プロファイルまたは Outlook for Mac でユーザーを管理します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Outlook 2016 for Mac を複数の立場で使用する場合 (個人用、仕事用など)、プロファイルによってこれらの立場に対処するように Outlook を設定できます。プロファイルには、メール メッセージ、連絡先、タスク、予定表、アカウント設定、スクラップブック クリップなどの情報セットが関連付けられて保存されます。

注: Outlook 2011 for Mac では、プロファイルは ID と呼ばれます。

Outlook プロファイル マネージャー (以前は Microsoft Database Utility と呼ばれていました) が Office インストールの一部としてインストールされます。このマネージャーを使用して、新しいプロファイルの作成、プロファイルの編集または削除、既定のプロファイルの設定を行うことができます。 Outlook を開くと、常に既定のプロファイルが使われます。

重要: 複数のユーザーが同じコンピューターを使う場合、Outlook のプロファイルでは、Mac OS で個別のユーザー アカウントを使用する場合ほどプライバシーが保護されません。Outlook のプロファイルはパスワード保護されず、Finder からの Spotlight 検索では、現在のユーザー アカウントのすべてのプロファイルからの Outlook アイテムを探します。ユーザー アカウントの作成方法の詳細については、Mac のヘルプを参照してください。

プロファイルを追加、変更、または削除する

  1. Finder でアプリケーション フォルダーを開きます。

  2. Ctrl キーを押しながら Microsoft Outlook をクリックするか、右クリックし、[パッケージ コンテンツの表示] をクリックします。

  3. [Contents] の [SharedSupport] で、[Outlook プロファイル マネージャー] をダブルクリックします。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    目的

    操作

    新しいプロファイルを作成する

    新しいプロファイルの作成] ボタン、 追加 ] をクリックし、新しいプロファイルの名前を入力します。

    プロファイルの名前を変更する

    プロファイルをダブルクリックして、プロファイルの新しい名前を入力します。

    プロファイルを削除する

    削除するプロファイルを選び、[選択されたプロファイルの削除] ボタン Delete をクリックします。

    既定のプロファイルを変更する

    目的のプロファイルをクリックし、[既定プロファイルに設定アクション ポップアップ メニュー をクリックしてから、[既定に設定] をクリックします。 Outlook を再起動して変更を有効にします。

注: Outlook for Mac 2011 から Office 365 の Outlook 2016 for Mac に ID をインポートした後、エラー メッセージ "2011 の ID に対して十分なアクセス許可がないため、ID をインポートできません" が表示された場合は、サポート技術情報の記事「Outlook for Mac for Office 365 – Outlook 2011 の ID のインポート時に表示されるアクセス許可のエラー」を参照してください。

Outlook を複数の立場で使用する場合 (個人用、仕事用など)、ID によってこれらの立場に対処するように Outlook を設定できます。 ID には、メール メッセージ、連絡先、タスク、予定表、アカウント設定、スクラップブック クリップなどの情報セットが関連付けられて保存されます。

ID を管理するには、Microsoft Database Utility を使います。このユーティリティは Office と一緒にインストールされ、 ID の新規作成、既定の ID の設定、ID の再作成などのタスクを行うことができます。 Office アプリケーションを開くと、常に既定の ID が使われます。

重要: 複数のユーザーが同じコンピューターを使う場合、Outlook の ID では、Mac OS で個別のユーザー アカウントを使用する場合ほどプライバシーが保護されません。 Outlook の ID はパスワード保護されず、Finder からの Spotlight 検索では、現在のユーザー アカウントのすべての ID からの Outlook アイテムを探します。 ユーザー アカウントの作成方法の詳細については、Mac OS のヘルプを参照してください。

作成、名前変更、またはユーザーを削除します。

  1. Microsoft Database Utility を開きます。

    既定の場所は、/Applications/Microsoft Office 2011/Office/ です。

    ヒント: Outlook を閉じたら、Option キーを押したまま、ドックの Outlook アイコンをクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

目的

操作

新しい ID を作成する

[追加追加 をクリックして、新しい ID の名前を入力します。

ID の名前を変更する

ID をダブルクリックして、ID の新しい名前を入力します。

ID を削除する

削除する ID を選び、[削除Delete をクリックします。

注記: 

  • 各 ID のデータは、/Users/ username/Documents/Microsoft User Data/Office 2011 Identities/ 内の個別のフォルダーに保存されます。

  • スケジュールは、既定の ID に対してのみ実行されます。

  • ID データベースが破損していることを示す問題の一覧については、「Office データベースについて」を参照してください。

Outlook で使用されている id を切り替え

Entourage (Office for Mac の以前のバージョンで利用できます) では、Entourage が開いているときに ID を切り替えられます。 ただし、Outlook では、Outlook を閉じて、Database Utility を使って ID を切り替える必要があります。

  1. Outlook を終了します。

  2. Microsoft Database Utility を開きます。

    既定の場所は、/Applications/Microsoft Office 2011/Office/ です。

    ヒント: Outlook を閉じたら、option キーを押したまま、ドックの Outlook アイコンをクリックします。

  3. 目的の ID をクリックし、[アクションアクション ポップアップ メニュー をクリックしてから、[既定に設定] をクリックします。

  4. Outlook を起動します。

    注記: 

    • ID を頻繁に切り替えたい場合は、Outlook を開いている間は Database Utility を開いたままにします。 ただし、ID を切り替えるには Outlook を閉じる必要があります。

    • スケジュールは、既定の ID に対してのみ実行されます。

関連項目

プライバシーを保護する

Office データベースについて

Office データベースを再構築する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×