プールまたは Standard Edition サーバー

Office Communications Server 2007 R2 管理ツール スナップインでは、各エンタープライズ プールおよび Standard Edition サーバーが、ノードとして表示名でコンソール ツリーに表示されます。エンタープライズ プールの個々のプール ノードの下に表示されるノードは、Office Communications Server 2007 R2 の最上位ノードに構成されている [表示オプション] の設定内容に応じて異なります。

  • コンソール ツリーでプール ノードを右クリックすると、次の操作を行うことができます。

    • プールの削除ウィザードを起動し、Office Communications Server 環境からプールを削除する。

      注: プールを削除する場合は、そのプールからすべてのユーザーを移動し、プール内のすべてのサーバーを非アクティブ化してプールから削除した後で、プールを削除することを強くお勧めします。

    • [ログ ツール] を開き、新しいデバッグ セッションを開始するか、既存のデバッグ セッションにアクセスして監視機能と追跡機能を起動する。

    • [フィルタ ツール] を開き、インテリジェント インスタント メッセージング (IM) フィルタとクライアント バージョン フィルタを構成するためのオプションを利用する。

    • [デバイス アップデータ] を開き、デバイス更新サービス管理スナップインを使用してデバイスの更新プログラムを管理する。

    • [プロパティ] を使用して、次を含むプールまたは各サーバーの役割の設定を構成する。

      • [プールのプロパティ] では、暗号化やメディア リッスン ポートの設定を含め、メディアの設定を行うことができます。

      • [フロント エンドのプロパティ] では、サーバー アドレス、ルーティング、圧縮、認証、監視、エンタープライズ VoIP、ビデオ、ダイヤルイン会議、フェデレーション、ホストの承認、およびアーカイブについて設定できます。

      • [Web 電話会議のプロパティ] では、会議のコンプライアンスと Web 会議エッジ サーバーについて設定できます。

      • [Web コンポーネントのプロパティ] では、スケジュールされる会議、会議への招待、アドレス帳クエリ、およびグループ拡張について設定できます。

      • [アプリケーション] では、[応答グループ サービス プロパティ] 管理スナップインを開くことができます。

        注: これらのプロパティは、サーバーの役割がインストールされている、プール内のすべてのサーバーに適用されます。

  • 結果ウィンドウでは、次の操作を実行できます。

    • [状態] タブをクリックして、全般設定、フロントエンド サーバーの設定、メディア設定、会議の設定、アーカイブの設定、監視設定、アドレス帳サーバーの設定、エンタープライズ VoIP の設定、公衆交換電話網 (PSTN) 会議の設定、Communicator Web Access の上書き設定など、プールに対して構成されている特定の設定の状態を表示する。

    • [データベース] タブ (エンタープライズ プールのみ) をクリックして、プールのバックエンド データベースの全般設定を表示したり、ユーザー概要レポート、ユーザーごとのレポート、電話会議の概要レポートなどのデータベース レポートを作成したりする。

    • [リソース] タブをクリックして、Office Communications Server 2007 R2 のドキュメントやその他のリソースにアクセスする。

  • 操作ウィンドウの [利用可能なタスク] では、[プールの削除] をクリックして、エンタープライズ プール削除ウィザードを起動できます。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

エンタープライズ プールの個々のプール ノードの下に表示されるノードは、Office Communications Server 2007 R2 の最上位ノードに構成されている [表示オプション] の設定内容に応じて異なります。

  • [表示オプション] が [サーバーを役割で編成する] に設定されている場合、コンソール ツリーには各エンタープライズ プールの次のノードが表示されます。

    • [ユーザー] Office Communications Server に対して有効になっていて、このプール内のフロントエンド サーバーに正常に割り当てられているすべてのユーザーが表示されます。

    • [割り当てられた会議ディレクトリ]。プールに割り当てられているすべての会議ディレクトリが表示されます。

    • [フロント エンド]。Office Communications Server 2007 R2 フロントエンド サーバーの役割がインストールされていて、このプールに割り当てられているすべてのコンピュータが表示されます。

    • [Web 会議]。Office Communications Server 2007 R2 Web 会議サーバーの役割がインストールされていて、このプールに割り当てられているすべてのコンピュータが表示されます。

    • [音声ビデオ会議]。Office Communications Server 2007 R2 音声ビデオ会議サーバーの役割がインストールされていて、このプールに割り当てられているすべてのコンピュータが表示されます。

    • [Web コンポーネント]。Office Communications Server 2007 R2 Web コンポーネント サーバーの役割がインストールされていて、このプールに割り当てられているすべてのコンピュータが表示されます。

    • [アプリケーション共有]。Office Communications Server 2007 R2 アプリケーション共有の電話会議サーバーの役割がインストールされていて、このプールに割り当てられているすべてのコンピュータが表示されます。

    • [アプリケーション]。Office Communications Server 2007 R2 応答グループ サービス アプリケーションがインストールされていて、このプールに割り当てられているすべてのコンピュータが表示されます。

  • [表示オプション] が [サーバーをリストとして編成する] に設定されている場合、コンソール ツリーには各エンタープライズ プールの次のノードが表示されます。

    • [ユーザー]。Office Communications Server に対して有効になっていて、このプール内のフロントエンド サーバーに正常に割り当てられているすべてのユーザーです。

    • [<サーバー名>]。Office Communications Server 2007 R2 がインストールされていて、このプールに割り当てられているコンピュータです。集中構成のエンタープライズ プールでは、フロントエンド サーバー、Web 会議サーバー、音声ビデオ会議サーバー、Web コンポーネント サーバー、アプリケーション共有の電話会議サーバーなど、すべてのサーバーの役割がこのコンピュータにインストールされます。

各 Standard Edition サーバー ノードには、次のノードが表示されます。

  • [ユーザー]。Office Communications Server に対して有効になっていて、この Standard Edition サーバーに正常に割り当てられているすべてのユーザーが表示されます。

  • [<サーバー名>]。このノードは、Office Communications Server 2007 R2 Standard Edition がインストールされている各コンピュータに対して存在しています。各 Standard Edition サーバーが、フロントエンド サーバー、Web 会議サーバー、音声ビデオ会議サーバー、Web コンポーネント サーバー、アプリケーション共有の電話会議サーバーなど、すべての Office Communications Server サーバーの役割を提供します。

プールレベルの設定の構成に加え、Standard Edition サーバーに関連する次の設定を構成できます。

  • すべての Standard Edition サーバーに適用する設定を構成するには、フォレスト レベルでグローバル プロパティを構成します。

  • 特定のサーバーまたは役割に適用する設定を構成するには、個別のサーバーおよびサーバーの役割に対してサーバー レベルの設定を構成します。

プールの管理の詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」で「操作」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×