プロジェクト ワークスペース サイトにドキュメントを表示および追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ドキュメント ライブラリにドキュメントを追加する前に、プロジェクトのワークスペース サイトを作成する必要があります。通常、プロジェクトのワークスペース サイトは、プロジェクトを最初に発行したときに自動的に作成されますが、作成されなかった場合は、サーバー管理者に、プロジェクトのワークスペース サイトの作成方法を問い合わせてください。ワークスペース サイトによっては、管理者が手動で作成する必要がある場合があります。

  1. サイド リンク バーで [プロジェクト] をクリックします。

  2. ワークスペース サイトにドキュメントを追加するプロジェクトをクリックし、[ジャンプ] をクリックして、[ドキュメント] をクリックします。

    選択したプロジェクトのドキュメント ライブラリの一覧を表示する新しいウィンドウが開きます。既定では、すべてのプロジェクトに [プロジェクト ドキュメント] というドキュメント ライブラリがあります。このライブラリがない場合は、名前が変更されたか、削除されている可能性があります。

  3. ドキュメント ライブラリにドキュメントを追加するには、[プロジェクト ドキュメント] をクリックします。

  4. ライブラリに新しいドキュメントを作成するには、[新規作成] メニューの [新しいドキュメント] をクリックし、ドキュメントを編集して、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスに表示されるディレクトリにドキュメントを保存します。ドキュメントを別のフォルダに保存すると、そのドキュメントを後からアップロードしない限り、そのドキュメントはドキュメント ライブラリに格納されません。

    ドキュメントを最初に保存するときに、他のユーザーがそのドキュメントを使用するときに役立つ追加情報 (ドキュメントの所有者名や状態など) を指定するよう求められる場合があります。

    注: 新しいドキュメントを作成するには、2007 Microsoft Office system がインストールされている必要があります。

  5. 既存のドキュメントをアップロードするには、[アップロード] メニューの [ドキュメントのアップロード] をクリックします。

  6. [参照] をクリックして追加するファイルを参照し、そのファイルをクリックして、[開く] をクリックします。

  7. 既存のファイルを修正済みのファイルに置き換えるには、[ドキュメントのアップロード] で [既存のファイルを上書きする] チェック ボックスをオンにします。

    ヒント: 複数のドキュメントをアップロードするには、[複数ファイルのアップロード] をクリックします。

  8. 次のページでアップロードするドキュメントをクリックし、[OK] をクリックします。ドキュメント ライブラリにドキュメントが追加され、[プロジェクト ドキュメント] ページに戻ります。

    [プロジェクト ドキュメント] ページでは、別のドキュメントを作成するか、ウィンドウを閉じてプロジェクト センタに戻ることができます。

ヒント: ドキュメントをプロジェクト ワークスペース サイトに追加すると、そのドキュメントをプロジェクトの懸案事項、リスク、およびタスクにリンクできます。

Microsoft Office Project Web Accessのいくつかの操作を実行できない理由

権限の設定に応じて、Project Web Access にログオンするために使用するされないことができますを参照するか、特定の機能を使用します。一部のページに表示される内容が記載されている内容は、サーバー管理者が Project Web Access のカスタマイズし、一致するようにヘルプをカスタマイズしていない場合の異なる場合があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×