プロジェクト レポートを作成する

プロジェクト レポートを作成する

Project を使用すると、任意のプロジェクト データで見栄えのよいグラフィカル レポートを作成して、カスタマイズすることができます。しかも他のソフトウェアは必要ありません。プロジェクトの進行中は、最新の情報を反映してレポートが変更されます。手作業で更新する必要はありません。すべてのレポートの一覧と、その使い方を確認します。

  1. [レポート] タブをクリックします。

  2. [レポートの表示] グループで、目的のレポートの種類をクリックし、特定のレポートを選びます。

たとえば、プロジェクト概要のレポートを開くには、[レポート]、[ダッシュボード]、[プロジェクト概要] を順にクリックします。

[レポート] タブの [ダッシュボード] メニュー

プロジェクト概要のレポートには、プロジェクトの各フェーズの状況、次のマイルストーン、期限を超過したタスクがグラフと表で示されています。

プロジェクト概要のレポート

Project が提供する多くのレポートはすぐに利用できますが、それだけにとどまりません。レポートのコンテンツや外観をカスタマイズしたり、新しいレポートを最初から作成したりすることもできます。

レポートを操作する

レポート内のデータを変更する

使用例

レポートの外観を変更する

使用例

独自のレポートを作成する

レポートを共有する

新しいレポートを将来のプロジェクトで使えるようにする

プロジェクトの情報をレポートする他の方法

レポート内のデータを変更する

レポートのどの部分にどのデータを使用するかを選ぶことができます。

  1. 変更する表またはグラフをクリックします。

  2. 画面右側の [フィールド リスト] ウィンドウで、データを表示するフィールドとフィルター情報を選びます。

ヒント: グラフをクリックすると、グラフの右側に 3 つのボタンが表示されます。[グラフ要素] [グラフ要素] や [グラフ フィルター] [グラフ フィルター] ボタン を使用すると、簡単にデータ ラベルなどの要素を選んだり、グラフに取り入れる情報をフィルターすることができます。

使用例

プロジェクト概要のレポートで、達成率グラフに最上位のサマリー タスクではなくクリティカル サブタスクが示されるように変更することもできます。

  1. [達成率] グラフ内の任意の場所をクリックします。

  2. [フィールド リスト] ウィンドウで、[フィルター名] ボックスに移動し、[クリティカル] を選びます。

  3. [アウトライン レベル] ボックスで、[レベル 2] を選びます。この例では、これがアウトラインの中でサマリー タスクではなくサブタスクを持つ最初のレベルです。

    選ぶたびにグラフが変更されます。

    [グラフのデータ] ウィンドウが開いているときのプロジェクト概要のレポート

ページの先頭へ

レポートの外観を変更する

Project では、実用的な白黒にしたり、色や効果を多用したりして、レポートの外観をコントロールすることができます。

ヒント: レポートを分割ビューにすると、プロジェクト データを操作したときにリアルタイムでレポートが変化します。詳細については、「ビューを分割する」を参照してください。

レポート内の任意の場所をクリックし、[レポート ツール] の [デザイン] をクリックすると、レポート全体の外観を変更するためのオプションが表示されます。このタブで、レポート全体のフォント、色、またはテーマを変更できます。さらに、新しい画像 (写真を含む)、図形、グラフ、表もここで追加することができます。

[レポート ツール] の [デザイン] タブ

レポートの個々の要素 (グラフ、表、など) をクリックすると、その部分の書式設定に使用できるオプションを示す新しいタブが画面上部に表示されます。

[表ツール] の [デザイン] タブの [表のスタイル]

ヒント: グラフをクリックすると、グラフの右側に 3 つのボタンが表示されます。[グラフ スタイル] [グラフの外観をカスタマイズします] をクリックすると、簡単にグラフの色とスタイルを変更できます。

使用例

プロジェクトの概要レポートの [達成率] グラフを変更します。

プロジェクト概要のレポートの達成率グラフ

  1. [達成率] グラフ内の任意の場所をクリックし、[グラフ ツール] の [デザイン] をクリックします。

  2. [グラフ スタイル] から新しいスタイルを選びます。このスタイルでは、行が削除され、列に影が追加されます。

    [グラフ ツール] の [デザイン] タブの [グラフ スタイル] グループ

  3. グラフに奥行きを加えます。[グラフ ツール] の [デザイン]、[グラフの種類の変更] の順にクリックします。

    [グラフの種類の変更]

  4. [縦棒]、[3-D 積み上げ縦棒] の順にクリックします。

    [グラフの種類の変更] ダイアログ ボックス

  5. 背景色を追加します。[グラフ ツール] の [書式]、[図形の塗りつぶし] の順にクリックし、新しい色を選びます。

    [図形の塗りつぶし] の色のオプション メニュー

  6. バーの色を変更します。バーをクリックして選び、[グラフ ツール] の [書式]、[図形の塗りつぶし] の順にクリックして、新しい色を選びます。

  7. バーの番号を取り除きます。番号をクリックして選び、上方へドラッグします。

わずか数回のクリックでも大きく変わります。これは、書式設定オプションの一般的な機能の一部です。

書式設定されたプロジェクト概要のレポートの達成率グラフ

ページの先頭へ

独自のレポートを作成する

  1. [レポート] の [新しいレポート] をクリックします。

  2. 4 つのオプションのうちの 1 つを選び、[選択] をクリックします。

  3. レポートに名前を付け、そこへ情報を追加し始めます。

    [レポート] タブの [新しいレポート] メニュー

    空白    : 空白のキャンバスを作成します。[レポート ツール] の [デザイン] タブを使用して、グラフ、表、テキスト、画像を追加します。

    グラフ    : Project は既定で、実績作業時間、残存作業時間、基本作業時間を比較してグラフを作成します。[フィールド リスト] ウィンドウを使用して、比較する別のフィールドを選び、コントロールを使用して、グラフの色と書式を変更します。

        : [フィールド リスト] ウィンドウを使用して、表に表示するフィールドを選びます (既定では、名前、開始、完了、達成率が表示されます)。[アウトライン レベル] ボックスで、表に表示するプロジェクト アウトラインのレベル数を選びます。表の外観は、[表ツール] の [デザイン] タブと [レイアウト] タブで変更できます。

    比較    : 2 つのグラフを横並びに設定します。最初は 2 つのグラフに同じデータが表示されます。一方のグラフをクリックし、[フィールド リスト] ウィンドウで必要なデータを選ぶと、2 つのグラフに違いが出てきます。

一から作成したグラフは全面的にカスタマイズできます。要素の追加と削除を行ったり、必要に応じてデータを変更することができます。

ページの先頭へ

レポートを共有する

  1. レポート上の任意の場所をクリックします。

  2. [レポート ツール] の [デザイン]、[レポートのコピー] の順にクリックします。

    [レポート ツール] の [デザイン] タブの [レポートのコピー]

  3. グラフィックが表示されるプログラムにレポートを貼り付けます。

ヒント: 新しい場所にレポートを貼り付ける場合は、サイズの変更や調整が必要な場合があります。

従来のように、レポートを印刷して共有することもできます。

ページの先頭へ

新しいレポートを将来のプロジェクトで使えるようにする

[構成内容変更] を使うと、新しいレポートをグローバル テンプレートにコピーして将来のプロジェクトで使えるようにすることができます。

プロジェクトの情報をレポートする他の方法

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×