プロジェクト レポートの状況報告日を設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

経営管理の面でプロジェクトを利用するには、設定した日 (つまり状況報告日) にプロジェクトの進捗状況を報告するのが一般的です。たとえば、前月の販売報告書が必要な場合は、該当月の最終日を状況報告日に設定します。また、進捗状況の報告書の期日が金曜日であるのに、それよりも遅く送られてきた場合は、進捗情報について報告する前に状況報告日を金曜日に戻して設定します。

状況報告日が当日になることはほとんどないため、次のようにして設定する必要があります。

  1. [プロジェクト]、 [状況報告日] の順にクリックします。
    プロジェクトの状況報告日を設定するイメージ

  2. 新しい状況報告日を選びます。
    状況報告日を当日に戻して設定するには、当日の日付を入力するか、[日付] フィールドに「NA」と入力します。

状況報告日をガント チャートに表示する

  1. ガント チャートで、[書式]、 [枠線] の順にクリックします。

  2. [設定の対象] で [状況報告日] をクリックし、線のスタイルと色を選びます。

状況報告日を変更するイメージ

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×