プロジェクト ファイルをパスワードで保護する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

他のユーザーがプロジェクト ファイルを開き、タスクのステータスや締切日、またはその他の重要な情報を誤って変更してしまうことがあります。ファイルを保存するときにパスワードを設定すると、これを回避できます。

  1. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順にクリックします。

  2. ファイルを保存する場所を選びます。 たとえば、コンピューター、OneDrive、Web サイトなど を指定し、[参照] をクリックします。

  3. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで [ツール]、[全般オプション] の順にクリックします。

[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [ツール] メニュー

  1. [保存オプション] ダイアログ ボックスの [ファイル共有] で、ファイルのパスワードを追加します。

    • [読み取りパスワード]: ファイルを開くために、このパスワードが必要です。

    • [書き込みパスワード]: ファイルはだれでも読み取れますが、このパスワードを持つユーザーしか変更を加えられません。

      [保存オプション] ダイアログ ボックスの画像

  2. [パスワードの確認] ダイアログ ボックスにパスワードをもう一度入力し、ファイルを保存します。

ヒント:  強力なパスワードを使用してください。 長いパスワードをお勧めします。大文字と小文字、数字、記号を混ぜてください。

Project Web App はプロジェクト ファイルに自動的にセキュリティを追加するので、ここに保存されるファイルにパスワードを設定する必要はありません。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×