポート]

アクセス エッジ サーバー上のリッスン ポート番号を指定します。既定値は 5061 です。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

フェデレーション用の既定のルートとは、Office Communications Server が実行されているフォレスト内の内部サーバーが、すべての送信セッション開始プロトコル (SIP) トラフィック (通信要求) を組織でサポートする SIP ドメインと一致しないドメインに送信する場合に、これらのサーバーに対してグローバル レベルで構成された次ホップ サーバーのことです。ネットワークでフェデレーションを有効にするには、[グローバル プロパティ] の [フェデレーション] タブでフォレストのグローバル レベルで既定のルートを構成します。この設定は、単一の Standard Edition サーバーまたはエンタープライズ プール宛てに変更することも可能です。

ディレクタを使用している場合、通常、グローバル レベルでディレクタが次ホップ サーバーとして構成されているため、ディレクタ自体で設定を変更して、アクセス エッジ サーバー (またはアクセス エッジ サーバーのロード バランサ) を次ホップのサーバーとして構成します。

詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」で「操作」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×